【元美容師が解析】h&sモイスチャーシャンプーの暴力的な3つの成分とは?

元美容師Mです。

ついにこのシャンプーを解析する時が来たか・・・と指をプルプルさせながら、執筆しています。

というのもこの『h&sのモイスチャーシャンプー』シャンプー界で私が大大大大嫌いなシャンプーベスト3に入るくらい、キングオブ駄目シャンプーなんです。

しかし!ただただ「駄目!」と批判するのは簡単ですが、それは全く建設的ではないので「h&sシャンプーの何が駄目なのか?」を成分解析を交えながら解説していきます。

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ28選!

⇛【2019年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

【最重要】h&sモイスチャーシャンプーの洗浄成分は?

これはいつも私が伝えている信念なのですが、シャンプーを選ぶときは必ず「120%どんな洗浄成分が配合されているのか?」を確実にチェックしてくださいね。

今回のh&sシャンプーのように『モイスチャー』とか如何にもしっとりウルウルしそうなネーミングに騙されてはいけないです。

ネーミングやパッケージが豪華でも洗浄成分見ると「これバッサバサになるだろ・・・」というシャンプーが殆どなんです。

365日毎日使い続けるものなので、ぜっったいに妥協せず、最低限洗浄成分くらいは見るようにしましょう!

という事でh&sのモイスチャーシャンプーの全成分がコチラ↓

有効成分:ジンクピリチオン液 その他の成分:ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸アンモニウム液、ラウリル硫酸アンモニウム、塩化ナトリウム、ジステアリン酸エチレングリコール、高重合メチルポリシロキサン(1)、セタノー ル、ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド、香料、塩化O-(2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル)グァーガム、 クエン酸ナトリウム、アルファ-オレインオリゴマー、安息香酸ナトリウム、トリ(カプリル酸/カプリン酸)トリメチロール プロパン、無水クエン酸、ベンジルアルコール、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン液、キシレンス ルホン酸アンモニウム液、精製水

黄色にマーキングしている成分がシャンプーの命とも言える、洗浄成分です。これだけを抽出してみると↓

ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸アンモニウム液、ラウリル硫酸アンモニウム

今回のh&sのモイスチャーシャンプーは医薬部外品というジャンルのシャンプーになるので成分の表記順に配合量が多いというわけではありません。
※医薬部外品は配合量順に、表記しないといけないルールから外れるため

にしても、シャンプーの成分なんて水が70%程度、洗浄成分が10~20%なので配合量はかなり多いと予測できます。

ヤバイ成分1、『ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸アンモニウム液』

で肝心の洗浄成分、まずは『ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸アンモニウム液』という成分ですが

・・

・・・

「皿でも洗うのか?!」

 

というくらいに強い洗浄力!!あまりにも強力なので、一瞬この成分が記載されているのを見て脳みそが混乱しました(笑)「人類の頭皮と毛髪を破壊するのが目的なのか?」というくらいに強い洗浄成分です。

もしかしたら、あなたは「それは言いすぎでしょう~(笑)」と楽観的に捉えているかもしれません。

しかし!事実、食器用洗剤にも含まれているのも確認できます。

 

引用 http://jp.pg.com/products/seibun/joy/index.jsp

もちろん、食器用洗剤とシャンプーとでは、洗浄成分の濃度も変わってくるので一概に食器用洗剤と全く同じ洗浄力とは言えません。

が、食器用に使われている脱脂力MAXのシャンプーをわざわざ選ぶ必要性を私には感じられません。

ヤバイ成分2、『ラウリル硫酸アンモニウム』

更に次点で含まれていると思われる『ラウリル硫酸アンモニウム』に関しても、シャンプー界ではキングオブ駄目成分とも言えるほど強力な洗浄力ですね。

私がいつもこの成分は駄目すぎるっ!と伝えている成分に「ラウレス硫酸”ナトリウム”」があるのですが、”アンモニウム”はほんの少しマシと言う感じ。
ラウレス硫酸ナトリウムのシャンプーがゴミ過ぎる3つの根拠とは

どちらにしても刺激性や洗浄力はかなり強い部類の成分なので、私はこの成分が入っていたら100%確実に使いませんけどね・・・

総合的に洗浄成分を見るとh&s的には超強力な『ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸アンモニウム液』の洗浄力を幾分マシな『ラウリル硫酸アンモニウム』で緩和している感じでしょうけど、なんか色々ズレているような(笑)

ヤバい成分3、『ジンクピリチオン』

有効成分にどーーんと記載されているジンクピリチオンですが、殺菌、フケ防止効果などが期待できる成分とされてはいます。

が!人体には影響のないレベルと言われているものの、毒性が強く、環境ホルモンの疑いがあるという事で国産のシャンプーは配合が避けられるようになった成分です。

ラットに経口投与した場合の半数致死量(LD50)は200mg/kgである。1999年に国立環境研究所により環境ホルモンの疑いがあることが報告された

引用 Wikipedia

人体に影響があるレベルでは無いと信じたいですが、ほんの0,1%でも影響ある可能性があるなら絶対に私は使いたくないですねぇ。

フケが気になるのであれば、ジンクピリチオンよりも安全性の高い成分『ピロクトンオラミン』も開発されているので、そういった安全性の高い成分にシフトするべきです。

※国内企業シャンプーのメリットも過去にはジンクピリチオンを配合していましたが、今は配合を辞めています

21世紀現在、シャンプーで肌がボロボロになった!なんて訴えられれば、企業イメージが一発でダウンするので恐らく影響がない程度に配合されていると思われますが、それでも絶対に使いたくないし、使う理由が見当たりませんね。

【結論】モイスチャー要素0。シャンプーしないほうがマシ。

正直に言って、『h&sのモイスチャーシャンプー』でシャンプーするくらいならシャンプーしない方がマシ。と言い切れるくらい暴力的なシャンプーです。

ラウレス系~とかも最近では一般の方でも「ヤバイ!」と言うのは広まってきているので「サルフェートフリー」と表記して市販品でも配合するのを避けられるほどなのですけどね・・・

広告やネーミングで如何にも「しっとりしそうなイメージ」を与えおいて、中身は暴力的に強力な成分を配合できるなんて恐ろしい利益重視精神。

モイスチャーというネーミングで、髪や頭皮が潤いそうなイメージを持ってしまいますが、潤うどころかボロボロになる可能性が高い罠シャンプーでした。

潤うのは企業側の懐だけなので『h&sのモイスチャーシャンプー』の使用を検討しているなら絶対にやめるべき!と私からお伝えさせていただきたいです。

そして、もしあなたが「本気で髪や頭皮環境を改善させたい!」というのであれば、人体と同じ弱酸性の性質をもつアミノ酸系洗浄剤ベースのシャンプーをを絶っ体使うべきです。

最低でも1度は私の全知識、経験を注ぎ込んだランキングは目を通して欲しいです。
元美容師Mの全知識、経験を注ぎ込んだ本気のシャンプーランキング一覧(暫定)

『h&sのモイスチャーシャンプー』を使うよりも1000倍は幸せになれると約束します。

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。
もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2019年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最ッ高!の市販シャンプーランキング8選を発表します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者 元美容師M

元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。