【検証】本当に染まる?エブリヘアカラートリートメントの7日後の色持ちや色味を全力レビュー!

元美容師Mです。

実は前から気になっていた商品が今回の『エブリヘアカラートリートメント』です。私も美容学生時代はブリーチ毛にヘアマニキュアをぶち込んで、赤や緑などあらゆるカラーをしてきたものです(遠い目)

流石に今の歳になって、そんなファンキーなカラーは出来ませんが「ほんのり雰囲気を変えたいくらいなら、美容室行かなくてもコレで良いんじゃ?」と気になっていたんです。

っというわけで『エブリヘアカラートリートメント』の”色味”&7日後の色持ちを徹底検証してきます!

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ28選!

⇛【2019年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

【染毛実験】染まり具合、色味、色持ちは?

どのくらい染まるのか?を客観的に観るために4つの毛束を用意!

ブリーチ毛と7レベル程度に染めてある毛束をそれぞれ2つずつ用意。(どちらも人毛)

左側の2つはパッケージの説明に書いてあるとおり”濡れた状態で5分放置”

右側2つの毛束は”乾燥状態で30分放置”

私の経験上から言っても、ずえっったい乾燥状態で長く放置した方がより染料が定着します。濡れた状態と乾燥状態とでどの程度色の濃さや、色持ちが変わるのか?チェックしていこうというわけです。

左2つの毛束グループ⇛濡れた状態で塗布。5分放置

右2つの毛束グループ⇛乾燥状態で塗布。30分放置

そして今回実験に使っていく『アンナドンナエブリカラートリートメント』がコチラのブルーです↓
このような感じで毛束ちゃん達にぬちゃぬちゃっと塗って、放置していきます↓

濡れた状態5分放置グループと、乾燥状態で30分放置グループでどの程度染まるのか?を比較していこうというわけです。

そして、記事の後半では”7日後の色持ち”を検証するため、ただ7日感放置するのではなく”シャンプー”を7回ほど繰り返し、より現実に近い色持ち具合を検証していきます!

退色の原因は他にも紫外線などもありますが、やっぱり一番の退色の原因はシャンプーですからね。っというわけで早速”染毛直後”の毛束を見ていきましょう!↓

染毛直後の染まり具合チェック

左側2つが”濡れた状態で5分放置”のグループ。右側2つが”乾燥状態で30分放置したグループ”です。

正直言って、ブリーチ毛に関してはそこまで大差無く染まっております。ただ、、、パッケージに書いてあるようなブルーには染まらず、”ミントブルー”のような色味に染まっております。

それもそのはず!ブリーチ毛の元々の黄色とカラートリートメントの青色が混ざり合うと緑になります。

なので、いくらカラートリートメントが真っ青でも、元の髪の色が真っ白でも無い限り、パッケージのような青にはなりません。

そして、、、7レベルの毛束に関しては「ほんとに染めたんですか?!」っと苦情が来そうなほど分かりづらいです(汗)

一応染まっているのは分かるものの、暗くなっている”だけ”にしか見えません。

カラートリートメントにはあくまでも”染料を入れる”だけで、髪を明るくする作用はありませぬ。

なのでブリーチのように明るければ綺麗な色味が出ますが、逆に暗ければ、暗いほど色味が分かりにくくなるんです。

黒い画用紙に水性のマーカーでいくら頑張って色を塗っても、分かりづらいのと一緒ですね。

ただし!全く染まっていないわけじゃなく、日光などの明るい光に照らされるとふんわ~りと色味を感じます。

っということでクリップライトで照らして撮影。「オラオラ!本当は染まっているんだろ?!」っと刑事ドラマの取調室ばりに光を当てて撮影して行きます↓

ブリーチ毛束(染毛直後)

濡れた状態で5分放置した毛束↓乾燥状態30分放置毛束↓

まずはブリーチ毛束ですが、パッケージ通りの濡れた状態5分放置と乾燥状態で30分放置とでぜんっっぜん違う染まり具合です。

30分放置の毛束に関してはパッケージに近いブルーに染まっていますが、5分しか放置していない毛束は染料の定着が少ないせいかかなりくすんでおります(汗)

5分放置の毛束はもはや、青というか、、、緑が感じられる”ミントブルー”のような色味なんですよね・・・

個人的には”マット(緑)”系の色味は大好物なのですが、パッケージ通りのブルーに染めたい!と言う人からすると、ガッカリ感はあるかもですね(汗)

ただ、30分放置の毛束もマットな色味は感じられるものの、染料の定着が良いのかブルーに近い色に染まっています。

あなたが「よりブルーに近づけたい!」と言うならぜっったい乾燥状態で30分程度は放置するべし!

7レベル毛束(染毛直後)

濡れた状態で5分放置した毛束↓乾燥状態30分放置毛束↓

続いて7レベルの毛束同士を比較!明らかに5分放置したものよりも30分放置の毛束の方がガッツリ染料が入っています。

しっかり色を定着させたい方は、間違いなく乾燥状態で30分程度は放置するべきです。

が!やっぱり青じゃなくて”ミントアッシュ”って感じですね。くすんだ感じのミントアッシュのような色味に染まりました。

髪の毛の元々の色味と青が混じってしまうので仕方ないんですが「そんな事知らん!」っという人が殆どだと思います。

うーん。元々美容室なんかで”アッシュ系”に染めているような人で、染める前から黄色みが少ない人が”染料補給”する感じで使うほうが良いかも知れません。

7日後の色味や色持ちをチェック!

続いて7日後の色持ち具合をチェック!正直言って「カラートリートメントなんて即効で落ちるだろうなぁ~」と勝手に妄想していました。

ただ、実際に7日経過した毛束を見ると、意外と色持ちが良いっ!っと久々に興奮してしまいました。論より証拠ということで7日経過した毛束を御覧ください↓

ブリーチ毛束比較(7日後)

濡れた状態で5分放置した毛束↓乾燥状態30分放置毛束↓

どちらも思ったよりも、染料が残っており綺麗に発色しています。濡れた状態で5分放置の方が退色が激しく、黄色みが浮き出ている部分がチラホラ出ています。

30分の放置した毛束の方も染毛直後とよりは退色はしているものの、想像しているよりもしっかり色が残っておりまする。

こうやって比べてみると分かりますが、少しでもあなたが長く色持ちさせたいなら、やはり乾燥状態で30分位は放置した方が良いですね。

ただし!いずれにしても”青”というよりは、”青緑系”のカラーに染まるのは間違いないので、その点は要注意。

7レベルの毛束比較(7日後)

濡れた状態で5分放置した毛束↓

乾燥状態で30分放置した毛束↓

続いて7レベルの毛束ですが、こちらの毛束の方がブリーチ毛よりも退色具合が顕著に出ています。

5分放置の毛束はもはや既にただの”ブラウン”にまで退色していますが、30分放置毛に関しては”マットアッシュ”系のくすんだブラウンを保っております。

「カラートリートメントなんてすぐに色落ちするだろhahaha!」っとなめていましたが、意外にしぶとく染料が残っているのでびっくり。

髪の色を明るくしたりは出来ませんが、カラーして2,3週間経ち色味が落ちたのでカラートリートメントで染料を再補給するのはアリ!ですね。

【結論】狙った色に染めるのは難しい!ただし染料補給するにはアリ!

正直に言うとカラートリートメントなんて2,3日くらいで即効で色落ちするだろうと思ったのですが、1週間くらい経ってもしぶとく色が残っているのでビビりました 笑

ただ、髪の毛の色を明るくしたりはできません。通常のカラー剤と違って髪の”メラニン”をぶっ壊すことが出来ないですからね。
⇛【日本一わかりやすく解説】ヘアカラーで髪が痛む2つの原因と3つの対策とは?

なので、あなたがカラートリートメントを検討しているのであれば、既にカラーをしていることが大前提になります。

そして、感じたのが「狙った色にするのは難しいっ!」ということです。

既にカラーをている人だったら、髪に残っている色とカラートリートメントの色が混ざり合うし、髪の毛本来の色味も計算して色を選ばないと今回のように緑っぽくなったり、紫っぽくなったりとかイメージ違いが起こりえます。

もし、あなたが何かのイベントに合わせてカラーしようかな?っと考えているなら、イベント直前に染めるのはやめておくべきです。

「重要なデートの前の日にカラートリートメントで染めたけど、なんか緑になった!ヤバイヤバイ!」なんて事もありえますので(汗)

万が一、狙った色に染まらなくても大丈夫な日に一度染めて見て、テストカラーすることを強くオススメします。

カラートリートメントを検討しているなら是非是非、参考にしていただければ幸いです!

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。
もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2019年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最ッ高!の市販シャンプーランキング8選を発表します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者 元美容師M

元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。