ボタニストシャンプー 全4種類の違いと選び方。あなたはこれを選べばOK

元美容師Mです。

数年まえからちょくちょく「市販の中で良いシャンプー」と話題に上がるボタニカルシャンプーですが、全く違う3つのラインナップが用意されているのでどれを使えばいいのか?分からない!と言う人もいるかと思います。

と言うことで、今回は「ボタニストが気になるけれど、3つの中のどれを使えばいいの?!」と迷いに迷っている、あなたの為に元美容師の私が超本気で選び方を伝授していきます。

それでは、LET’S GO!!
【割引クーポン有!】全4種類のボタニストシャンプーの現在の価格、詳細はコチラ!

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ記事30選!

⇛【2019年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

シャンプーを選ぶ前に己を知れっ!あなたはシャンプーに何を求める?

焦ってシャンプーを購入する前によく考えて貰いたいのが、あなたの髪質の状態とシャンプーに何を求めているのか?を自問自答してみてください。

私が美容師時代にも「とりあえず良いシャンプーが欲しいのよ!」と言われる方もいたのですが、超、超重要なのがまずは自分を知ること。

美容室であれば、直接髪の毛に触れることやそのお客様のヘアスタイルの傾向などから、いくらでも提案する事が可能です。

が、これが市販のシャンプーを購入するとなると自分の今の髪質や、求めるスタイルをしっかり把握しなければお金をドブに捨てることにもなりかねません。

いくらダメージが気になるからと言ってもあなたの髪が細毛猫っ毛だった場合、しっとり系のシャンプーを使ってしまえば、ベットベトになる可能性が非常に高いですし、頭皮が弱い人であれば痒みが出たり、出来ものがでる可能性だってあるのです。

周りの人が「このシャンプー良い!」と言っているシャンプーでも「それがあなたにもそのまま当てはまると言うわけではないっ!」と言うことですね。

そりゃそうですよね。100人いれば100人とも髪質、頭皮の状態、ダメージ具合全員違うのは当然。

ですからしっかり自分の状態を知り、求める物に応じたシャンプーを選んでいきましょう!

ボタニスト4種類の特徴と違いとは?

私がこの記事を書いている時点では、ボタニストには『スカルプ、スムース、モイスト』の3種類のラインナップが用意されています。

※2018年9月に新たにダメージケアのラインナップが追加されました。

スカルプ<スムース<モイストの順でしっとり感が強くなってくると考えればOKです。つまりモイストが一番重い仕上がりで、スカルプが最も軽い仕上がりになるという事ですね。

と言うことでスカルプから順にどういう髪質の人がどういう目的の人で使うべきなのか?を1つずつ紹介していきます。

【ボタニストスカルプ】 頭皮ケア用向け 最も軽い仕上がり

スカルプ=頭皮という名称の通り、髪の毛に対して保湿成分や補修する成分なんかは殆ど含まれていません。

ただ洗浄成分に関しては、1000円以下の市販シャンプーなどと比べると、比較にならないくらい低刺激かつマイルドな洗浄成分なので多少、敏感肌の人にもオススメ出来ると言えます。

スカルプを謳う割には、これと言った育毛成分とかフケ防止成分とかが多く含まれているわけでもなく、しいて言えばグリチルリチン酸という消炎作用のある成分が含まれているので、痒み防止にはなるかな~といった程度。

本気の本気で頭皮ケアに悩んでいるのであれば、物足りない感はかなり感じる物の「髪のダメージはそこまで気にしていない」「頭皮のニオイや油分が気になる」と言った人であれば、ボタニストスカルプを選択するのも1つではありますね。

ボタニストスカルプが向いている人:

「頭皮の油分が気になる」

「カラーパーマなどの施術をそこまでしていない」

「猫っ毛で他のシャンプーだとペタっとしてしまう人」

より細かい解析はこちらも参照してくださいね。

⇒【解析】ボタニストシャンプー(スカルプ)の成分を元美容師が評価。使うべき人、止めるべき人教えます。

【ボタニストスムース】 最もバランスのとれた優良シャンプー ライトダメージ向け 軽い仕上がり

私がボタニストの中で一番おすすめ!と断言出来るのがこのスムースであります。

高価なシャンプーに比べてしまえば、「やっぱり洗浄力は高いなぁ」と感じてしまう物の市販のシャンプーとしてはかなり刺激もマイルドですし、洗浄力も控えめに設計されています。

流石ボタニカルを謳うだけあって、殆どの洗浄成分がアミノ酸系の成分で構成されているのですが、1つ懸念されるのが『ラウレス-4カルボン酸Na』という洗浄成分。

一般的に普及しているような、ラウレス硫酸ナトリウムなどよりかはかなり優しいものの、折角ここまで優しいアミノ酸シャンプーで構成するのであれば、全ての成分をアミノ酸系にしてコダワリ抜いて欲しかった。。。1500円弱という価格設定では、贅沢を言いすぎかもしれませんがw

洗浄成分については、アミノ酸系シャンプーとしてはやや強力な物の、髪の毛にハリコシ感を与える『加水分解ケラチン』『加水分解コラーゲン』なども配合されているのでボリューム感アップも多少期待出来ます。

「それほどダメージが無い細毛の方」や「髪の毛を立ち上げたり、軽いスタイルを求めている方」向けのシャンプーだと言えますね。

ボタニストスムースが向いている人:

「細毛でダメージはそこまで気になっていない方」

「ヘアスタイルにボリューム感を求める方(ショートヘア、ライトダメージのパーマスタイル」

ボタニストスムースのより詳しい成分解析結果などはこちらも参照してくださいね。

【解析】ボタニストシャンプー(スムース)の成分を元美容師が全力で解析するとこうなる。

【ボタニストモイスト】私はこれをシャンプーとは認めたくない…その理由とは?

4つのシリーズの中で、最も重い仕上がり感を重視しているのが、こちらのモイストなのですが・・・

最初に言ってしまうと、私はこれをシャンプーだと認めたくありません。(厳密にはシャンプーなのですがw)

いつもいつも✕100くらい言っているのですが、シャンプーは本来髪の毛や頭皮を洗浄するのが使命。どんなにダメージを負っている髪をケアしたいからと言っても補修成分や保湿成分なんかよりも、洗浄成分を最も多く配合するべきなのです。

にも関わらず、このボタニストモイストシャンプーは成分の表記を見ると重い質感を演出したいが為に、洗浄成分よりも保湿成分の方が多く含まれているんです。

水、グリセリンコカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルアラニンNa、ラウラミドプロピルベタイン、ラウロイルサルコシンNa、ラウレス-4カルボン酸Na、ココイルグルタミン酸Na、デシルグルコシド

黄色でマーカーしているのが、洗浄成分になるのですがそれよりも配合量が『グリセリン』が先に表記されていることからして、洗浄成分よりも『グリセリン』が多く含まれていると予測できますね。

グリセリン自体は、一般的なシャンプーにも保湿力をだす為に多く含まれています。(保湿だけで、補修はしません)

安全性も高い成分ではあるんですがだからといって、洗浄成分よりも多く含んでしまうのにはかなり疑問。というか超疑問。

いくら重さ重視のモイストシャンプーだからといっても、洗浄成分よりも多く保湿成分を入れれば髪の毛がべたつきやすくなるのは当然のこと。

ボタニストシャンプーを使うとべたつく!という口コミをかなり見かけるのはこれが原因かと。

本当に本当に髪のダメージを最低限に抑えたいのであれば、保湿力で誤魔化している物ではなく、髪の毛を補修する成分がふんだんに配合されているシャンプーを使うべきです。

髪の補修成分も頭皮の補修成分も入っているリニューアル版haruシャンプーとは?

ストレートヘアや重いカール感を演出したいのであれば、上記のようなダメージを補修するシャンプーを使いつつ、トリートメントで調整するのが最善だ!とここに宣言します。

と言うことで、私はこのボタニカルモイストは全くオススメしません。

ボタニストモイストシャンプーに向いている人:

「該当者無し」

【解析】ボタニストシャンプー(モイスト)の成分を元美容師が評価。絶対に止めるべき人とは?

【ボタニストダメージケア】シリーズ最高峰はガチでした。

【割引クーポン有!】ボタニストダメージケアの現在の価格、詳細はコチラ!

最も新しいラインナップがこの「ダメージケア」最初に見たときは「大して変わらないんだろうなぁ」と思って成分みてみたのですが、このボタニストだけ明らかに次元が違います(笑)

他のボタニストシリーズはとりあえず、保湿させるグリセリンなどの成分が殆どなんです。

が、このボタニストは「ペリセア」などの3,000円超えのシャンプーにも配合されるような、補修成分がしっかり配合されています。

やや洗浄力が高い成分は配合されているものの、バサバサになるレベルではないですし、あなたがダメージヘアで悩んでいても満足度は高いはず。

4つのシリーズの中でぶっちぎりで良シャンプーだと思います。というかこんな良シャンプーが出てきた以上、他のボタニストは使わなくて良いような・・・

ボタニストダメージケアシャンプーに向いている人:

「ダメージを抑えたい人」

「軋み、パサツキが気になる人」

「どのボタニストがいいのか?迷っている人」

⇛【元美容師が解析】本当に良成分!BOTANISTシャンプー(ダメージケア)を全力でレビュー!

【結論とまとめ】あなたはこれを使えばOK。

長々と書いてしまいましたが、もしあなたがボタニストを検討しているのであればスカルプ、スムース、ダメージケアの3択から選ぶことを強く、強くオススメいたします。

ただ、ダメージケアだけ突出して良成分が配合されてるので、もしあなたが「どれが良いのかわからない」場合は、ダメージケアをとりあえず使用してみることをオススメします。

スカルプ:頭皮に少し痒みがある、頭皮の油分が気になる 猫っ毛、細毛

スムース:ダメージはあまりに気にならない、且つ軽い仕上がりを求める ローダメージの細毛

ダメージケア:とにかくダメージケア、パサツキが気になる人。

いずれも、ダメージの補修力はかなり弱い物の洗浄成分に関しては刺激も少なく、市販の安価な物に比べるとマイルドなのでそこそこの満足感は得られるはず。

そしてもう一点、念を押して伝えたいのが「モイストはオススメしない!」と言うことです。なるべくダメージを抑えたい!と言うことであれば、保湿成分が配合されている物よりも、補修成分が入っている物を選ぶべきなのですよ。

重い質感=補修していると勘違いされる方も多いのですが、保湿と補修は似て非なるものなので注意してくださいね!

それでは、当記事で一人でも多くのビューティヘアが生まれますように!
【割引クーポン有!】ボタニストシャンプーの現在の価格、詳細はコチラ!

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。
もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2019年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2019年版】市販シャンプーランキング8選と選んだ理由を発表します。

もし、あなたが当記事を読んで「面白かった!」っと感じたら、是非Follow!頂ければ幸いですm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者 元美容師M

元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。