【元美容師が解析】ルメント ブースターミストの5つの優秀成分とは?

元美容師Mです。

炭酸シャンプーといえばルメント!ってくらい炭酸シャンプーで有名なブランドのルメントですが
【元美容師が解析】最強の炭酸シャンプーはルメントで確定。

そのルメントからミストトリートメントが出ていたんで全力レビュー。

正直、成分を見るまでは「どうせなんとなく作ってみただけなんだろうな・・・」っと勝手に妄想してたんですが、成分をみて久々に興奮しました。笑

もし、あなたがミスト系のトリートメントを検討してるなら、間違いなく確実に検討するべきアイテムの1つです。断言できます。

では一体どんな成分が配合され、どんな特徴があるのか?!見ていきましょー!

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ記事30選!

⇛【2020年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2020年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

【全成分】ルメント ブースターミストの成分一覧

ルメント ブースターミストの現在の価格はコチラ↓

水、グリセリン、エタノール、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、アルガニアスピノサ核油、バオバブ種子油、テオブロマグランジフロルム種子脂、アボカド油、コメヌカ油、スクワラン、加水分解ケラチン(羊毛・羽毛)、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン、イソステアロイル加水分解コラーゲン、イソステアロイル加水分解シルク、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAP、ヘマチン、ヒドロキシエチルウレア、クオタニウム-18、クオタニウム-33、ポリクオタニウム-51、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、フラーレン、ローヤルゼリーエキス、オタネニンジン根エキス、マンダリンオレンジ果皮エキス、シャクヤク根エキス、ヒメフウロエキス、モモ葉エキス、レモングラス葉/茎エキス、マグワ根皮エキス、カンゾウ葉エキス、サッカロミセスセレビシアエエキス、カミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、トウキンセンカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、ユズ果実エキス、ダイズステロール、ジヒドロキシプロピルアルギニンHCl、アルギニン、アスパラギン酸、グリシン、アラニン、ゼイン、セリン、バリン、イソロイシン、トレオニン、プロリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、イソステアリン酸、乳酸Na、ヘキシレングリコール、コレステロール、ポリソルベート20、ステアルトリモニウムクロリド、BG、PCA-Na、PCA、ベヘントリモニウムクロリド、PEG-60水添ヒマシ油、DPG、PG、イソプロパノール、メチルパラベン、フェノキシエタノール、香料

ルメントのミストトリートメントに限らず、ミスト系のトリートメントはオイル系のトリートメントに比べてかなり”軽い”です。

ベース成分が水なので、1回でツヤっツヤにしたい!っというよりも、「ダメージを補修したい」「毛先のパサツキをまとめたい」

っと言った感じの人向きなので、その点は注意。(オイル系と併用するのもアリ!)

もし、あなたが自分にはどんなアウトバストリートメントが合っているのか?分からないというのであれば、以下の記事も合わせて参考にしてみてくださいね↓

⇛何が違うの?3種の洗い流さないトリートメント(オイル,ミルク,ミスト)元美容師が特徴と選び方を解説!!

ルメント ブースターミストの特徴的な成分とは?

成分1、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

私が大好きな成分がコレ!ただ好きなだけじゃなく、毛髪補修力がかなり高いと言われている成分なんですよ。コレが。

毛髪に付着すると1分程度で高速浸透&補修し続けてくれるという、優秀な補修成分の1つなんです。

私が一人で妄想を語っているわけじゃなく、以下のように実験データがでています↓

引用:旭化成ファインケムより

成分表を見るとかなり前半に記載されているので、このペリセアが高濃度で配合されているっと予想できます。

殆どのミスト系トリートメントはこのような補修成分が入ってないことが多いんですよねぇ・・・

成分2、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム

保湿成分の代名詞とも言える『ヒアルロン酸』の290倍も吸着力が高く、保湿力がかなり期待できるのが別名『ヒアロベール』のこの成分

引用:ヒアロベール

毛髪に吸着しやすいので、通常のヒアルロン酸よりもさらに毛髪保湿力に特化しているという成分です。

補修するというよりも保湿力に重点をおいた成分ですね。

成分3、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAP

キターー!最近流行りつつあるのが、セラミドという保湿成分ですね。

セラミドと一言で言っても、植物性から合成系、更には15倍もの保湿力を誇る天然ヒト型セラミドっというものもあるんです。


「天然ヒト型セラミド」の保水力・バリア機能改善効果は合成ヒト型セラミドの3倍、天然植物セラミドの15倍。
出典:https://www.takakura.co.jp/enjoy/labo/ingredients/ceramide/

※セラミドAP⇛セラミド6Ⅱ、セラミドNP⇛セラミド3 、セラミドNG⇛セラミド2

で、ルメントミストにはどのセラミドが入っているのよ?!っところですが・・・全部ですっ!

全部入ってます!

そう、ルメントミストトリートメントには天然ヒト型から、植物性セラミドまで全て配合されているんです。

まさか全ての種類が配合されているとは・・・恐るべし、ルメントミスト。

成分4、ヘマチン

これも私が愛している成分の1つ。もはや全てのシャンプートリートメントに配合してほしいくらいです。笑

で、ヘマチンにどんな効果が期待できるのか?!ですが、まとめてみるとこんな感じ↓

・ハリ・コシ感アップ
・カラーリングの発色アップ
・カラー退色防止
・紫外線防止
・頭皮の消臭効果
・髪や頭皮に残ってしまう、カラー、パーマ剤の残留液除去
・育毛、白髪防止効果に期待

引用:http://suncall-net.co.jp/product/r21.pdf

保湿力向上っというよりは、カラーやパーマの持ちアップ、ハリ・コシ感アップに期待できる成分ですね。

成分5、クオタニウム-33

毛髪表面のキューティクルを補修してくれる成分がコレ。毛髪に元々存在する18-MEAという保護成分の変わりを担ってくれる成分ですね。

毛髪に吸着しやすく、表面を補修する効果が優れている成分なんです。

出典:日本精化 ラノリン
※カチオンNH =クオタニウム-33

ペリセアでは髪の内部を補修し、クオタニウム-33で髪の表面を補修する、、、っと言った感じ。

上で紹介しただけでも、かなりGOOD・・・いやGODな成分郡なんですが、これ以外にも『リピジュア』やら『アルガニアスピノサ核油』なんかの保湿力が高い成分なんかも入ってますね。

正直、植物系の保湿成分とかは合ってもなくても良いんですが、かなり保湿力、補修力が高いと予想できます。

過去に見たミスト系トリートメントで、最強でしょ!っと思ったのが以下のプリュスオーなんですが↓

【元美容師が解析】プリュスオー ハイドロミスト 3つの神成分はコレ!コスパ最強だと思う理由。

これと同等レベルと言っていいくらい優秀な成分でした。笑

もし、あなたが「しっとり感も欲しいけど、ダメージ補修もしたい」っと言うならルメントミストはアリ!だと言えます。

プリュスオーと何が違う?どっちが良い?

ここで気になるのがプリュスオーとどっちが良くて、何が違うのか?っという点です。

一言で言うとコチラのルメントはより”しっとり感重視”一方、プリュスオーは”補修力重視”っという感じですね。

プリュスオーの成分を見てみると、ルメントより補修成分の配合量は多いです
【元美容師が解析】プリュスオー ハイドロミスト 3つの神成分はコレ!

どちらにも『ペリセア』は配合され、補修力が高いのは間違いないです。

ただ、プリュスオーの方は加水分解~系の補修成分やγ-ドコサラクトン、メドウフォーム-δ-ラクトン等の補修成分がある分補修力は高め。

っというとルメントの方が劣っている?!っと思われそうですが、ルメントにもコチラにしか入ってない成分はいくつもあるんですね。

特に『セラミドNG、セラミドNP、セラミドAP』や『ヘマチン』『リピジュア』などの保湿成分はコッチの方が多いです。

なのでもしあなたが「乾燥やパサツキが気になる」ならルメント ミスト
ルメントミストの現在の価格や詳細はコチラ!

カラーやパーマ等を頻繁に繰り返してダメージが気になる!ならプリュスオーを選ぶのが◎ですね
プリュスオーの現在の価格&詳細はコチラ!

【結論】ミスト系を探しているなら検討するべきアイテムの1つ

少し前まではミスト系のトリートメントって『加水分解ケラチン』がちょろっと入ってるくらいのものが多かったんですよね。

しかぁし!ルメントミストもそうですが、ミストトリートメントもどんどんクオリティが上がってますね。

もし、あなたが「しっとり感重視で髪のダメージを補修したい」っというのであれば、ルメントミストは必ず検討するべきアイテムの1つだ!っとネットの片隅で叫びたい。

ただ、いくらミスト系のアイテムを使おうがやはり一番重要なのは、シャンプーです。

毎日、直接頭皮や髪に触れ続ける洗剤がメチャ強力だったら、いくらミストでシュッシュと補修成分をふりかけても、ダメージが修復されるはずは無いので(汗)

まずは髪や頭皮にマイルドなアミノ酸系シャンプーを使い、その上でミスト系のトリートメントを検討する。っというのが私のオススメの使い方です↓
【元美容師が激選】髪質改善アミノ酸シャンプーランキングBEST5はコチラ

っというわけで、もしあなたがルメントミストの購入を迷っているならぜひぜひ参考に

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。

もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
元美容師が300種~使って分かった!縮毛矯正&パーマにおすすめシャンプー5選!

【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2020年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2020年版】市販シャンプーランキング8選と選んだ理由を発表します。

もし、あなたが当記事を読んで「面白かった!」っと感じたら、是非Follow!頂ければ幸いですm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者 元美容師M

元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。