【元美容師が解析】ステマに注意!マーキュリーデュオシャンプーの成分を全力で評価した結果

元美容師Mです。

最近ドラッグストアを徘徊するのが趣味になっている私ですが、またしても「シャレオツゥゥ」なシャンプーを見つけてしまいました。

ちょっと調べてみると、MERCURYDUOというアパレル会社が販売しているとか何とかだそうで・・・

「おいおい、シャンプー業界はそんなに甘くないよ?」とぶつぶつ呟きながら、本気で解析してみました。

もし、あなたがドラッグストアでマーキュリーデュオシャンプーを買おうかどうか迷っているのであれば、是非当記事も参考の1つにして頂ければ幸いです。

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ28選!

⇛【2019年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

【最重要】マーキュリーデュオシャンプーの洗浄成分は?

芸能人がゴリ押ししていようが、パッケージが超絶おしゃれでも、まだ購入しては駄目です。というのもシャンプーで最も大事なのは、ぜっったいに「洗浄成分」。

なぜなら、シャンプーの成分は7割が水であとの2,3割が洗浄成分で残りの数%がその他の成分で構成されているので、最も影響力の高い成分が洗浄成分ということです。

もし、この洗浄力が暴力的に強い成分であれば、シャンプーをする毎に365日もの間髪と頭皮をイジメ続けることになるのです。

髪の毛や頭皮をケアしたい!ということであれば、絶対、絶対、絶対洗浄成分はクルッとひっくり返して確認してくださいね。

という前置きを置いた上で・・・マーキュリーデュオシャンプーの全成分がコチラ↓

水、ココイルグルタミン酸、コカミドプロピルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドDEA、ヤシ油脂肪酸PRG-7グリセリル、塩化Na、BG、ポリクオタニウム-10、トレハロースヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、クオタニウム-33、海水、フムスエキス、ヤシ油、ゴマ油、パコパモンニエリア油、アンマロクエキス、クルクママアングスチフォリア根茎油、ストリクノスポタトルム種子油、ミロバラン果実油、ベチベル根油、アダン油、ビャクダン油、テルミナリアベリリカ果実油、テルミナリアアルジョナ樹皮油、ヨウサイ油、ベンガルカラタチ葉油、アロエベラ葉エキス、ライム油、ヒマシ油、アザジラクタインジカ葉油、ナンバンアイエキス、クリヌムゼイラニクム油、テツザイノキ樹皮/葉油、キンマ葉油、ツボクサエキス、ツルノゲイトウ油、マンゴー種子油、タカサブロウ葉油、モノコリアハスタタ油、バターエキス、コスキニウムフェネストラツム茎油、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、アルギニン、リシン、トレオニン、プロリン、バリン、アスパラギン酸、ヒスチジン、イソロイシン、フェニルアラニン、乳酸Na、PCA、PCA-Na、ベタイン、ソルビトール、メチルパラベン、フェノキシエタノール、香料

黄色でマーキングしている成分が、シャンプーの命とも言える「洗浄成分」です。

これらの成分だけ抜き出してみると↓

ココイルグルタミン酸、コカミドプロピルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNa

最も多く配合されているのが『ココイルグルタミン酸』というアミノ酸系の洗浄成分ですね。

髪や頭皮と同じ弱酸性の性質なので、刺激性もめちゃ低いのでアミノ酸系の洗浄成分はシャンプーに最も適している成分だ!と断言できます。

しかし!『ココイルグルタミン酸』でも『ココイルグルタミン酸2Na』とその他の『ココイルグルタミン酸TEA』や『ココイルグルタミン酸Na』では性質が異なってきます。

前者の2Naの場合であれば、アミノ酸系の中でもかなり強力な洗浄力を誇るので、ダメージ毛や乾燥毛の人が使えばパサつく可能性があるといえます。

逆に後者のTEAやNaであれば同じココイルグルタミン酸でも洗浄力はかなりマイルドで、保湿力も高いのでパッサパサになる!ということは無いハズです。

※これで駄目なら、他の何を使ってもパサつきます。

ただ、今回のマーキュリーデュオシャンプーは『ココイルグルタミン酸』としか記載されていないので、謎。(汗)

あちこち口コミなど見たかんじですと、「仕上がりがつるつるになる!」という口コミが多いので後者の方だとは思われます。

次点で含まれている『コカミドプロピルベタイン』はベビーシャンプーにも含まれるほど、超低刺激&マイルドな洗浄力。

よく市販の1000円以下の安価なシャンプーの洗浄力を抑えるために配合されている成分ですが、悪くない成分です。まぁプレミア感などは皆無ですが・・・

そして更に次点で含まれているのが『ラウロイルメチルアラニンNa』というこれまたアミノ酸系の洗浄成分。

コチラに関しては、ココイルグルタミン酸と同様、洗浄力もマイルド&マイルドでしっとりした仕上がりになる成分です。ややココイルグルタミンより強いかな?くらいな感じです。

もし、ベースの洗浄剤が『ココイルグルタミン酸TEA or Na』だと仮定すれば総合的にみてかなーーーりマイルドな洗浄力で、ダメージ毛、乾燥毛に適している!というのが私の意見です。

ただ、ベタイン系の洗浄成分が多く配合されている事が予想されますので、よーーく洗い流さないと逆にべたつく可能性がかなり高いのでそこは注意です。

できれば、ベタイン系もアミノ酸系成分にしてもらえれば最高っ!!なのですが、さすがにこの価格でそこまで要求するのは酷かもしれませんね。。。

油、油、油

洗浄成分に関しては完全にアミノ酸系では無いものの、全ての成分がマイルドで市販としては合格っ!と言いたくなる出来です。

しかし!洗浄成分以外の髪の毛の保湿、補修成分に関しては「Theビミョウ」と言わざるをえないです。

というのもこれでもかっ!!と言うくらいに油系の保湿成分がぶち込まれているので「べっとベトになるのでは?」というのが私の意見です。

ヤシ油、ゴマ油、パコパモンニエリア油、アンマロクエキス、クルクママアングスチフォリア根茎油、ストリクノスポタトルム種子油、ミロバラン果実油、ベチベル根油、アダン油、ビャクダン油、テルミナリアベリリカ果実油、テルミナリアアルジョナ樹皮油、ヨウサイ油、ベンガルカラタチ葉油、アロエベラ葉エキス、ライム油、ヒマシ油、アザジラクタインジカ葉油、ナンバンアイエキス、クリヌムゼイラニクム油、テツザイノキ樹皮/葉油、キンマ葉油、ツボクサエキス、ツルノゲイトウ油、マンゴー種子油、タカサブロウ葉油、モノコリアハスタタ油、バターエキス、コスキニウムフェネストラツム茎油

「これは油かな?」と言いたくなるほどの油類が配合されています。

オイル系の成分は髪の毛の表面をコーティングすることで、しっとりと重くする性質はあるのでオイル成分自体悪!というわけではないです。

が!私にはこれほどまでに多くの油を配合する意味がわかりませんし、必要性も感じません。

恐らくノンシリコンを謳いたいがために、表面をコーティングするシリコン類の変わりに油でコーティングするという狙いがあるのでしょうけどね・・・

確かに洗い上がりのファーストタッチはしっとりするので「このシャンプー良い!」と感じますでしょうけど、あくまでも表面に油を塗っている感触で、髪が補修されるというわけではない点に注意。

宣伝方法が不気味すぎる・・・

直接成分とは関係ないですがこのシャンプーをリサーチしてみるとやたらと「インスタグラムで有名人が愛用!」とかいう宣伝文句を超目にします。

芸能人や有名モデルが自身の顔面とともに「これめっちゃいい~」と紹介しているのをかなり見かけますが、私の意見ですが顔面を一緒に写す必要性があんまり感じられないんですよね。

シャンプーを宣伝したいなら、サラッサラの髪を写したほうが読者さんの為になると思うのですが・・・

恐らくいくらかの宣伝費をもらって、発信している可能性が高いですが、みんなが一斉に同じように宣伝しているのが不気味すぎる。

【結論】悪いシャンプーではない!が補修成分は皆無。

内容成分としては洗浄成分もかなりマイルドですし、ダメージ毛の人でもこれ使って「パッサパサになる」ということは無いはずです。

ただ、毛髪の補修成分はほぼ皆無で、たくさんの油が配合して表面的な手触りをどうにかよくしようとしている点があまり好きじゃないシャンプーですね・・・

ただでさえ、べとつきやすいベタイン系が多く含まれ、その上で油系が多くぶち込まれているので、頭皮や髪に残留し痒くなる可能性が高いといえます。

もしあなたがこのシャンプー使う際はいつもの2倍以上超たっぷりしっかりすすぎましょうね。

1500円程度なら試してみるのもあり!だと思いますが(私がドラッグストアで見たときは1500円前後だった)3000円程度ならこれ以上のシャンプーはいくらでもあるのでこのシャンプーを選ぶ必要性は感じられませんでした。

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。
もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2019年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最ッ高!の市販シャンプーランキング8選を発表します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者 元美容師M

元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。