【元美容師が解析】ステマに注意!M3040シャンプーの成分を全力で評価した結果・・・

元美容師Mです。

今回も男性向けシャンプー『M3040 プレミアムスカルプシャンプー』を全力で成分解析します!

当ブログにも「どんなシャンプーがいいですか?」とかなりの数のお問い合わせを頂いているのですが、3割位は意外にも男性からのお問い合わせだったりします。

で結論から言ってしまうと今回の『M3040シャンプー』ですが「購入する必要は無いッ!!」とハッキリと断言させて頂きたいです。

もしあなたがこのシャンプーの購入を検討中なら、ぜひ一度は当記事を最後まで読み進んで頂ければ幸いです!

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ記事30選!

⇛【2019年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

【最重要】M3040シャンプーの洗浄成分は?

当ブログでも耳にタコができるくらいに読者さんに伝え続けて、今後私が生きている限り伝え続けていくであろう項目はココ。

シャンプーを新しく購入する場合はずぇっっったい!にどんな洗浄成分が配合されているのか?を見るッ!ということです。

シャンプーに置いて最も影響力のある成分がこの洗浄成分です。

この洗浄成分がもし強すぎたり、質の悪いものであればシャンプーする度に頭皮を髪にダメージ負わせる事になります。シャンプーなんてほぼ毎日するものですから、それこそ1年で365回痛め続けることになるんです。

もし、洗浄成分がダメダメならどんなに他の成分に育毛成分が配合されようとも、強い洗浄分にかき消され無意味に終わります。

と長い、長ァァい前置きを置いた上で、M3040シャンプーの全成分がこちら↓

水、コカミドプロピルペタイン、ラウロイルメチルアラニンNa、オレフィン(C14-16)スルホン 酸Na、コカミドDEA、クラドシホンノバエカレドニア工多糖体、オタネにんじん根エキス、セン ブリエキス、アカヤジオウ根エキス、ヒオウギエキス、グルコシルヘスペリジン、エーデルワイスエキス、セージ葉エキス、ビルベリー葉エキス、ローズマリー葉工キス、ホホバ種子油、ココイルグルタミン酸TEA、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、パンテノール、グリチルリチン酸 2K、ベタイン、PCA-Na、ソルビトール、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、リシ ン、アルギニン、トレオニン、プロリン、カキタンニン、コメヌカスフィンゴ糖脂質、加水分解 コラーゲン、ポリクオタニウム-10、水添レシチン、リゾレシチン、乳酸、乳酸Na、PEG-20ソルビタンココエート、トコフェロール、グリセリン、クエン酸、BG、ペンチレングリコール、フエノキシエタノール、エタノール、香料

黄色にマーキングしている成分がこのシャンプーの命運を分ける『洗浄成分』です。

この洗浄成分を抜き出してみると↓

コカミドプロピルペタイン、ラウロイルメチルアラニンNa、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

シャンプーは表記の早いものの方が、配合量が多くなってくるので、メインとも言える洗浄成分は以上の3つだといえます。

ではこの成分がどのような性質なのか?6000円に値する成分なのか?見ていきましょう!

洗浄成分1、コカミドプロピルペタイン

このシャンプーで一番のメイン成分とも言えるのがこちらの『コカミドプロピルベタイン』という成分。

ベビーシャンプーに配合されるくらい超低刺激&超マイルド!な洗浄力の安全性の高い優れた洗浄成分です。ベタインという名の通り、頭皮に残り易いのでこの成分がメインのシャンプーはすすぎの時間を倍くらいに増やしてもいいでしょう。

ただし!このベタイン系洗浄成分は頭皮や髪と同じ弱酸背性のアミノ酸系成分ではないです。アミノ酸シャンプー!と宣伝している割に一番配合量の多い成分がアミノ酸系成分ではない点が「何だかなぁ」と感じてしまう私。

そして、洗浄力はかなりマイルドですが、500円程度の安価なシャンプーにも配合される成分であり、6000円クラスのシャンプーのメインに相応しいか?と言うと疑問。かなり疑問。

洗浄成分2、ラウロイルメチルアラニンNa

「キタッ!!!」と思わず叫びたくなるのがコチラの成分。紛れもなくアミノ酸系の洗浄成分であり、洗浄成分の中でもトップクラスに優れた成分と言っても過言じゃないです。

アミノ酸系の中ではややサラサラ系よりの成分で、保湿力もあり低刺激&マイルドな洗浄力。

原料が高価な成分なので3000円~クラスのシャンプーじゃないとほぼ配合されていないってくらい良質な成分です。

良質な成分なのは間違いない・・・ただ、この価格ならこちらをメインにしてベタイン系をサブにしても良かったのでは?と言うのが私の本音です

洗浄成分3、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

出た。「シャンプー史上まれにみるダメ成分」と言っても過言じゃないほどの成分がこの成分。

世間では高級アルコール系の成分(ラウレス硫酸など)が強すぎるという風潮がかなり広まってきているので、代わりにこの成分が配合されることがかなり多くなってきているんです。

が!このスルホン酸も高級アルコール系と同等以上に洗浄力が強い成分であり、ぶっちゃけラウレス硫酸系を避ける消費者の目眩まし的成分になりつつあります。

私はこの成分が配合されているシャンプーはぜっったいに使いたくないし、使う理由も1つも見当たりません。

恐らく、メーカー側としてはマイルドな洗浄力の洗浄力を引き上げると言う目的で配合しているんでしょうが、別にこの成分でなくてもアミノ酸系でも強めの成分はあるのでそちらを配合するべきです。

原料が安価なので、どの業者も使いたがる成分ですが、消費者側にメリットは何1つ無い成分。

総合的に見るとかなりマイルドな洗浄成分のベタイン系+アミノ酸系に洗浄力を引き上げ&原価を抑えるために、かなり強い洗浄力のオレフィンスルホン酸で洗浄力を引き上げていると言う感じ。

2つの成分が優しい洗浄成分なので、洗浄力的にはそこそこですが、アミノ酸で優しく洗うと記載し、他社の高級アルコール系成分をディスってるクセに高級アルコール系と同等の成分を配合しているのはあんまり誠意を感じられない。

と感じらるのですが、あなたはいかがでしょうか?

引用:公式販売サイトより

育毛成分の効果なし?育毛効果の根拠無し。

このシャンプーの焦点とも言えるのが「育毛成分に育毛効果が本当にあるのか?!」という所でしょう。

M3040シャンプーの目玉成分とも言えるのが、全成分でも赤字で表示した「クラドシホンノバエカレドニア工多糖体(フコイダン)」という海藻エキス。

私自身「いやっ海藻エキス頭皮にぬりぬりした所で、育毛効果なんて無いでしょ(笑)」

と考えていたのですが、リサーチしまくると「ガゴメ昆布のフコイダンに関してはマウスの毛髪の伸長が伸びた」という研究データがあるんです。
引用:アデランスフコイダン研究データより

うおおお!育毛効果あるんじゃん!とちょっと興奮したのですが、残念ながら「北海道産のガゴメ昆布から取れたフコイダン」のみ突出した育毛効果が認められている模様。

一方、M3040シャンプーのフコイダンはトンガ王国産のもずくから抽出されたフコイダン。

引用:公式販売サイトより

もしかすると、育毛効果アリなのか?!と興奮したのですが残念です・・・

更に言うと上記のデータはあくまでもマウスの育毛効果が観測出来たというデータであり、人間の頭皮にこれだけの期間ぬってこれだけ育毛出来たと言うデータではありません。

最近育毛効果がミノキシジルの3倍ある!と広まっている『キャピシル』とかであれば、人間の頭皮による実験なのでエビデンスがあるんですが
【実験データ有】「キャピシル配合」haruシャンプーを全力で成分解析した結果・・・

フコイダンに関しては現時点ではあくまでもマウス実験。そして更に効果が実証されているのは北海道産のフコイダンのみ。

という点からしてM3040シャンプーはやっぱり育毛目的で使うのは無理があるなぁと言うのが私の意見です。

【結論】買う必要なし。シャンプー解析史上、トップクラスに高いシャンプーでした。

洗浄力的にはバランスが取れているので使用感自体は悪くないと思います。

ただ、洗浄力高めるにしても、やや強めのアミノ酸系成分を入れればいいだけの話だし、わざわざ高級アルコール系と同等の安価成分をぶち込む意味が分かりません。

そして!!このシャンプーぬァンと定価だと330mlで6000円(税抜)というめちゃくちゃ強気な価格設定です。1ml辺りの価格は驚異の18円ッッ!!

一応定期コースだと、4800円で購入できるのですが、それでも1ml辺り14,5円とめっちゃ高価。私もあらゆるシャンプーを解析してきましたが、トップクラスに高価なシャンプーです。

成分自体はめちゃくちゃ悪いというわけでは無いんですが、この成分で6000円の価値があるのか?というとかなり疑問です。

そしてもしあなたが「少しでも育毛効果のあるシャンプーを使いたい」と言うのなら、既に育毛効果の実証実験データが残っている『キャピシル』などが配合されているシャンプーを使った方が育毛効果は間違いなく期待できるはず。
【実証実験】弱点が発覚!haruシャンプーを全力で成分解析した結果・・・

完全にアミノ酸で構成されていますし、キャピシル意外にも消臭効果もある『ヘマチン』も配合され、1mlあたり7,2円とM3040シャンプーの半額以下です。

という点からして、わざわざ値段の高いM3040シャンプーを選ぶ理由は一切無いという事で、当記事を締めくくらせて頂きたいと思います。

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。
もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2019年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2019年版】市販シャンプーランキング8選と選んだ理由を発表します。

もし、あなたが当記事を読んで「面白かった!」っと感じたら、是非Follow!頂ければ幸いですm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者 元美容師M

元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。