【元美容師が解析】効果無いかも?アスタリフトシャンプー2つの成分とは?

元美容師Mです。

今回は富士フィルムの「アスタリフトシャンプー」を元美容師的視点から、解析&評価してみたいと思います。

富士フィルムというと『写ルンです』のイメージしかなかったのですが、最近はサプリや美白化粧品などにもかなり力を入れているメーカーなので期待大。

ただ、アスタリフトシャンプーに関してはどのサイトを見ても

「ヒト型名のヘアセラミドが配合されているからハリ・コシが出やすくなります!」というアフィリエイト目的の記事しか見当たらないんですよね・・・

という事で私がガチで解析していきますね。

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ記事30選!

⇛【2019年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

【最重要】アスタリフトシャンプーの洗浄成分は?

⇛アスタリフトシャンプーの詳細はコチラ

当記事ではいつもぜえぇぇったいにお伝えしていることですが、「シャンプーを新しく購入検討しているときは、必ず洗浄成分は見よっ!」ということです。

というのも、いくら「ヒト型ナノセラミド配合!!」と言ってもシャンプーなんてものは水が7割、洗浄成分2,3割で残りのほんの数%くらいが補修成分とか含まれてるって感じなんですね。

なのでいくら補修成分が超強力だったとしても、洗浄成分が強力であれば洗浄力のパワー以上に補修できるなんてことはまずありえません(汗)

つまり「洗浄力が駄目なら、何入れてもアウト!」ってことですね。

と前置きを置いた上でアスタリフトシャンプーの全成分がコチラ↓

水、ココイルアラニンTEA、ココイルサルコシンNaPEG-3ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Naラウリルベタイン、ラウラミドDEA、コカミドプロピルベタイン、ジステアリン酸グリコール、BG、グリセリン、トコフェロール、セラミド2、コレステロール、グリチルレチン酸、水溶性コラーゲン、アスタキサンチン、ヒアルロン酸Na、センブリエキス、オタネニンジン根エキス、グリチルリチン酸2K、ポリクオタニウム-10、塩化Na、コカミドDEA、セテアレス-60ミリスチルグリコール、PEG-60水添ヒマシ油、ラウロイルサルコシンイソプロピル、オレイルアルコール、デシルテトラデカノール、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、イソステアリン酸ポリグリセリル-10、レシチン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCI、ダマスクバラ花油、クエン酸Na、クエン酸、香料、安息香酸Na、メチルパラベン

黄色にマーキングしている成分がシャンプーの命とも言える洗浄成分ですね。ちなみに赤文字になっているのがアスタリフトシャンプーの目玉成分とも言えるヒト型ナノセラミドと言うやつ。

とりあえず、洗浄成分だけピックアップしてみるとこんな感じ↓

ココイルアラニンTEA、ココイルサルコシンNa、PEG-3ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Na、ラウリルベタイン、コカミドプロピルベタイン

まずは一番多く含まれているベースとも言える成分が『ココイルアラニンTEA』というアミノ酸系成分。

アミノ酸系成分は比較的、洗浄力が低めの傾向なんですが、この成分はそこそこの洗浄力があり、なおかつ皮膚への刺激性は超マイルド。

「うん!悪くないぞ!」と言いたいところですが、時点で多く含まれているのが成分がやや難ありと言える成分『ココイルサルコシンNa』です。

この成分もアミノ酸の洗浄分ではあるものの、アミノ酸系の中で刺激性、洗浄力がかなり高い部類の成分なんですよね。

極々まれに、アレルギーを発症する人もいるため、最近は徐々に配合されている製品が減りつつあるのが現状の成分です。

ココイルアラニンTEAの洗浄力アップの目的でサブ的に配合されているという感じでしょうけど『ココイルサルコシンNa』の洗浄力はかなり強めなので、入れる必要性は私は感じられませんね・・・

更に言うとその次に記載されている『PEG-3ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Na』という成分に関しても、低刺激であるが洗浄力がかなり高いという特徴の成分。

強めの成分がTOP3に配合されているので、総合的に見ると市販のラウレス硫酸までは行かないけれど、かなり洗浄力が高い事が予測されますね。

もし、あなたがカラーやパーマなど定期的に施術しているようなダメージヘアであれば、結構パサつくことが予想されます。

う~ん。はっきり言おう「微妙!」

アスタリフトシャンプー2つの目玉補修成分とは?

 

補修成分1 『ヒト型ナノセラミド』

独自技術でナノ化したセラミド!とという成分が目玉成分になっていますが、セラミド2自体は結構多くの化粧品にも含まれている成分ではあります。

単純にこのセラミド2をナノ化したセラミドの事を指しているのか、もしくはセラミド2を独自技術でナノ化しているのか?は不明。

ただ、セラミド自体は美容室のトリートメントで使われることもある成分ですし、保湿力の高いGOOD!な成分なのは間違いないです。

私も使っていた成分なので、これは間違いないです。

補修成分2 『アスタキサンチン』

そしてもう1つの目玉成分とも言えるのが『アスタキサンチン』という成分ですね。

ぶっちゃけシャンプーに含まれるのは珍しい、、、というか今の時点ではアスタリフトシャンプーくらいにしか含まれていないのではないか?と言うくらいレアな成分。

効果的には抗酸化作用があり、老化の原因の1つお肌のコラーゲン変性を阻害する効果が期待できるのです。

が!私の意見ですが洗浄力の強い成分が多いシャンプーに含まれたところで効果期待できるのか・・・?と言ったら微妙な気もします。

頭皮に塗りたくるよりも、お肌に塗りたくった方が効果が高いのは間違いないはず。

【結論】独自配合の成分が面白いシャンプーだが・・・

独自成分がかなり面白く挑戦的なシャンプーでかなり好感の持てるシャンプーです。

ただ、やはり洗浄力が結構強めの成分で固められているのはやはり気になりますね。

もしあなたが、バージン毛で頭皮のアンチエイジング重視しまくる!というなら、使ってみるのは良いと思います。

お試し品なら、シャンプーとトリートメント、頭皮用美容液セットで1200円という暴力的に安いお試し価格ですからね。
【送料無料】1回限り1200円のアスタリフト3セットはコチラ

が!逆に「ヘアダメージが気になる、髪の乾燥パサツキまくる」という事であれば、このシャンプーを選ぶ理由はあまり無いなぁと言うのが私の本音です。

アンチエイジング目的だったらなるべく刺激を与えないような、超低刺激のアミノ酸で設計されたシャンプーを使ったほうが幸せになれはずですよ。

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。
もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2019年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2019年版】市販シャンプーランキング8選と選んだ理由を発表します。

もし、あなたが当記事を読んで「面白かった!」っと感じたら、是非Follow!頂ければ幸いですm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者 元美容師M

元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。