【元美容師が解析】本当に赤ちゃん向き?オルナオーガニックベビーシャンプーの成分を全力でレビュー!

元美容師Mです。

オルナオーガニックベビーシャンプーの成分を解析&全力レビューしていきます!

ベビーシャンプーなのに「強洗浄成分が使われている!」って点と「ゴチャゴチャと植物成分を入れすぎ!」ってのが私が成分を見た感想です。

ベビーシャンプーならもっと、もっとシンプルに低洗浄成分で余計な成分をなるべく配合しない方が良いと思うのですが・・・

っということでどの成分が強い洗浄成分なのか?保湿成分は優れているのか?!解説していきますね!

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ記事30選!

⇛【2019年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

【最重要】オルナ オーガニック ベビー(ALLNA ORGANIC BABY)シャンプーの洗浄成分は?

シャンプーを選ぶ際に何としても、チェックして頂きたいのが「洗浄成分」がどのような成分が使われているのか?という点です。

どんなに「保湿成分をタップリ配合!」っと書かれていても、シャンプーの成分の内60~70%くらいは水と洗浄成分。

水は何をどう頑張っても水に変わりないので、シャンプーに置いて最も影響力があるといえる成分がこの「洗浄成分」ってことですね。

どんなに保湿成分配合していようと、洗浄力が高い成分が多く使われていたらほぼ無意味です・・・

っということで『オルナ オーガニック ベビーシャンプー』の全成分がコチラ↓

水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタイン、ペンチレングリコール、コカミドDEA、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、水溶性コラーゲン、サクシノイルアテロコラーゲン、ヒアルロン酸クロスポリマーNa、加水分解コラーゲン、セラミドNP、ラベンダー油、オレンジ油、ローマカミツレ花油、ティーツリー葉油、ツボクサエキス、オレンジ果実エキス、レモン果実エキス、キハダ樹皮エキス、マンダリンオレンジ果皮エキス、オウゴン根エキス、イタドリ根エキス、ソメイヨシノ葉エキス、サトウカエデエキス、カンゾウ根エキス、チャ葉エキス、ヒメフウロエキス、ラベンダー花エキス、カミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、トウキンセンカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、ユズ果実エキス、ビルベリー果実エキス、サトウキビエキス、リン酸アスコルビルMg、グリチルリチン酸2K、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、シア脂、アスコルビルグルコシド、グリセリン、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ポリクオタニウム-10、エチドロン酸、クエン酸、クエン酸Na、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、BG、フェノキシエタノール

黄色にマーキングしている成分が洗浄成分ですね。洗浄成分だけ抜き出してみるとこんな感じ↓

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタイン

ザ・シンプル!なのは素晴らしいです。素晴らしいんですが・・・

ぐぬぬっ、ベビーシャンプーにも関わらず私が以前から嫌悪している”ある強力な成分”が配合されています。

では洗浄成分の特徴を1つずつ見ていきましょう!

洗浄成分1、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

コレぇぇ!私が洗浄成分の中でも最も嫌悪している成分がこの『オレフィンスルホン酸』という成分です。

っというのもシャンプーの洗浄成分の中でも、トップクラスに洗浄力が高いと言われている「ラウレス硫酸Na」っと同等レベルの洗浄力を誇る成分なんですよ。
ラウレス硫酸ナトリウムのシャンプーがゴミ過ぎる3つの根拠とは?

危険性があるとかではないのですが、脱脂力、洗浄力はシャンプーの洗浄成分の中でもトップクラスなので、お肌や髪の乾燥を感じる可能性が高いです。

ベビーシャンプーならこのような高級アルコール系の成分じゃなくても、他にアミノ酸系や、酸性石鹸系の成分などいくらでもマイルドな成分があるのに、なぜオレフィンスルホン酸が配合されているのか?謎すぎます(汗)

更に商品の説明を見ると「ラウレス硫酸Naなどの硫酸系の洗浄成分も使用しておりません。」

っといかにも優しい成分のみが配合されているかのように表記しているにも関わらず、ラウレス硫酸NAと同等レベルの成分を配合しているってどうなんでしょ?

最近は「ラウレスって書いてあるシャンプーは止めておいたほうが良いらしい」っと一般的に広まってきているのもあって、同様に”サルフェート(硫酸系)フリー”と書かれているシャンプーが多くなってきました。

が!結局ラウレス硫酸系と同等の成分が配合されているってケースがかなり多いんですよね。
「サルフェートフリーシャンプー=良い」は大間違い!3つの選び方を解説します。

私はあまり誠意のある表記の仕方だとは思えませんでした。

洗浄成分2、コカミドプロピルベタイン

こちらは上記の成分と打って変わって、ベビーシャンプーに配合されるようなマイルドな成分。

硫酸系のようなメチャ強い成分の洗浄力を抑えるため&気泡力アップの為に、どんなシャンプーにも大抵配合されている成分です。

特に珍しくもなんとも無い成分ではありますが、この成分単体でいえばマイルドな洗浄力で悪くないです。

せめてこの成分がもっとも配合量の多い成分だったら、まだ良かったのですが・・・

総合的に見ると、一般的な洗浄力の高い市販シャンプーと同等の洗浄成分が配合されています。

メチャ強い洗浄成分+ベタイン系で洗浄力を幾分か抑えるといった、典型的なダメシャンプーの鉄板構成ですね。

ベビーシャンプーなので、洗浄成分自体の配合量が少なめになっている(?)

可能性もありますが、そのような表記は無いですし、、、ウーンもうちょっとマイルドな成分を配合して欲しいってのが本音ですね。

ここが良いよ!3つの優れた保湿成分とは?

洗浄成分は正直言って、市販レベルです。ただ、それとは逆に保湿成分に関してはなかなか力が入っている印象。

っというのも、みんな大好き!保湿成分”ヒアルロン酸”のオンパレード!!なんです。笑

保湿成分1、ヒアルロン酸Na

もはや説明不要の保湿成分。たった1gで6リットルもの水分を抱え込むことが出来ると言われているほどの保湿力を誇る成分です。

保湿成分2、アセチルヒアルロン酸Na

『アセチルヒアルロン酸Na』は別名「スーパーヒアルロン酸」と呼ばれ、ヒアルロン酸の2倍の保湿力を誇る保湿成分です。

私が以前紹介した、神シャンプー『無印良品エイジングケアシャンプー』にもこの成分が配合されています↓
⇛【元美容師が解析】コスパ最強。無印良品エイジングケアシャンプーの成分が神レベルだった。

保湿成分3、ヒアルロン酸クロスポリマーNa

こちらも只のヒアルロン酸ではなく、通常のヒアルロン酸よりも保湿持続力が高いヒアルロン酸のパワーアップバージョンとも言える成分です。

私がテキトーに妄想で語っているわけじゃなく、このように一定の効果が期待できる!という検証結果も発表されています↓

引用:ヒアルロン酸クロスポリマー-2-Na

ヒアルロン酸単体でもかなりの保湿力を誇るというのに、「一体どれだけ保湿しちゃうんだ?!」って感じです。

あくまでも、保湿成分なので毛髪の補修力に関してはそこまで期待できませんが、使った”直後”はしっとり感が感じられるかもしれませんね。

保湿成分だけで言えば、素ん晴らしい!!です。

【結論】保湿成分はGOOD!だけど気になる2つの懸念点とは?

保湿成分に関しては、文句無しっ!です。通常のヒアルロン酸に加えて、パワーアップ版とも言えるヒアルロン酸を2種配合している点を考えると、保湿力はなかなか高そうに感じます。

ただ、、、私が「これベビーシャンプーに向いているとは言えないなぁ」っと思っちゃう2つの懸念点があります。

懸念点1、洗浄成分が強力な高級アルコール系成分がメイン成分になっていること。

もちろん、危険性があるとかではないのです(当然だけど)ただ、ラウレス硫酸フリーと書いておきながら、ほぼ同等の洗浄成分を配合する意味がちょっと分かりません・・・

これで、洗浄成分がアミノ酸や弱酸性石鹸系の成分など、少しでもマイルドな成分だったら評価も変わってきます。

が!コストを抑えるためか高級アルコール系をメインに使用している時点で私は絶対に使いたくないですね。

懸念点2、ベビーシャンプーなのにあれこれとゴチャゴチャ成分を入れすぎ!って所です。

私が本当に理解できないのがコレ。

成分表を見るとヒアルロン酸意外にも「ラベンダー油、オレンジ果皮油、オレンジ果実エキス等など」どんだけ植物エキス入れるんだ?!ってくらいゴチャゴチャと成分が入っています。

植物性の成分=刺激が無いっと勘違いしちゃいますが、配合されている成分が多ければ多いほど、刺激やアレルギー体質に引っかかる可能性が高くなります。

特に”ラベンダー油、オレンジ果皮油”辺りなんかは、刺激性が強い成分と言われているので気になるところ。

自分が使う分には「ああ、何かヒリヒリするから止めとこ」っと使用を中断できますが、意思表示がまだ出来ない赤ちゃんには私は使いたくないなぁってのが本音です。

保湿成分だけみると良シャンプーですが、洗浄成分が強いし、ベビーシャンプーなのにこれだけゴチャゴチャエキス類入れちゃったら、普通のシャンプーとそんなに変わらないような・・・

少なくとも私は自分の赤ちゃんには使いたくないシャンプーですね。

もし、あなたがオルナ オーガニック ベビーシャンプーを検討しているなら、参考の1つにして頂ければ幸いですm(_ _)m

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。
もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2019年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2019年版】市販シャンプーランキング8選と選んだ理由を発表します。

もし、あなたが当記事を読んで「面白かった!」っと感じたら、是非Follow!頂ければ幸いですm(_ _)m

3 件のコメント

  • ジン より:

    記事を書いていただきありがとうございます。知りたい内容がすべて入っていてとても良い勉強になりました!

  • より:

    はじめまして。この記事に関しての質問ではないのですが、アミノレスキュー クラフトボタニカル シャンプーの解析をお願いしたいです。よろしくお願いいたします。

    • ブログ運営者 元美容師M ブログ運営者 元美容師M より:

      はじめまして!私もちょっと気になっているシャンプーなので後々レビューしてみようかと思います( ̄ー ̄)ニヤリ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ブログ運営者 元美容師M

    元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。