【元美容師が解析】アミノレスキューシャンプーの成分は平凡だと思うよ。

元美容師Mです。

今回はアミノレスキューシャンプーを元美容師目線で成分を解析&レビューしていきたいと思います。

なにか未来的なボトルパッケージで、なんとなく使ってみたい欲が湧いてくるパッケージですね~

パッケージ的には先進的で未来的で思わず「使ってみたい!!」と感じさせる「しゃれおつ」なパッケージですが、まだ惑わされてはいけません。

もしあなたが、アミノレスキューの購入検討しているなら、絶対絶対などんな中身で設計されているシャンプーなのか?を見るべきです。

ということで私元美容師Mがシャンプーの成分を徹底解析してみたので、参考の1つにしてみてくださいね!

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ記事30選!

⇛【2019年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

【最重要】アミノレスキューシャンプーの洗浄成分は?

それは・・・シャンプーを新しく購入検討する場合は、必ず、必ず!シャンプーの命とも言える、洗浄成分から見ていただきたいのです。

というのもシャンプーの成分の大部分を占めるのが、洗浄成分。

この洗浄成分が強力すぎたり、刺激性が高かったりすれば、シャンプーをする度に365日毎日刺激を与え続けることになりますからね。必ず洗浄成分は見るようにしましょう!

では今回のアミノレスキューシャンプーの全成分がコチラ↓

水、コカミドプロピルベタイン、ラウラミドDEA、ココイルメチルタウリンNaラウロイルサルコシンTEAココイルグリシンNaココイルグルタミン酸Kココイルグルタミン酸TEA、ココイルグリシンK、リゾレシチン、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、リシン、アルギニン、卜レオニン、プロリン、ビオチン、加水分解ケラチン(羊毛)、ザクロ果実エキス、褐藻エキ、香科、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、エチドロン酸、エチドロン酸4Na、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-7、ブチルカルパミン酸ヨウ化プロピニル、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、BG、グリセリン、オレイン酸ポリグリセリル-10、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ヘマトコッカスプルビアリスエキス、ステアリン酸ポリグリセリル-10、トコフェロール、フェノキシエタノール、エタノール、グルコシルルチン、ベタイン、PCA-Na、ソルビトール

黄色にマーキングしている成分が、シャンプーの命とも言える洗浄成分であります。

この成分だけピックアップしてみましょう!↓

コカミドプロピルベタインココイルメチルタウリンNaラウロイルサルコシンTEAココイルグリシンNaココイルグルタミン酸Kココイルグルタミン酸TEA、ココイルグリシンK

何やら色々な成分が打ち込まれていますね。個人的には3,4種類くらいに抑えていただいたほうが嬉しいです。

成分が多ければ多いほど、それだけアレルギーを起こしたりする可能性も高くなりますからね。確率的にはかなり激低ですが、優れた成分を少ない成分で構成したほうがいいのが間違いないです。(解析的にも(笑)

で、成分の方ですが一番成分量が多いのが『コカミドプロピルベタイン』という成分が最も多い成分です。

ベビーシャンプーなんかにも含まれるくらいに、超低刺激、低洗浄力の成分でよく、市販のシャンプーの刺激緩和成分として配合されていることが多い成分ですね。

500円とかのシャンプーとかにも多く含まれている成分なので、プレミア感は無いですが、刺激は低いので悪くない成分だといえます。

更に次点の洗浄剤に目を向けてみると、「ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルサルコシンTEA」が含まれていますね。

アミノ酸系の洗浄剤で、比較的マイルドではあるものの、アミノ酸系の中ではやや洗浄力が高い成分です。

とは言え刺激性も低く、一般的に多く含まれる高級アルコール系の洗浄成分に比べれば、かなり優しいので、この点に関してはGOOD!

全体的に見ると、ややマイルドですし、もしあなたの髪のダメージがミドルダメージ以下であれば、そこそこの満足感は得られるかと。

ただ、「アミノレスキュー」という商品名にもかかわらず、成分の殆どがアミノ酸系じゃないのは「なんだかなぁ」って感じはしますが・・・

洗浄成分以外の補修成分は?

洗浄成分の他の成分についても注目してみると、アルギニンなんかアミノ酸成分も含まれてはいます。

一応、血行促進効果が期待できる成分、、、ということですが、ぶっちゃけあってもなくても変わらないと思います。汗

というのも元々、これらのアミノ酸系成分って、髪の毛の補修のために開発されたってわけでもなく、血行促進効果がある成分をシェンプーにぶち込んでいるって感じです。

無いよりはあったほうが、0,01%くらい血行促進するかな?ってくらいに考えたほうが無難かと。

髪の毛の補修成分的には、加水分解ケラチン(羊毛)という成分が見受けられますね。

これは髪の毛と同じ成分ケラチンの髪の奥まで浸透するように開発されている成分なので、結構3000円超えのシャンプーとかにも配合されている良成分!

ハリ・コシ感アップや期待できます。(あくまでもシャンプーの副成分なので過度の期待は禁物!)

【結論】可もなく不可もない。凡シャンプーかと思われます。

洗浄成分は市販としては、比較的マイルドなのでダメージが~ミドルくらいの人であれば悪くはないかなぁ?といった感じ。

もしあなたがそんなにダメージは気になっていない、バージン毛の人とかであれば、1500円程度で手にすることができるので、そこそこの満足感は得られると思われます。

逆に、「2ヶ月に1回以上カラー、パーマなど美容院で施術するわ!」ということであれば、やや洗浄力がアミノ酸系のなかでは強めなのでパサつく可能性は高いと思われます。

(施術の内容にもよりますが、あくまでも目安)

本当に髪がパサつく!髪がまとまらない!とダメージが気になるのであれば、「すべての洗浄成分がアミノ酸で設計されているシャンプーを使うべきだ!!」と言うのが私の意見です。

もし、あなたがどのシャンプーを使っても、なんだかイマイチ・・・であれば、私元美容師Mの経験と知識を全力でぶち込んだ、ステマなしのランキング記事も是非、参考にしてくださいね。
元美容師Mの全知識、経験を注ぎ込んだ本気のシャンプーランキング一覧(暫定)

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。
もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2019年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2019年版】市販シャンプーランキング8選と選んだ理由を発表します。

もし、あなたが当記事を読んで「面白かった!」っと感じたら、是非Follow!頂ければ幸いですm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者 元美容師M

元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。