【全比較】haruシャンプーと守り髪の成分、価格を元美容師がガチで比較した結果発表。

元美容師Mです。

今回はネットでも評判の良いシャンプーharuシャンプーと守り髪シャンプーを元美容師的視点からガチで比較していきたいと思います。

最初に結論を言ってしまえば、この2つのシャンプーで比較するなら「全ての人が間違い無くharuシャンプーを選ぶべき」と言うのが私の意見です。

なぜ、守り髪では無く、haruシャンプーを選ぶべきなのか?徹底比較して、あなたにお伝えしたいと思います。

と言うことで、LET’S比較ッ!!

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ記事30選!

⇛【2019年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

haruシャンプーと守り髪シャンプー成分の比較!

【最重要】界面活性剤(洗浄成分)の比較!

もう以前からこのブログを除いていただいている人はうんざりするかもしれませんが、私はあえて何度でもお伝えしようと思っている事があります。

それが・・・「シャンプーを選ぶ時は120%洗浄成分がどのような成分が配合されているか?を見るべきっ!!!」という事です。

誰が何を言おうと、シャンプーの使命は髪や頭皮を洗浄する事が使命。

その洗浄力の肝となる、洗浄成分が強力過ぎたり、刺激が強いものだったら、どんなにその他の成分に補修成分や保湿成分が含まれていようと無意味になるのです。

と言うことで、両者シャンプーの洗浄成分に着目していきたいと思います。

haruシャンプーの洗浄成分を検証!

haruシャンプーの現在の価格、詳細な成分はコチラ

ココイルグルタミンTEA、ココイルメチルアラニンNa、ココイル加水分解コラーゲンK

非常にシンプルな設計でほぼ全ての洗浄成分がお肌と同じ弱酸性で低刺激、尚且つ洗浄力もマイルドなアミノ酸系の洗浄成分で構成されています。

全てがアミノ酸系で、更にアミノ酸系の中でも保湿力に超特化している『ココイルグルタミンTEA』がふんだんに配合されているのが確認できます。

更に『ココイル加水分解コラーゲンK』というシャンプー界でも最高ランクの洗浄成分も配合。かなり高価な成分なので滅多にお目にかかれないですが、敏感肌用のボディソープに含まれるほど優しい成分です。

「髪の毛がパサつく」「静電気が気になる」「ヘアダメージが気になる」という方のニーズにマッチしている最強ランクの洗浄成分で構成されていると言えます。

⇒haruシャンプーの解析&効果と弱点とは?「5つの補修成分が神レベル」

ベースメイクシャンプー【守り髪】シャンプ―洗浄成分を検証!

⇒守り髪公式ページはコチラ

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ココイルグルタミン酸TEA、ココアンホ酢酸Na

以前から読んでいただいている読者さんであれば、もうこの時点でお気づき頂いていると思います。。。

『オレフィン(C14-16)スルホン酸Na』!!!

もうね。この成分が配合されている時点で、私は誰にもオススメしたくないですし、自分で使いたいとも一切思いません。

と言うのも、市販シャンプーに多く含まれている『ラウレス硫酸Na』などとほぼ同等レベルの高刺激、高洗浄力の洗浄成分で使うべき理由が1つも見当たらないんですよ。

⇒ラウレス硫酸ナトリウムのシャンプーがゴミ過ぎる3つの根拠とは?

流石にこれだけ強力な成分を持ってきているので、2番目に多く配合されている『ココイルグルタミン酸TEA』アミノ酸系洗浄成分で刺激や洗浄成分を緩和しているのは分かります。

が!それにしたって、一番多く含まれている成分が超強力な『オレフィン(C14-16)スルホン酸Na』なので、ダメージや乾燥が気になる人は使えば使うほどパサつきが気になって来るのは容易に想像出来ます。

守り髪というネーミングにもかかわらず、洗浄成分は守ってくれる気は無いみたいです。これじゃあ髪は守れない気が・・・

そして、一番私が気になったのは『オレフィンスルホン酸』が含まれているに含まれているにも関わらず、アミノ酸系シャンプーと誤認させるような販売ページがかなり、かなり気になるんですよねぇ・・・

詳しくはコチラで書いています↓

⇒【元美容師が解析】守り髪シャンプーの「心の底からおすすめできない。」成分とは?

haruの特徴成分 ヘマチンとペリセアとは?

haruシャンプーは洗浄成分も保湿力の優れたマイルドな成分で構成されていますが、その他にも髪を補修、保湿する成分についてもかなり考えられて配合されています。

その1つに挙げられるのがヘマチンという私が美容師時代から、愛して止まない万能成分『ヘマチン』という成分。

最早人間の髪質改善の為に生まれてきたんじゃないか?!と言うくらい、様々な効果が期待出来る神成分なんです。

・白髪予防効果
・カラー、パーマの持ちアップ
・ハリコシアップ
・消臭作用
・育毛効果(期待レベル)

魔法では無いので、ヘマチンだけでこれらのお悩みが全て瞬時に解消!と言うわけにはいきませんが、使い続ける事で改善効果が期待出来るのは間違い無いです。

特にカラー、パーマの持ちアップについては私自身、効果をかなり感じているポイント。残念ながらまだ白髪については生えてきていないので、改善出来るか?は分からないが、今の所生えていない事は確かです。

ヘマチンとは別に『ペリセア』という美容室のトリートメントにも含まれるような髪質補修成分も配合されています。

ペリセアは髪の毛に1分程度で高速浸透&髪の内部にねっちりまとわりついて、補修し続けてくれるという新しい成分で現時点で最高レベルの成分です。

しっとり感アップだけで無く、ハリコシ感のアップも期待出来る、正に「キングオブ髪質改善成分」と言える成分であります。

守り髪の特徴成分にも『ペリセア』が配合!

洗浄成分的には最悪レベルといえる守り髪ですが、補修成分についてはharuと同じく『ペリセア』が配合されていて好印象。

と言いたいところですが、流石に超強力なオレフィンスルホン酸が配合されているので、「折角のペリセアが台無しだなぁ」としか感じられません。

どんなに優れた補修成分を含んだとしても、洗浄成分が一番多く含まれているのでサブ的な補修成分だけじゃあ、改善なんて出来る筈無いんですよ。

折角ペリセアのような高機能の成分を配合するのであれば、洗浄成分も低刺激で保湿力のあるアミノ酸系に絞ればいいのになぁ~。

haruシャンプー 守り髪シャンプー
洗浄成分 しっとり系・ダメージを防止成分重視 強力なスルホン酸配合、脱脂力強し!
特徴成分 ヘマチン

ペリセア

ペリセア

 

返金制度・金額・送料比較コスパ最強はどっちだ?

そして次に比較したいのが、価格設定です。いくら配合成分が神!といっても毎日使うシャンプーという性質上、使い続けられる価格設定で無ければアウトです。

と言うことで、両者の料金設定がコチラ↓

・haruシャンプー 定期コース 1本400ml  2880円(送料無料)

・ベースメイクシャンプー守り髪シャンプ― 定期コース 1本400ml 2,800円(送料無料)

haruの方が80円ほど高い価格設定になっていて、両者とも400mlなので成分を無視で料金だけで言えば、ほぼ同じ程度の価格設定だと言う感じ。

そして、どんなに良いシャンプー!と言っても人の髪や頭皮は十人十色。どうしても「皆が良いッ言っていたけど私には会わなかったわ」と言うことはどうしてもあり得ることです。

そんな時に心強いのが、シャンプー返金制度!普通この手の消耗品ってあんまり返金制度とか見受けられないですが、少しずつ増えているみたいですね。

で両者の返金制度ですが・・・

・haruシャンプー 30日以内であれば、満足いかなかったら全額返金

ベースメイクシャンプー守り髪シャンプ― 30日以内であれば、満足いかなかったら全額返金

と言うことで、どちらとも30日以内であれば、使用中に関しては返金に応じてくれる制度を設けています。

シャンプーなんて100人いれば100人が満足するなんてことは無いのだから、美容室専売品のシャンプーなんかも「合わなかったら返金制度」を設けてくれればいいんですけどねぇ。

自分に合うか合わないか?は使って見ないと分からないので、この手の返金制度はかなり頼もしい!といえるはず。

haruシャンプー 守り髪シャンプー
商品代(定期便) 2880円(送料無料) 2800 円(送料無料)
返金保証 30日間 30日間

結論!あなたはコチラを使え!

ここまで読んで頂いたあなたなら、察しが付いていると思いますが、haru守り髪の両者どっちを使えば良いのか?で言ったら私は断然haruシャンプーをオススメします。

洗浄成分から補修成分まで全てコダワリが感じられますし、私も100以上はシャンプーを見てきていますが、美容室専売品以上のコストパフォーマンスを秘めているシャンプーだと言えます。

しかも、30日完全返金制度まで設けているので、もう狂っているとしか言いようが無いです(苦笑)

守り髪に関してはどうやってえこひいきしても、オレフィンスルホン酸という強力成文がメインな時点で「こりゃ使いたくないな・・・」と言うのが私の本音。

もしあなたが「それでもどうしても守り髪が使って見たいわ」と言うことなら、返金制度を活かして1度だけ試しに使って、すぐ返金すると言うのはありかもしれません。

が!使い続ける事は決してオススメしていないので、その点をご考慮頂いて試してみて頂ければと思います。

haruシャンプーはコチラ『数量限定でリフレッシュブラシ付く』みたいです

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。
もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2019年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2019年版】市販シャンプーランキング8選と選んだ理由を発表します。

もし、あなたが当記事を読んで「面白かった!」っと感じたら、是非Follow!頂ければ幸いですm(_ _)m

2 件のコメント

  • まる より:

    はじめまして。シャンプーについてとても楽しく、勉強させていただいております!ありがとうございます^_^

    ひとつ質問がありコメントさせて頂きました。トリートメントの必要性についてです。

    私は抜け毛が気になる年になり、1ヶ月ほど前よりharuを使い始めました。はじめはシリコンシャンプーの名残か「きしむなあ」と思っていましたが、だいぶ慣れてきたようで続けていきたいです。

    管理人様による、「トリートメント不要のシャンプーでもトリートメントはしたほうがよい」との記事を目にして、はっ!としました。
    haruにかえてから、きしみを解毒の修行のように考え、トリートメントしてない、、、、

    もともと毛は少なく猫っ毛です。トリートメントでしっとりしても、さらにぺったんこになるのならむしろパサついてるほうがよいのかな、と乱暴な考えにも支配されつつ、、のこのごろです。
    こんな私でもおススメのトリートメントがあれば、アドバイス頂けるとうれしいです!

    • ブログ運営者 元美容師M ブログ運営者 元美容師M より:

      はじめましてコメントありがとうございます!
      トリートメントはダメージがあるのであれば、ぜっっったいした方が良いです。我慢していても乾燥や引っ掛かりなどで物理的ダメージを受けますし・・・
      haruシャンプーもかなりしっとり系ではあるものの、あくまでも頭皮や毛髪を洗浄する商品なので、ダメージが気になる場合は中間から毛先にトリートメントはつけていきましょう!
      トリートメントについては髪質やダメージ、求める質感によっても変わってくるので一概にコレ!とオススメし辛いですが、ボタニストのダメージケアトリートメントが重すぎず良い感じです。
      しっとりするというよりも、サラサラ系の質感なので猫っ毛さんの人にも向いているかと思います。
      参考にして頂ければ幸いです!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ブログ運営者 元美容師M

    元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。