【元美容師が解析】3つのダメ成分はコレ?オージュアシャンプーを心の底からオススメ出来ない理由とは?

元美容師Mです。

今回はいつもより気合が入っています。なぜなら、私も美容師時代にオージュア製品を取り扱っていた身(証拠は後述)

美容師時代は言えなかった事も、ブログの完全匿名性を活かして全て暴露していこうと思います。

今回はオージュアの中でも最上位クラスの「イミュライズ」の成分を解析評価していきますね。

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ28選!

⇛【2019年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

【最重要】オージュアシャンプーの洗浄成分は?

成分解析の前に頭に入れて頂きたいのは「シャンプーは洗浄成分が全て」ということです。

シャンプーの内容成分は水6~7割、洗浄成分2~3割、他1割以下がその他の補修成分やら保湿成分で設計されている事が殆どなんです。

つまり!最も影響力が大きい成分は、洗浄成分でありもしその他の補修成分などどんなに凄い成分を配合しても、ほぼ無意味に終わるとうのが私の意見。

そして、洗浄力が強すぎれば髪や頭皮を365日、毎日、毎日痛め続けることになるのでぜっっったいに洗浄成分がどんな成分なのか?はあなたもチェックする癖をつけてくださいね。

という事で「オージュア イミュライズ リニューアル版」の全成分がコチラ↓ちなみにオージュアシリーズは洗浄成分はどのシリーズもほぼ一緒です。

水,ラウレス硫酸Na,DPG,イソステアラミドプロピルベタイン,オレフィン(C14-16)スルホン酸Na,ラウレス-6酢酸Na,コカミドプロピルベタイン,コカミドメチルMEA,塩化Na,イソナン酸イソトリデシル,トレハロース,カルボキシメチルアラニルジルフィドケラチン,ロイシン,ユキノシタエキス,加水分解ケラチン,ムラサキバレンギクエキス,チューベロース多糖体,ポチクオタニウム10,ラウリルベタイン,ココイルイセチオン酸Na,ラウロイルアスパラギン酸Na,ココイルアルギニンエチルPCA-PCAイソステアリン酸PEG-4,水添ひまし油,PEG30ラノリン,グリチルリチン酸2K,サクアニルグリチルレチン酸2Na,リンゴ酸,BG,グリセリン,エタノール,クエン酸トリチエル,AMP,水酸化Na,フェノキシエタノール,メチルクロロイソチアゾリノン,メチルイソチアゾリノン,センチフォリアラバラ花エキス,アミリスバルサミフェラ樹皮油,ダマスクバラ花油,ニオイテンジクアオイ花油,レモン果皮油

黄色にマーキングしているのがシャンプーの命!とも言える洗浄成分です。

この洗浄成分だけ抜き出してみると・・・

ラウレス硫酸Na,オレフィン(C14-16)スルホン酸Na,ラウレス-6酢酸Na,コカミドプロピルベタイン

ぶちゃけどっからどう見ても、1000円以下の市販シャンプーレベルとしか言いようが無い洗浄成分のオンパレード。

いや、正直最近の市販シャンプーは徐々に質も上がってきている傾向があるので、それらに比べると市販以下と言っても過言じゃないほど質が悪い成分です。

どの成分がどうダメなのか?1つずつみていきましょう。

ダメ成分1、ラウレス硫酸Na

もうこれは「良いシャンプーを使いたい」という人には当たり前に知っているほどのダメダメ洗浄成分です。

私の経験上、かなり強力な脱脂力、洗浄力がありシャンプー洗浄剤でもワースト3には間違いなく入るほど、キングオブダメ成分の1つ。

私はこの成分が入っているシャンプーは何があってもぜっっったいに使いたくないです。

というのも私自身、ラウレス硫酸系のサロンシャンプーをいくつも、いくつも使ってきましたがまず間違いなくパッサパサになるんですよね・・・

一応、その他の保湿成分で使った直後は「おっ!いい感じ?」と感じるのですが、使えば使うほど「なんか最初と違う・・・」とジワジワパサついてくるんです。

はっきり言って、この成分が入っている時点で駄目シャンプーと言って間違いないです。
ラウレス硫酸ナトリウムのシャンプーがゴミ過ぎる3つの根拠とは?

ダメ成分2、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

このシャンプーについて少しリサーチするとオージュアを売りたい美容師たちが

「オージュアはラウレス硫酸が入っていますが、その他の成分が優しいので問題ないです!」

と発信しているのをかなり見かけますが、意味がわかりません。

次点に多く含まれる「オレフィン(C14-16)スルホン酸Na」についてもラウレス硫酸系と同じくらい脱脂力、洗浄力MAXの成分。

市販のシャンプーでさえ、ラウレス硫酸Naとスルホン酸を一緒に含むことなんて殆ど見かけません(汗)

最近は一般的にも「ラウレス硫酸系が入っているシャンプーはヤバイっ!」というのが広まってきているので、ラウレス硫酸の変わりに配合することが多い成分なんです。

なぜめちゃくちゃ強力なラウレス硫酸Naに更にオレフィン(C14-16)スルホン酸Naをぶち込んでいるのか?不思議で仕方がありません。

「髪の毛をぶっ壊したいのか?」と小一時間問い詰めたくなる、設計で腹が立つ。

ダメ成分3、ラウレス-6酢酸Na

酸性石鹸系の成分で上記の2つに比べると、だいぶマイルドな洗浄力ではあるものの、どちらかと言うと洗浄力は高い方。

だいぶマイルドと言っても上の「2つよりはマシ」くらいなもんで、こちらも私の経験上、ダメージが気になる人が使えばパサパサになる可能性が高いですね・・・

カラーなんかの色落ちも早くなるというダメ成分の1つ。

良成分 コカミドプロピルベタイン

正直なところ「良成分」とあえて言うまでも無い成分ですが、オージュアの成分の中では一番マシな成分がコチラの『コカミドプロピルベタイン』

ベビーシャンプーにも多く配合されるくらい、超低刺激&超マイルドな洗浄成分でこの成分自体は悪くないです。

ただ、だからと言って良いッ!と鼻息を荒くするほどでも無く…よく500円程度のシャンプーにも刺激を和らげる為に多く配合されている安価な成分です。

オージュアに関しても上記の3つの強力な成分を緩和する為に、ベタイン系で和らげようとしているのですが、あまりにも暴力的に強い成分なので緩和になりません(汗)

総合的に見ても、昨今の市販シャンプーよりも明らかにレベルが低い洗浄成分で構成され、とても3,000、4,000円ランクのシャンプーとは言い難いですね。

「CMADKで髪の毛が再生する」は嘘なのか?

このイミュライズシリーズにおいてよく「CMADKと言う成分が髪の毛を修復、再生してくれます!」という謳い文句を多く見ます。

しかし!残念ながら、一度壊れた髪の毛が再生することは絶対にありえません。

その証拠にミルボンさんの公式サイトでも「カラーやパーマによるダメージを抑制します」という表現に留まっています。

・毛髪と高い親和性を持つCMAD基の働きで髪に強く吸着します。
・SS結合を持ち、毛髪に浸透して髪を保護することで、カラーやパーマによるダメージを抑制します。

ミルボン公式サイト

一度壊れた物質を再生するなんてありえない、ましてや洗浄剤タップリのシャンプーにちょこっと配合しただけで髪がグングン強くなる!なんて失笑ものです。

ではなぜ取り扱っている美容師さんがこぞって「髪の毛が再生できます!」と宣伝しているのか?理由は2つ。

・ただ単に高単価のシャンプーを売りたいから

・オージュアのシャンプーを売りたい業者が話を盛っている

なぜ言い切れるか?というと、私の勤めていた美容室でもこのパターンだったからです。

営業マンはシャンプーを売りたいが為に美容師側に商品をレクチャーしますが、その際に「髪の毛が再生します!」と話を盛って商品説明するのです。

消費者に直接売るわけではないので、もし消費者からクレームがあろうと「美容師さんが勝手に誇大に受け取った」と逃げられますからね。

で、もう一点がただ単に美容師さんが売りたいからという点ですね。これは単純な話でイミュライズは500mlで5300円とお世辞にも安いとは言い難い価格設定です。

美容師さんは自分のお客さんにシャンプーを販売できれば、販売価格の何%かを歩合としてもらえることが多いので、高価格の製品を推す場合が多いんですよ。

もちろん、全ての美容師さんが金儲けの為だけに薦めるってわけではないですが、私の感覚だと1店舗に一人くらいゴリ押しマンがいる印象。

イミュライズフルセットで使った結果・・・

冒頭でもお伝えしたとおり、私自身オージュア取扱サロンで勤務していたので全ての種類のオージュアを使用しました。

「これが証拠や!」と偉ぶるつもりはないですが、一応オージュア取り扱い店のみに配られるマニュアルです↓

店販としては高額でお店でも力を入れて販売していたので、お客さんがフルセットで購入されていった事も何度かありました。

そこで言えることは・・・

 

「髪の毛が再生するなんてやっぱりありえねぇ!!」

 

ってことです。

以前、お客様の中で『カラーを月に1、2回&3ヶ月に一回デジP』いうヘビーダメージのお客様がイミュライズを全てフルセットで購入、更にサロンでの専用イミュライズトリートメントも施術していたのですが、やはりジワジワ、ジワジワダメージは悪化していましたね。

正直トリートメントに関しては結構良い具合に、サラサラ感が出るので私も使っていました。

※昔使っていたオージュアクエンチのお試しトリートメント。の残骸

が!いくらトリートメントでも再生までは行きませんしあくまでも、一時的な処置にすぎません。

【結論】シャンプーは市販レベル。トリートメントは結構良い!

ぶっちゃけシャンプーに関しては市販レベル・・・いや、それ以下と言っても言いすぎじゃぁ無いといえます。

市販でも多く含まれる超強力な洗浄成分3つ配合している時点で、あとに何を配合仕様が無意味というのが私の経験と知識から言える意見です。

シャンプーはあくまでも洗浄するもの。

もしあなたがダメージを極限まで防ぎたいならシャンプーで修復することを考えるのではなく、優しい洗浄成分のシャンプーでほんの少しでもダメージを防ぐことを最重要なんです。

ただ、トリートメントに関してはなかなかいい具合にサラサラ感が出ましたので、使うのであればシャンプーはアミノ酸系で設計された優っしく洗い上げ、トリートメントのみイミュライズを使うというのはありかな?と思います。

いずれにしても、イミュライズのシャンプーは内容成分に対して、価格があまりにも高すぎるので私は絶対にオススメしません。

もし、あなたが「サラッサラの髪質に近づきたい」「頭皮にも優しいシャンプーが良い」「カラーやパーマの持ちをもっと良くさせたい」と言うなら…

洗浄力がマイルドなアミノ酸系洗浄成分で尚且、補修成分が配合されているシャンプーを選ぶべきです。
元美容師Mの全知識、経験を注ぎ込んだ本気のアミノ酸シャンプーランキング一覧(暫定)

これが”オージュア製品もアミノ酸系シャンプーも使い続けた”私の答えです。

ぜひぜひ参考にしてくださいね!

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。
もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2019年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最ッ高!の市販シャンプーランキング8選を発表します。

10 件のコメント

  • まこ より:

    いきつけの美容院さんで猛プッシュされ、最近aujuaを使っていましたがこの記事で恐くなりました(;;)もう買わないようにします。

    • ブログ運営者 元美容師M ブログ運営者 元美容師M より:

      コメントありがとうございます!
      美容室で猛プッシュされると、本当に不快ですよね・・・一対一だから断りづらいですし、毎回美容室に行く度にゴリ押しされるのかなぁと考えると行きたくなくなると思います(汗)
      オージュアは商品の価格が高く、美容師さんの売上も上がりやすいので猛プッシュする人もいるかもしれません。

  • ハル より:

    髪のひどい傷みを美容師さんに相談したところ、イミュライズを勧められて、高額でもキレイな髪に戻す為!と思い、頑張って使い続けて来ました。3本使い、更に詰め替え用まで買ってしまいましたが、髪が良くなるどころかゴッワゴワボッサボサになってしまい、やっと疑問に思い検索してみたところこちらにたどり着きました。こうやって本当の事を教えて頂けて、本当にありがたいです。できればもっと早く気付きたかったですが、髪は生え替わるので、こちらを参考にこれから頑張ります! そして、本当に信頼できる美容室を探したいと思います。有難うございました。

    • ブログ運営者 元美容師M ブログ運営者 元美容師M より:

      コメントありがとうございます!
      うわぁ~こういう生の感想はかなりありがたいですm(_ _)m

      オージュアに限らず、、、ですが洗浄成分が強い成分だと、最初は補修成分のおかげでいい感じに感じても、じわじわ傷んでいくんですよね・・・
      市販の強いシャンプーでも「最初はいい感じだったけど、使っていくうちにゴワゴワになる」のは、洗浄力をシリコンによって誤魔化しているからですね。
      最初のうちはシリコンでサラサラに感じるけど、洗浄力の強さで潜在的にはダメージを受け続けている・・・って感じです。
      コメント頂きありがとうございました!

  • あーた? より:

    現在aujuaシリーズを使ってます。
    こちらの成分はどこに記載されてますか?
    よろしければ教えてください。

    • ブログ運営者 元美容師M ブログ運営者 元美容師M より:

      コメントありがとうございます!
      オージュアシリーズは確か成分表記は外箱の記載してあったはずです。そう言えばボトルには書いてなかったような・・・

  • こたやんを より:

    はじめまして。いつもブログ拝見しております。オージュアの中でも洗浄力が低めと言われている
    モイストカームのシャンプーについて、Mさんのお考えをお聞きしたいです。

    • ブログ運営者 元美容師M ブログ運営者 元美容師M より:

      はじめまして、いつもご覧いただきありがとうございます!

      モイストカームについてはちょっと成分が不明なのでわかりません(申し訳ありません)
      公式サイトに成分が書いてあるかなぁ?っと思って見たのですが、成分が表記されていない?っぽいですのでちょっと判断ができません。
      アレルギーを持っている方などもいると思うので、サイトに全成分表記するべきだと思うんですけどね~。

      • こたやんを より:

        お返事ありがとうございます!

        先日、ミルボンさんに洗浄成分のみをお聞きしたところ
        ・POEラウリルエーテル酢酸Na
        ・POEスルホコハク酸ラウリル2Na液
        ・ラウリン酸アミドプロピルベタイン液
        との返事をいただきました。
        可能でしたら、洗浄力の強さや頭皮への影響などについて
        教えていただけたら幸いです。

        • ブログ運営者 元美容師M ブログ運営者 元美容師M より:

          酸性石鹸系の洗浄力が高いものをベースに、更に洗浄力が高い高級アルコールを配合。洗浄力をマイルドにするためにベタイン系を配合しているって感じですかね~。
          ベースとなる洗浄分は強めではありますが、刺激性は低いものなので他のラウレス硫酸Naよりは良いと思います。
          ただ、刺激性は低いですが洗浄力は高めだと思われるので、乾燥肌の方やダメージが気になる人はもっとマイルドなものがいいかなぁ~とは思いますm(_ _)m
          参考になれば幸いです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ブログ運営者 元美容師M

    元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。