ノンシリコンシャンプーできしむは大嘘です。髪がきしむ3つの理由はこれだ!

元美容師Mです。

シャンプーも最近は徐々に質が上がっているのでノンシリコンシャンプーでキッシキシになる!と言うことは少なくなりつつあります。

しかし!「ノンシリコンシャンプーできしむ」というのは実は”大嘘”なんです。

もし、あなたが「ノンシリコンシャンプーはキシキシ、バサバサになる!」と思っているのであれば、絶対に当記事に目を通してくださいね!

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ記事30選!

⇛【2019年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

シャンプーにシリコンを配合する目的とは?

そもそもシリコンの役割ですが、シャンプーに配合することによって、髪の毛の表面をコーティングし、「手触り感」「静電気防止」効果を期待することができます。

シリコンはあくまでも、”表面をコーティングするだけ”の成分なので、髪の毛を修復したり保湿させたりと言った効果は無いんです。

ただし!カラーやパーマ何かの美容院の施術をしてダメージを負った髪の毛は、髪の毛の表面キューティクルがボロボロになっている状態の場合が殆ど。

そこで、シリコンでコーティングすることで一時的に手触り感をアップさせ、櫛通りなど良くすることで2次的にダメージ防止効果を期待することは可能です。

ただ、市販のシリコンが配合されているシャンプーの殆どはめちゃくちゃ強力な洗浄成分を配合し、その洗浄力を誤魔化す為に、シリコンを配合して手触り感をアップさせているんです。

シリコン自体は悪ではないものの、シリコンが配合されているシャンプーは殆どが「ラウレス硫酸系」の究極に洗浄力が強いものがほとんどです。
ラウレス硫酸ナトリウムのシャンプーがゴミ過ぎる3つの根拠とは?

シリコンのデメリットは大嘘です。

ちなみにですが「シリコンが毛穴に詰まる」「シリコンがキューティクルを剥がす」「シリコンでカラー、パーマがかかりづらくなる」

と言った噂も多くありますが、全てウソだと実証実験で証明されています↓
シリコンシャンプーのデメリットは「全て嘘」検証実験で証明されています。

私も数多くのシャンプーを使ってきましたし、シャンプーの解析をしてきましたがシリコンの有無は評価に入りません。

シャンプーで最も重要なのは、間違いなく『洗浄成分』なのでシリコンが入っていようが入ってなかろうが、評価に関係無いって感じですね。

ノンシリコンシャンプーできしむ3つの理由とは?

ノンシリコンシャンプーでキシむと言う理由は分けて大きく3つ。

結論を行ってしまうと「ノンシリコン」だからきしむということは無いです。

理由1、洗浄成分が強すぎる

ノンシリコンシャンプーで最も多いと思われる理由がこちら『洗浄成分が強すぎるッ!』ということです。

市販品でキシキシになるノンシリコンシャンプーは洗浄力が強い成分を配合したまま、シリコンだけ抜いているので、使えば使うほどパサパサになっていきます。

洗浄力がメチャ強力なクセに、ノンシリコンブームに乗っかりたいからと言って、手触り感の上がるシリコンの配合をやめればそりゃキシキシになるのは当たり前です(笑)

市販のシャンプーは原価を抑えたいためがに、安価な洗浄力の強い成分を使ったまま、「シリコン」で誤魔化すことすら放棄しているので使えば使うほど痛むということです。

理由2、髪の毛がダメージを負いすぎている

私が愛して止まない、髪の毛に超優しいアミノ酸系の洗浄成分を使っているノンシリコンシャンプーを使ったとしても、ヘアダメージが強すぎればパサツいてきます。

シャンプーはあくまでも髪や頭皮を洗浄するもの。

もし、あなたの髪がダメージをかなり負っている状態であれば、いくら優しい、優しい洗浄成分のノンシリコンシャンプーを使ってもパサつくものはパサツキます。

もちろん、市販品のようなラウレス~で作られた製品を使うよりもダメージが抑えられるのは間違いないです。

ただ、ハイダメージで「髪がパサつくわぁ」と感じるのであれば、トリートメントも併用してヘアケアしましょうね。

理由3、ヘアケアが疎かになっている

これは上記の「既に髪が傷んでいる」に近いものがあるのですが、シャンプー後のケアをしていないと、キシキシしたりパサ付く可能性がかなり高いです。

特に「髪を自然乾燥させない」というのは超重要です。

なぜなら髪の毛は、水に濡れると髪が膨潤して、キューティクルが開くという性質があります。

水分を吸収して、キューティクルが開いてもしっかりドライヤーを使って乾かせば濡れる前と同じように、ピタッと閉じます。

しかし!「髪の毛を乾かすなんてめんどくさい!」とドライヤーで乾かさなければ、キューティクルが完全に閉じずに中途半端に開いた状態で乾いてしまうんです。

キューティクルが開いたままの状態だと、髪の毛同士の摩擦だったり、櫛を通す時も引っかかりまくるので余計にダメージを負ってしまいます・・・

1回、2回であればダメージなんて極々少ないものですが、シャンプーって大体毎日しますからね。

毎日、毎日開きっぱなしになると、ジワジワダメージを負っていきます。

しかも、ノンシリコンシャンプーの場合だと、表面を保護する成分が配合されていない場合もあるので、シリコンよりも更に引っかかりを感じやすくなるわけです。

当記事をここまで読んで頂いているあなたは、かなり美意識が高いはずですので、ぜったいドライヤーで乾かしましょう!

『ノンシリコン』に踊らされるな!

まずあなたに知っていただきたいのは『ノンシリコン』というキーワード自体、シャンプー業界がシャンプーを売りたいために打ち出されたコピーという事です。

「ノンシリコン!!」とデカデカと書かれば、消費者からすれば「えっ?!シリコンってなんか悪いの?」という心理状態になりますからね。

私が愛用しているシャンプーの広告も「ノンシリコンっ!」と記載しているものもありますが、別にノンシリコンという面は評価の対象にしていません。
元美容師Mの全知識、経験を注ぎ込んだ本気のシャンプーランキング一覧(暫定)

もし、あなたが髪や頭皮に優しいシャンプーを使いたいのであれば、ノンシリコンがどうのこうのよりも、「洗浄成分が何が配合されているか?」を見るようにしてください。

シリコンの有無にかかわらず、洗浄分がメチャ強ければ、365日毎日毎日髪や頭皮を痛めつけることになります。

当記事をココまで読んで頂いたあなたには少しでも美髪を保っていただきたいので、ぜーーーったい!自分が使おうとしているシャンプーの洗浄成分は何が配合されているのか?を見るようにしてくださいね。

そして!「このシャンプーの成分はどうなんだろう?」「どうすれば髪の毛がもっと良くなる?」などがあれば是非当ブログのコメント欄にて、質問を投げかけて頂ければと思います。

全ての要望に応えられるとはいえませんが、あなたの美髪の為になる情報は出し惜しみなく提供したいと思っています。

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。
もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2019年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2019年版】市販シャンプーランキング8選と選んだ理由を発表します。

もし、あなたが当記事を読んで「面白かった!」っと感じたら、是非Follow!頂ければ幸いですm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者 元美容師M

元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。