【元美容師が解析】馬油って本当に良いの?リマーユシャンプーの成分を全力で評価しました!

元美容師Mです。

今回は『馬油』で髪の毛をしっとり、ウルウルにさせるというリマーユシャンプーの成分を解析&評価していきたいと思います。

もし、あなたが「リマーユシャンプーを使うか否か?!」とネット上を彷徨っているのであれば、ぜひ当記事を参考の1つに取り入れてもらえば!と思います。

では、レッツ・ゴーっ!!

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ28選!

⇛【2019年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

【最重要】リマーユシャンプーの洗浄成分は?

当ブログでは毎回、毎回伝えいていることですがシャンプーで最も大事なのは間違いなく『洗浄成分』

『馬油』シャンプーというと馬油にのみに注目しちゃいがちですが、シャンプーの成分は殆ど水と洗浄成分なのです。

もし、洗浄成分が暴力的に強い成分であれば、いくらしっとりウルウルになりそうな馬油を配合してもほぼ無意味に終わります。

という事でリマーユシャンプーの全成分がこちら↓

水、コカミドプロピルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドDEA、塩化Na、馬油、水溶性コラーゲン、グリチルリチン酸2K、センブリエキス、オタネニンジン根エキス、ヨーロッパシラカバ樹皮エキス、ハトムギ種子エキス、アカヤジオウ根エキス、ビワ葉エキス、ソメイヨシノ葉エキス、ユズ果実エキス、レモングラス葉/茎エキス、クレアチン、(加水分解シルク/PGプロピルメチルシランジオール)クロスポリマー、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、オレンジ油、レモン果皮油、1,2-ヘキサンジオール、BG、ベヘナミドプロピルジメチルアミン、アミノプロピルジメチコン、ポリクオタニウム-10、ペンテト酸5Na、PPG-7、クエン酸、フェノキシエタノール、トコフェロール

黄色にマーキングしている成分が、シャンプーの命っ!とも言える洗浄成分です。

この洗浄成分のみ抜き出してみると・・・↓

コカミドプロピルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNa

ほぼ2種類の成分で構成されているというかなりシンプルな設計になっていますので好感が持てますね。

一番配合が多いメイン成分とも言えるのが『コカミドプロピルベタイン』という成分がべースになっています。

この成分はアミノ酸系ではなくベタイン系の成分なのですが、ベビーシャンプーに含まれるほど超低刺激、マイルドな洗浄成分!と言った感じにかなり優しい成分です。

成分的には悪くは無い!悪くはないのですが・・・

市販のシャンプーにも多く配合される成分で1000円以下のシャンプーにも多く配合される成分なので、この価格帯であれば正直メイン成分もアミノ酸系で固めてほしい所ですね。

次点で含まれる『ラウロイルメチルアラニンNa』については完全にアミノ酸系の洗浄成分で「洗い上がりしっとり」と言う洗浄成分の中でも最高ランクに入る成分の1つ。

髪や頭皮と同じ弱酸製の成分でカラー、パーマした直後のアルカリに傾いた髪の毛を洗浄するのにも適しているアツい成分です。

総合的に見ると、優しいベタイン系の成分にしっとり系アミノ酸系成分を+している設計なので、これを使ってパッサパサになる!という事は無いはず。

ただ、公式ページを見ると「アミノ酸系シャンプー」と謳っているので、できれば一番多い成分をアミノ酸系成分にするべきだと私は思います。

まあアミノ酸”系”と言っているので嘘ではないのですが、アミノ酸系シャンプーと言われれば一般的には「あぁこのシャンプーは全部がアミノ酸系で優しいんだなぁ」と勘違いするのではないでしょうか?

アミノ酸系!と宣伝するならメインの成分を髪やお肌と同じ弱酸性のアミノ酸系をベースにしていただきたい所。

この洗浄成分で、通常価格2500円程度だったらちょっと高すぎぃぃ!というのが私の本音です。

馬油は髪の毛の補修に効果あるのか?

このシャンプー最大の特徴成分とも言えるのが『馬油』成分でしょう。

お肌にかなり近い成分で浸透し易いので、保湿力がかなり高い!という事で広く知られて言いますが、これがそのまま髪の毛の補修、保湿も同じように効果があるか?というとやや疑問。

いや、恐らく保湿効果はあるでしょうが、「髪の毛に対してどの程度保湿効果があるのか?」という実証実験など見当たりませんでしたし、人のお肌に近い成分だからと言って=補修力が凄い!とは言えません。

髪の毛の内部に浸透して、髪の毛を補修してくれる!というよりは髪の表面にコーティングされ、手触り感アップなどに期待したほうが良さそうです。

保湿効果が多少あるのはあるでしょうが、「わざわざ馬油じゃなくても良くないか?」と気がモンモンします・・・

もし、あなたが馬油好きの馬油マニアであれば、この馬油シャンプーはオススメです。

しかし!「髪の毛をしっかり補修&保湿してくれれば他の成分でも良い!」と言うことであれば、実証実験などで補修効果が実証されている『ペリセア』などが配合されているものを強く推奨します。
ペリセア配合されたシャンプーランキングはコチラ!

「天然成分」と言うと聞こえは良いですが、髪の毛を補修する為に生まれてきたわけではありませんからね・・・

もし天然成分にこだわらないのであれば、「髪の毛を補修するために開発された安全性の高い成分」の方をぜっったいオススメします。

【結論】コスパ悪く感じる。馬油好き意外には微妙かも・・・

一応洗浄成分に高価なアミノ酸系が配合されているとはいえ、最も多く配合されているのは安価なベタイン系なのでかなり残念。

決して、悪い成分ではないのですが、「アミノ酸系シャンプー」と宣伝するのだからメイン成分はアミノ酸にしていただきたいですよね。

ベタイン系ベースのシャンプーだったら市販にもありますし、このクオリティだったら「250mlで2500円は単純に高い。高すぎる。」というのが私の素直な意見です。

馬油に関しても入っていないよりは、入っていたほうが保湿力は高いんでしょうけど、別に馬油じゃなくても・・・という感じ。

他にも髪の毛の補修、保湿に特化した成分はたくさんあるので「絶対に馬油じゃないと嫌じゃ!」という馬油マニア意外はこのシャンプーを選ぶ理由も無いと思います。

「じゃあ結局何が良いのさ?」という事であれば、ぜひ以下の記事を一度は目を通して頂ければ幸いです↓
元美容師Mの全知識、経験を注ぎ込んだ本気のシャンプーランキング一覧(暫定)

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。
もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2019年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最ッ高!の市販シャンプーランキング8選を発表します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者 元美容師M

元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。