ボタニカルシャンプーがべたつく2つ癌成分とは?「これシャンプーじゃねぇ!」

元美容師Mです。

世界的にも人気ラインナップとなっている、ボタニカルシャンプー。

 

成分の90%が植物成分で髪に優しいと言われてるんですが、使っているひとで結構多かったのが「ボタニカルシャンプーにしたけど、べたべたする」

って相談は結構多く貰っていました。

 

頭皮をスッキリ洗浄したいのに、洗い上がりがべたべたとかかなり気持ち悪いですよね…

という事で、ボタニカルシャンプーがべたつく原因について書いて行きますね。

 

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ記事30選!

⇛【2019年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

ボタニカルシャンプーにはべたつく成分が・・・

 

まず一番原因として考えられるのは、シャンプーの成分的にべたつく成分が配合されている。

もしくは、洗浄成分があまりにも弱すぎる可能性が一番高いと言えます。

と言うことで、ボタニカルシャンプーの成分表一覧ですがこの様な感じ↓

水、グリセリン、コカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、
ラウロイルメチルアラニンNa、 ラウラミドプロピルベタイン、
ラウロイルサルコシンNa、ラウレス-4カルボン酸Na、ココイルグルタミン酸Na、
デシルグルコシド、グリチルリチン酸2K、 サトウキビエキス、セラミド2、
PEG-30フィトステロール、加水分解ヒアルロン酸、加水分解コラーゲン、
コカミドMEA、リンゴ酸、 ポリクオタニウム-10、エタノール、BG、DPG、
セテアレス-60ミリスチルグリコール、PPG-4セテス-20、EDTA-2Na、
メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料

 

この時点で、ほぼ原因が特定できましたね。。。そう!赤文字で表記した成分が、洗い上がりにべたべたする原因の可能性が極めて高いと言える成分です。

 

まずグリセリンという成分ですが、基本的に化粧品なんかに使われる、グリセリンはヤシ油を原料とする植物系のものが使われるので、安全性などはほぼ問題無いと言えます。

 

で、グリセリンは主に保湿効果がある成分で髪に付けても悪い成分ではないです。

 

ただ、配合量によってはメチャクチャべたべたする成分でオロナインなんかにも配合されているほど強力な保湿成分なのですよ。

 

配合量が少量であれば、髪の毛の保湿効果も見込めるのは確かです。

 

ただ、成分表って成分量の多い順に記載されているんですが、コカミドプロピルベタイン(洗浄成分)よりもグリセリンが前に来ていますよね?

 

つまり!洗浄成分よりも、保湿成分の方が、配合量が多いというトンデモな配合されたシャンプーなんです。

 

私自身も数百以上のシャンプーを見てきましたが、洗浄成分よりも、保湿成分が多く配合されている物なんてほぼ見たことないです。

 

洗浄するのが役割の筈なのに、いくらダメージレスを謳いたいからって、保湿成分の方が多く配合されているってどういうことやねん!

 

そんなもんべたつくに決まってるじゃん・・・って感じですw

 

洗浄力が弱すぎるコカミドプロピルベタインとは?

 

そして、もう一点洗浄成分のコカミドプロピルベタインについても、ちょっとビミョーだと個人的に感じます。

 

と言うのも、他の洗浄剤との配合にもよるんですが、コカミドプロピルベタインはシャンプーの粘性を増加させるのに配合させるほど、マイルドな洗浄剤なんですね。

 

以前紹介したラウレス硫酸系のような超強力な洗浄剤と一緒に配合されて、バランスを取るような役割で入れられる場合も多い洗浄剤なんです。

ラウレス硫酸ナトリウムのシャンプーがゴミ過ぎる3つの根拠とは?

 

洗い上がりとしては、これ単品で言えば、しっとりした洗い上がりで、洗浄剤としても悪くはありません。

 

ただ、洗浄力がマイルドマイルドなのに、保湿力のメチャ高いグリセリンがこれよりも多く配合されているのが理解出来ません 汗

 

基本私の意見としては、アミノ酸系などのマイルドな洗浄剤を使ったシャンプーを使う事を強くオススメしてはいますが、流石にこの配合は

 

あまりにも洗浄力が弱すぎる!と声を大にして訴えたい。

 

「シャンプーとして駄目だと思います。」

 

シャンプーは本来、頭皮を洗浄するためのものです。にも関わらず保湿成分の方が多く配合されているって本末転倒でしょう。

(しかもグリセリンって、保湿はするけど補修力ないし安価だし・・・)

 

しっとり感を演出したいが為に、超強引に保湿力を上げたようなシャンプーなので、べたつくのは当然かと。

洗浄力が強いシャンプーも最悪だけどね

市販のシャンプーで良い物なんてねぇ!市販がダメダメ過ぎる2つの理由とは?

あまりにも洗浄力が弱いのでボタニカルシャンプーは個人的にはオススメ出来ないですね。

~あなたが使うべき、ボタニストシャンプーは?3つのボタニストの違いと特徴を教えます。~

⇒ボタニストシャンプー 3種類の違いと選び方。あなたはこれを選べばOK

⇒【解析】ボタニストシャンプー(モイスト)の成分を元美容師が評価。絶対に止めるべき人とは?

⇒【解析】ボタニストシャンプー(スカルプ)の成分を元美容師が評価。使うべき人、止めるべき人教えます。

⇒【解析】ボタニストシャンプー(スムース)の成分を元美容師が全力で解析するとこうなる。

シャンプー後に髪がきしむ3つの理由と対策 知らないと一生キシミ続けます

ラウレス硫酸ナトリウムのシャンプーがゴミ過ぎる3つの根拠とは?

市販シャンプーとサロンシャンプー2つの違いとは?知らなきゃ致命的に損します

市販のシャンプーで良い物なんてねぇ!市販がダメダメ過ぎる2つの理由とは?

 

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。
もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2019年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2019年版】市販シャンプーランキング8選と選んだ理由を発表します。

もし、あなたが当記事を読んで「面白かった!」っと感じたら、是非Follow!頂ければ幸いですm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者 元美容師M

元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。