【比較】ひまわりシャンプーとボタニストシャンプー(モイスト)の成分を元美容師が全力で比較してみた

元美容師Mです。

市販シャンプーのレベルも徐々に上がってきているなぁ。と最近常々感じます。

なかでも、最近評判が良いとされる『ひまわりシャンプー』と『ボタニストシャンプー』

この2つの製品どちらを使えば良いのか?で迷っている人も多くいるようなので、どちらを選べばいいのか?を成分の面から徹底的に解説していきます。

もし、あなたがこの両製品のどちらを手にするのか?で迷っているのであれば、超参考になるはず!

 

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ28選!

⇛【2018年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2018年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

ひまわりシャンプーVSボタニストシャンプー(モイスト)を徹底比較!

【最重要】界面活性剤(洗浄成分)の比較!

私の意見として、声を大にしてシャンプーをする人類に発信したいのが、「シャンプーを選ぶときはまずは洗浄成分を見るんだっ!」

と言うことはもう私の美容人生12年はもちろん、今でも代わり無く発信し続けている事であります。

なぜなら、どんなに優れた補修成分が配合されていようと、洗浄成分がダメだと全てが水の泡になるからです。

と言うことで両製品の洗浄成分を比べてみましょう!

ひまわりシャンプーの洗浄成分

洗浄成分のみを抽出↓

ココイルメチルタウリンNa、パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸TEA、ラウロイルサルコシンTEA、コカミドMEA、ジステアリン酸グリコール、ココイルグルタミン酸2Na

 

市販のシャンプーではかなりいい!と評判があるだけに、「市販としてはメチャ良いじゃんっ!」と鼻息をはふはふしながら、見入ってしまいましたw

表記順的に最も配合量が多いと思われる、『ココイルメチルタウリン』ですが、アミノ酸系の成分でかなりマイルド、3000円を超えるようなシャンプーでも配合されることのある、かなりマイルドな洗浄成分です。

更にもっと激アツ成分が『ココイルグルタミン酸TEA』というアミノ酸系の洗浄成分。私はこの成分が配合されるのを見て冗談抜きで、失禁しそうになりました…

と言いますのも、3000円~を超えるようなシャンプーでないとまず配合されていないだろっってくらい優良成分で、しっとり感を与えてくれると言うシャンプー成分の中でも、トップ5には入るんじゃないか?って勢いの成分です。

私がいつも愛して、愛してやまないharuシャンプーにもふんだんにこの成分が使用されているくらいですからね。

haruシャンプーの解析&効果と弱点とは?「5つの補修成分が神レベル」

もちろん市販品であり、700円弱という価格ではタップリ配合するのは難しいと思われますが、「市販もここまで来たかっ!」と大感動。

ボタニストシャンプー(モイスト)の洗浄成分

コカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルアラニンNa、 ラウラミドプロピルベタイン、ラウロイルサルコシンNa、ラウレス-4カルボン酸Na、ココイルグルタミン酸Na

こちらに関しても、市販としては高額1000円以上するシャンプーなので、ラウレス硫酸とかバカ強い洗浄剤が含まれていると言うことはありません。

※ラウレス硫酸NAのヤバさはこちらの記事でも是非確認して頂きたいです。

ラウレス硫酸ナトリウムのシャンプーがゴミ過ぎる3つの根拠とは?

『ココイルメチルタウリン』なんかはアミノ酸系で、上記のひまわりシャンプーにも含まれているので、この手のマイルド系シャンプーには鉄板成分と言ってもいいかもしれませんね。

ただ、こちらのボタニストシャンプーは、表記順的に一番配合量が多いと思われるのが、『コカミドプロビルベタイン』という洗浄成分。

こちらは名称からして、アミノ酸系っぽい印象ですがアミノ酸系ではない成分で、市販の安価なシャンプーなんかにもよく含まれている洗浄成分なんです。

安価と言っても、ベビーシャンプーなんかに含まれるくらいには、安全性も高く刺激も少ないですが、よく流さないと頭皮に残りやすいという特徴があるので普通は他の洗浄成分の補助として配合される事が多いんですよねぇ。

頭皮に残りやすい成分をメインに持ってきているからか、「ボタニストシャンプーを使うとメッチャべとべとする!」という評判も少なくないのですよね。

ボタニストシャンプーがべたつく2つ癌成分とは?「これシャンプーじゃねぇ!」

私の意見としては、「いくらマイルドにしたいからってやり過ぎでは?」と言うのが本音ですね。しかも、なるべく安価に済まそうとしているから洗浄力と保湿力のバランスが悪い。

【結論】私はひまわりシャンプーの方がオススメ!でも、、、

 

今回の両製品のどちらかを使わないとシャンプーさせませんっと言われれば、私は迷わず、光の速さでひまわりシャンプーを選択します。

ただ、これはあくまでも「この両製品のどちらかを選べ!」と強制されたらの話で、本音を言わせて貰えば、コダワリ抜いた洗浄成分+髪や頭皮を補修する成分がふんだんに配合されているシャンプーを使いたいところですね。

というのも、殆どの人が365日シャンプーすると思うのですが、粗悪なシャンプーを使えば、毎日、毎日髪と頭皮をコテンパンに傷め続けることになります。

痛め続けた結果、美容院で5000、6000円もするようなトリートメントをするくらいであれば、毎日使用する、シャンプーを髪や頭皮を補修する成分がふんだんに入っている製品に変更した方が経済的にも、ヘアケア的にも優れていることは間違い無いです。

美容室のトリートメントなんて物は3ヶ月に1回程度、多くても1ヶ月に一回程度のケアですが、補修成分の入ったシャンプーであれば『毎日毎日365日いたわり続ける事が出来る!』と言うことです。

是非是非、参考にしてくださいね!

ちなみに私も今まで1000円程度から1万円オーバーのシャンプーを使ってきましたが、断然こちらのシャンプーを激オシします。
【長文注意】haruシャンプーの解析&効果と弱点の全てを元美容師が熱弁!

ボタニストシャンプー 3種類の違いと選び方。あなたはこれを選べばOK

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。
もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2018年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2018年版】全力で最ッ高!の市販シャンプーランキング8選を発表します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者 元美容師M

元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。