kamikaとharuシャンプーはどっちが買い?5つの項目を購入比較!

今回はネット上で胡散臭いくらいにオススメされている2つのシャンプーを比較。

結論から言うと、どちらもネット上でオススメされまくっているので若干怪しさはあるんですが、haruはマジでオススメ。

成分的にも文句の付け所が無いし、当ブログでも使用感が良かった!っと口コミを書いてくださる読者さんはメチャ多いです。

もちろん、全員が全員にあう!とまでは言いませんけどね(汗)

逆にKAMIKAシャンプーははっきり言ってただのコンディショナーに毛が生えたレベルです。言い過ぎでもなんでも無く。

一体両シャンプーの何が違うのか?元美容師が実際に使って重要な5つの項目を徹底比較していきます。

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ記事30選!

⇛【2020年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2020年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

元美容師がkamikaとharuシャンプー5つの項目を比較!

⇛【最大25%OFF&特典付き】haruシャンプーの現在の価格と詳細はコチラ!

【最大65%OFF】KAMIKAシャンプー現在の価格&詳細はコチラ!

実際に私が使った感想&詳細レビューはコチラ↓
【元美容師の口コミ】haruシャンプーを2年使い続けた5つの本音とは?

【元美容師の口コミ】KAMIKAクリームシャンプーを使った3つの本音とは?

1、配合成分の比較

シャンプーで最も重要なのが、配合されている成分。いくら、価格が安くて口コミが良くても配合されている成分が微妙だったらその時点でOUT!です。

あまり言いたくないですが、今ってインフルエンサーにお金払えば「このシャンプー良い!」って拡散しまくってもらえますからね(汗)

特に重要なのが洗浄成分です。

いくらその他の成分が豪華でもこの洗浄成分の刺激が強すぎたら、なんの意味もありません。そもそも頭皮と髪を洗う洗剤なんだから、洗浄成分が一番重要に決まっています。

絶っっ対!に配合されている洗浄成分だけでもチェックしてくださいね。

というわけでまずはharuシャンプーの洗浄成分をチェック↓

ココイルグルタミン酸TEAココイルメチルアラニンNa、ココイルグリシンK

シャンプー洗浄成分の中でもかなり上質なアミノ酸系成分『ココイルグルタミン酸TEA』がメイン成分になっているぅぅぅ!のが最大のポイント。

私が最も大好きな成分の1つで、洗浄成分でありながらしっとり感を与えるという超上質な洗浄成分なんです。

他の成分も『ココイルメチルアラニンNa』というアミノ酸系でやはりコレも刺激が低くて、洗浄力がかなりマイルドな成分ですね。

最後の『ココイルグリシンK』はアミノ酸系であり、刺激性は低いものの洗浄力は強めな成分です。

恐らく、ココイルグルタミン酸とココイルメチルアラニンだけじゃあ、洗浄力がマイルドすぎるので、洗浄力を底上げする為に配合されていると思われます。

と言ってもかなり配合量は少なめなので、ダメージ毛や乾燥毛にはベストマッチな配合成分なのは間違いなしっ!ではあります。

一方、KAMIKAシャンプーはクリーム系のシャンプーなので、一般的なシャンプーに配合される界面活性剤とは全然違う成分が配合されています。

パルミチン酸イソプロピル、セトリモニウムブロピド

全然違うと言っても別にスゴイ成分が配合されているわけでもなく、一般的なコンディショナーなんかに含まれる4級カチオン系の界面活性剤なんですよね・・・

毛髪に柔軟性を与える成分でもあるんですが、頭皮に吸着しやすく刺激性が高い成分でもあるんです。

よく、美容室なんかで「トリートメントは頭皮に付けないでくださいね!」っと言われる事があると思います。

それって、トリートメントの刺激性が強いからという意味もあるんです。

一応、界面活性剤なので汚れを浮かせる効果はあるんですが、これでしっかり頭皮が洗えるか?というとかなり疑問です(汗)

っというかこれだったら市販のトリートメントを頭皮に塗っているのと変わりないので、あえて割高なKAMIKAを使ってあらう必要性が感じられません。

なぜこれがシャンプーとして売られているのか?本当に謎すぎます。

ちなみにこのシャンプーではないんですが海外では「クリームシャンプーによって抜け毛が増えた」等で集団訴訟を受けているものもあります。

ここまでのまとめ
・haruは全ての成分がアミノ酸系洗浄成分で上質
・KAMIKAはコンディショナーと同じような成分
・これで髪や頭皮がしっかり洗えるとは思えない…

2、その他の成分

続いて洗浄成分以外ほ保湿成分などを比較。まずはharuシャンプーに配合されるコレは!っと思える成分を並べてみるとこんな感じ↓

プロパンジオール、加水分解シルク、マテチャ葉発酵液、欧州ホップエキス、豆乳発酵液、リンゴ果実培養細胞エキス、キャピキシル

1つずつ全部解説するとそれだけで当記事が埋まってしまうので、詳細は以下の記事も参考にしてみて欲しいです↓
【元美容師が解析】まだ買うな!新haruシャンプー8つの神成分と弱点とは?

育毛効果が期待できると言われている頭皮ケア成分である『欧州ホップエキス』

引用:三省製薬株式会社より

やら『豆乳発酵液』やらコレでもかっ!ってほど頭皮ケア成分が配合されています。

更に更に!頭皮ケア成分だけじゃなく、毛髪補修成分である『加水分解シルク』

かなり保湿力が高い!とされる保湿成分である『プロパンジオール』なんかも配合されていますね。

しかも、紫外線での退色を防止する『マテ茶発酵液』なんかも配合されちゃっています。

マテ茶発酵液なんて意味あるのか?!っと思ったのですが、以下のように紫外線によるカラーの退色を抑える実験結果も出ています↓

カラーリング毛への紫外線照射した退色具合比較実験。引用:三省製薬株式会社

一方のKAMIKAの方はこんな感じ↓

ヘマチン、リンゴ果実培養細胞エキス、ジメチコン、ポリクオタニウム-51

こちらに関しても全部説明すると記事が埋まりまくってしまうので詳細はコチラをチェックしてみてください↓
【成分解析】KAMIKAシャンプー3つの懸念点とは?ネットの評判に注意!

その他の成分に関しては値段が値段なだけあって、結構豪華。

haruシャンプーにも配合されている『ヘマチン』頭皮ケア成分である『りんこ果実培養細胞エキス』

更にヒアルロン酸の2倍もの保湿力がある、『リピジュア(ポリクオタニウム-51)』なんかも配合されていますね。

あとは最近なぜか悪者扱いされている『ジメチコン』というシリコンも配合。

シリコンが毛穴に詰まるとか意味不明な噂もありますが、シリコンが無害なのは10年くらい前から証明されているんですよね↓
ノンシリコンシャンプーが「髪や人体に悪影響」が大嘘な理由とは?

とは言えシリコンをたっぷり根本から毎日塗布し続けるのはオススメ出来ません(汗)

っというのも高濃度のシリコンをずーっと付け続けると、”ビルドアップ”と言ってシリコンが過剰に髪に塗布され、逆に手触り感が悪くなっちゃうんです。

これだけたっぷりシリコンが配合されていれば、短期的な手触り感は良くなるだろうけど、シャンプーしないのにシリコン付け続けるのはどう考えてもダメでしょ・・・

ここまでのまとめ
・haruシャンプーは頭皮ケア&毛髪ケア成分とも豪華
・KAMKKAは頭皮ケア成分は豪華だが、シリコンが多く配合されている
・シャンプーで洗わないのにたっぷりのシリコンを付け続けるのはオススメ出来ない。

3,白髪改善効果の比較

どっちのシャンプーも黒髪というネーミングが付いているので、白髪が改善しそうなイメージありますが・・・

結論から言うと、どっちも白髪を改善する効果は無いッ!です。

一応両シャンプーとも『ヘマチン』やら『メリタン』などの白髪に効果的と言われる成分は配合されてます。

<div class=”box_title”>

ヘマチンの効果一覧
・ハリ・コシ感アップ
・カラーリングの発色アップ
・カラー退色防止
・紫外線防止
・頭皮の消臭効果
・髪や頭皮に残ってしまう、カラー、パーマ剤の残留液除去
・育毛、白髪防止効果に期待

引用:http://suncall-net.co.jp/product/r21.pdf

白髪の原因である”活性酸素”の発生を抑える効果が期待できるとは言われています。

しかーし!「ヘマチンによって白髪が黒髪に戻った」という客観的な実験結果などは特に無いです(汗)

これから研究が進んで白髪に効果的と証明される可能性はありますが、シャンプーに配合されている成分くらいで白髪が黒髪になるってことは考えにくいです。

更に言うと、ヘマチンってかなり黒々しい成分なんで、シャンプーに配合されると液体が黒っぽくなるんです。

が!KAMIKAシャンプーは真っ白。

入っているには入っているけど、メチャクチャ配合量は少ないと予想されます(汗)

haruシャンプーもそこまで黒々しいわけじゃないですが、シャンプー液は薄茶っぽくなっています。

手のひらに出すとごく少量なので、画像だと分かり難いですが普通のシャンプーより明らかに茶色いです。

また、KAMIKシャンプーの方には『メリタン』という成分が配合され、ネット上のレビュー記事ではこのメタリンが白髪改善に期待できる!と好き放題書いている記事も見かけます。

が!メリタンによって白髪が改善されたという客観的なデータはありません(汗)

そもそも、KAMIKAの公式サイトも白髪が改善するなんて事は一切書いておらず、あくまでも「白髪染めをサポート」としか書いてないんですよね。

広告費を得たい人間が勝手に白髪改善効果に期待できる!っと騒いでいるだけです。笑

もしあなたが白髪に悩んでいるなら非常に心苦しいのですが、白髪染めをするか白髪染めカラートリートメントで染めるのが一番の対策です↓
【元美容師が86品検証】白髪染めカラートリートメントBEST5を発表します!

白髪染めサプリやらなんやら白髪対策も調べまくりましたが、現時点で白髪を根本的に改善する方法って無いんです(涙)

もし、そんな技術が出てくれば白髪に悩んでいる多くの人が救われるのですが、まだ白髪の原因すら解明されていませんからね・・・

ここまでのまとめ
・どちらのシャンプーにも白髪改善効果は無し
・白髪染めが長持ちする程度
・そもそも白髪の発生メカニズムは完全に解明されていない

3、価格の比較

haruシャンプー KAMIKAシャンプー
通常価格 3600円(税別) 5800円(税別)
定期便価格 2880円(税別) 3927円(税別)
1ml辺り(定期便) 7,2円 9,8円

正直言うと、通常価格はどっちも高いです(汗)ただ、定期便コースだとどっちも劇的に安く購入できるので、基本的には定期便コースで購入するのが前提かなぁと思います。

価格は変動する可能性があるので、必ず公式サイトでチェックしてみてくださいね
⇛【最大25%OFF&特典付き】haruシャンプーの現在の価格はコチラ!

【最大65%OFF】KAMIKAシャンプー現在の価格&詳細はコチラ!

定期コースでも、1ヶ月で辞めるってことも普通にできるので、定期コース一択かと。

ただ、定期コースの価格はKAMIKAの方が高いです。1本辺り4000円弱とムチャ高い。

しかも意味が分からないのが、2回目以降の発送は3本同時に送ってくるってことです。これは本当に意味分かりません(汗)

一本辺りは4000円弱ですが、3本同時に強制的に送ってくるので2回以降は1万以上支払う事になります・・・

あと、クリームシャンプーって泡だつシャンプーと違って、使用量がかなり増えるのであんまり長持ちしないんですよね。

ってことを考えるとコスパ的にも圧倒的にharuシャンプーの方が上だと思います。間違いなく。

っというか通常価格5800円はいくらなんでも高すぎぃぃ!

ここまでのまとめ
・通常価格はどっちも高いが、haruの方が割安
・定期コースもharuの方が1000円以上安い
・KAMIKAは2ヶ月から強制的に3本同時購入

4、返金保証の比較

haruシャンプー KAMIKAシャンプー
返金期限 30日 20日

定期便コースを申し込んだ人のみではありますが、もしあなたが使ってみて「合わない!」っと思ったら使用途中でも返金に応じてくれる制度があります。

haruは30日間以内に返金を申し込めばOKですが、KAMIKAは20日間まで。

この手の消耗品で返金してくれるだけでもありがたいので、特に文句は言えませんが個人的には1ヶ月くらいは様子みたいなぁってのはありますね。

美容室でシャンプー購入して合わなかった!って言っても別のシャンプーを勧められるだけってことを考えれば、返金に応じてくれるだけでも良心的かなぁ。

5、使用感の比較

最後に両シャンプーを実際に使用した私の感想を書き綴っていきます。

実際にどっちも使ったんですが、ぶっちゃけ短期的な使用感はどっちもGOOD!haruシャンプーは泡立ちも良いし、キシミやゴワつき感はまっったく感じませんでした。

【元美容師の口コミ】haruシャンプーを2年使い続けた5つの本音とは?

【元美容師の口コミ】KAMIKAクリームシャンプーを使った3つの本音とは?

一方、KAMIKAシャンプーも全くゴワつきなどは無し。っというか当たり前ですよね。頭にトリートメント塗っているだけなので。笑

思ったよりはベタツキ感がなかったですが、泡で洗い慣れているのでクリームだけで洗うのは結構気持ち悪いです(汗)

ちゃんと洗えている気が全くしないので、大量のクリームを消費するし、まんべんなく耳の裏までクリーム塗らないといけないし・・・でイマイチすぎ。

シャンプー後の使用感はどっちもGOOD!ですが、洗っていて気持ちいいのは圧倒的にharuシャンプーだと思います。

ここまでのまとめ
・KAMIKAは泡立たないので洗った気がしない。
・どちらも手触り感は素晴らしい。

【結論】圧倒的にharuシャンプーの方が上だと思います。

そもそもですが。これを言ってしまうと元も子もないですが、クリームでシャンプーする必要性が全く感じられません。笑

ちょっと物珍しい感じなので、一度使ってみるとかはアリですが、これで死ぬまで頭を洗い続けたいとは思えませんでした。

成分的にもコンディショナーにちょっと豪華な成分を足しているだけって感じですし、成分と価格が見合っているとは思えないし・・・

私でしたら、KAMKAで洗い続けるなら湯シャンの方が良いかなぁ。4000円も払ってコンディショナーで頭を洗いたくは無いです。

っというわけで、もしあなたがharuかKAMIKAか?!で迷っていたら参考にして頂ければ幸いですm(_ _)m

【満足度94.4%】haruシャンプーを最大25%OFF&シャンプーブラシ付で購入できるページはコチラ

【最大65%OFF】KAMIKAシャンプー現在の価格&詳細はコチラ!

実際に私が使った感想&詳細レビューはコチラ↓
【元美容師の口コミ】haruシャンプーを2年使い続けた5つの本音とは?

【元美容師の口コミ】KAMIKAクリームシャンプーを使った3つの本音とは?

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。
もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2020年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2020年版】市販シャンプーランキング8選と選んだ理由を発表します。

もし、あなたが当記事を読んで「面白かった!」っと感じたら、是非Follow!頂ければ幸いですm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者 元美容師M

元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。