【元美容師が解析】ステマに注意!プレミアムブラックシャンプーの成分はダメだと思います。

元美容師Mです。

「つっつついにこのシャンプーを解析するときが来た・・・」

ネット上で皆が皆「オススメ!!」と大絶賛しているプレミアムブラックシャンプーを解析&評価する時がっ!!

通常価格5000円前後とシャンプーとしてはかなり高額なランクにも関わらず、みんなが揃って「良シャンプー」と発信しているの点にめちゃくちゃ違和感があったんですよね。

自分のサイトからシャンプーが売れると報酬が得られる「アフィリエイト」目的の記事が90%以上だなぁと感じます。

ステマが多いと感じるので、元美容師の私が本当に5000円の価値があるシャンプーなのか?!を成分からガチ評価していきます。

かなり突っ込んだところまで書いていくので圧力で消される前に、あなたには最後まで目を通して欲しいです。

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ28選!

⇛【2019年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

【最重要】プレミアムブラックシャンプーの洗浄成分は?

 

ブラックシャンプーに限らず、シャンプーを選ぶときはぜっったいに洗浄成分にどんな成分が配合されているのか?を見るべきです。

シャンプーの成分は水6~7割、洗浄成分2~3割残りの数%がその他の成分で構成されているのです。

つまり!この洗浄成分がどんなものなのか?で髪や頭皮を痛めつける無慈悲なシャンプーか?やさ~しく包み込むように洗ってくれるシャンプーになるのか?命運が別れるということです。

洗浄分が駄目成分であれば、その他の成分にどんなに良い物配合しようと無意味ですので、ぜっっっったいに洗浄成分は目を通してくださいね。

という前置きを置いた上でプレミアムブラックシャンプーの全成分がコチラ↓

グリセリン、水、コカミドプロピルベタイン、ココイルグリシンK、ラウリルグルコシド、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸TEA、トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコース、メントール、ポリクオタニウム-7、BG、ポリクオタニウム-10、PEG60-水添ヒマシ油、オリーブ油、水添レシチン、オタネニンジン根エキス、加水分解ケラチン、ヘマチン、ポリ乳酸、褐藻エキス、炭、銀、センブリエキス、加水分解コメエキス、エタノール、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、オレンジ油、ユズ油、ユーカリ油、グリチルリチン酸2K、ドクダミエキス、クララ根エキス、グレープフルーツ種子エキス

黄色にマーキングした成分がシャンプーの命といえる洗浄成分です。

これらの洗浄成分だけ抜き出してみると・・・

コカミドプロピルベタイン、ココイルグリシンK、ラウリルグルコシド、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸TEA

洗浄成分1、『コカミドプロピルベタイン』

洗浄成分にも着目してみると『コカミドプロピルベタイン』という成分が元も多く配合されていて、このシャンプーのベースということが分かりますね。

成分自体はベビーシャンプーに含まれるくらいに超低刺激、マイルドな洗浄力で悪い成分ではないです。

ただ、500円程度の市販シャンプーにも刺激緩和剤として多く含まれる、安価な成分なのでプレミアシャンプーにふさわしいかというとかなり微妙・・・

ちなみにコカミドプロピルベタインを「髪や頭皮と同じアミノ酸系成分!」と発信しているブログも見受けられましたが、この成分はアミノ酸系成分ではないので要注意です。

洗浄成分2、『ココイルグリシンK』

そして次点で多く含まれている成分が『ココイルグリシンK』という成分ですね。コチラに関してはアミノ酸系の成分で低刺激。

ただ、ココイルグリシンKはアミノ酸系の中では結構強めの洗浄力を持っている成分なので、「髪がきしみやすい人」「ヘアダメージが気になる人」が使うとキシッキシになる可能性が高いです。

洗浄成分3、食器洗剤にも配合される『ラウリルグルコシド』

『ラウリルグルコシド』は刺激性こそ低く、安全性は高いものの、脱脂力が高い成分なので、食器用洗剤に含まれている成分ですね・・・

濃度こそ違いますが、5000円ランクのシャンプーにもかかわらず、数ある洗浄成分の中でこれを配合する理由がイマイチ理解できないです。

洗浄成分4,5『ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸TEA』

で着目したいのがやっと出てきたかなりアミノ酸系成分『ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸TEA』

私の大、大大好きな成分ではあるものの、上記の安っちい成分が大量に含まれている中に一番少ない量でポツンと配合されているので、アミノ酸系洗浄剤の恩恵は受けられないと思いますね。

なんとなくアミノ酸系シャンプー!と宣伝したいがためにとりあえず入れた感が・・・

総合的に見るとコカミドベタインやラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸TEAの優しい洗浄成分が配合されています。

ただ、ココイルグリシンK、ラウリルグルコシドという脱脂力強めな成分が配合されているので乾燥やパサツキ感は気になる人も多いはずですよ。

控えめに言っても「5000円の価値は感じないな」というのが私の本音ですね。

ブラックシャンプーのフケや乾燥の原因はこれか?!

ブラックシャンプーの口コミをリサーチしてみるとやたらと「フケが出てきた」という声がかなり多いんですよね。

自分の結論といたしましては、何故かフケが出るのです
高値で買ったシャンプーでフケが出たのでちょっと不満があります
洗髪方法に問題があるのか、体質が合わないのか・・・冬で乾燥しているからか・・・理由は分かりませんが・・・
出典:Amazon ブラックシャンプーレビューより

 

使って1カ月半ほど経ちますがフケがまだおさまりません。
元々乾燥肌なので使いきるまで様子みます。
出典:Amazon ブラックシャンプーレビューより

原因の1つとして考えられるのが「グリセリンの配合量が多すぎる説」

通常、シャンプーは7割り程度”水”で設計されているのですが、成分表をみると水よりもさらに『グリセリン』という成分が高濃度で配合されているのが確認できます。
※配合量が多い順に表記しなければならない

グリセリン自体は、かなり安全性の高い保湿力アップさせる成分で問題は無いです。

しかし!水よりも配合量が多いとなると、本当に髪や頭皮を保湿してくれているのか?疑問です

というのもグリセリンは水分を吸着する性質がかなり強いので、適正量であれば皮膚や髪を保湿する効果も期待できます。

ただ、配合量が多くなると逆に吸水性が高いあまり、髪や頭皮に必要な分の水分を奪い乾燥してしまう可能性があるんです。

恐らくトリートメント不要!と謳いたいがために、保湿成分をタップリ配合しているんでしょうけど、別にグリセリン以外にも保湿成分は数多くあるのにわざわざ安価なグリセリンをこれほどぶち込んでいるのか?はっきり言って意味がわかりません。

発毛効果は無きに等しい。

多くのアフィリエイトサイトでは「ブラックシャンプーで発毛効果が期待できる!」と言った記事を多く見かけます。

期待するのは勝手ですが、ブラックシャンプーで髪の毛がモサモサ増えるということはぜったいに無いでしょうね。

21種類の植物の成分で発毛促進効果が期待できそうな雰囲気を臭わせた記事も見かけますが、この成分で発毛効果が実証されている成分は見当たりません。

強いて言えば、よくこの手の育毛系シャンプーに含まれる『センブリエキス』は血行促進作用はあると言われています。

が!シャンプーに配合したところで、育毛効果が期待できるか?というと超微妙・・・

シャンプーはあくまでも、頭皮と髪の毛を洗浄するものであり、医薬品ではないので髪の毛を増毛させる効果なんて1%もありゃしません。

【結論】私はぜっったいにオススメ出来ないし、使わない。

はっきり言ってしまうと、5000円の価値があるシャンプーとは到底思えません。

「頭皮を目覚めさせる」となんとなく発毛を期待させる、広告を打ち出しているにもかかわらず、これと言って発毛に効果のありそうな成分は見当たりません。

精々センブリエキスという植物の汁で血行が促進するかな?くらいなもんです。

これだったらまだ、リアップに含まれている、育毛成分”ミノキシジル”の3倍もの育毛効果が期待出来ると言われているキャピシルが配合されているシャンプーの方が100倍良いと思いますね。
キャピシル配合された完全アミノ酸系シャンプーはコチラ

ただ、もちろんこれに関しても、あくまでもシャンプー。もしあなたが本気で薄毛治療を考えているなら然るべきクリニックなどに絶対に通うべきです。

更に言うと「コンディショナー不要!」とも謳っていますが、5000円クラスにふさわしい保湿、補修効果のある成分も配合されていません。

強いて言えば、ゴリッゴリにぶち込んだ安価な「グリセリン」くらいですね。

この価格帯でコンディショナー不要!というのであれば、髪の毛の補修の為に開発されている「ペリセア」や「セラミド」くらいは配合するべきでしょう。

そもそも、髪のダメージなんて人それぞれなんだから、全員が不要!とは思いませんけどね。

ステマサイトが多く見受けられたのでついついアツくなってしまいましたが、もしあなたがプレミアムブラックシャンプーを検討しているのであれば、是非参考の1つにして頂ければ幸いです。

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。
もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2019年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最ッ高!の市販シャンプーランキング8選を発表します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者 元美容師M

元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。