【元美容師が解析】ネット上の嘘に注意!ウーマシャンプーの成分はここが駄目でした。

元美容師Mです。

男性向けアミノ酸シャンプー!と完全に男性向けにターゲットを絞って人気のある「ウーマシャンプープレミアム」ですが・・・

私はこのシャンプーを例え、頭皮環境改善という視点だとしてもあなたにオススメすることはできません。

私の大好きなガジェット雑誌「MONOQLO」でもベストシャンプー!!と宣伝されていたので、期待したのですが成分を解析してみると、”ある成分”が配合されていたので「私は絶対に使わないな~」と思った次第です。

もし、あなたがウーマシャンプーを検討しているのであれば、購入前にぜひぜひ当記事を参考の1つにしてみてくださいね!

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ28選!

⇛【2019年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

【最重要】ウーマシャンプープレミアムの洗浄成分は?

私が解析に関して最も重要視している成分が「洗浄成分」であります。

なぜなら、シャンプーの洗浄成分は水が6,7割で、洗浄成分が2,3割という配合量で設計されているんですね。

もし、この洗浄成分がメチャ強いであれば、その他の成分をどんなにこだわろうとも、強い洗浄成分の前にねじ伏せられてしまうのです。

あなたがシャンプーを新しく購入検討する際は、せめて・・・せめて洗浄成分だけはぜっったいにチェックするようにしてくださいね!

もし、知らず知らずのうちにメチャ刺激の強い成分で365日頭皮を洗い続ければ、ハゲる可能性も高くなってしまうので・・・

という事でウーマシャンプープレミアムの全成分がコチラ↓

有効成分:グリチルリチン酸2K
その他の成分:馬油、海藻エキス(1)、ラン抽出液、アスパラサスリネアリスエキス、dl-α-トコフェリルリン酸ナトリウム、加水分解ケラチン液、クララエキス(1)、センキュウエキス、トウキエキス(1)、センブリエキス、アロエエキス(2)、アルニカエキス、オドリコソウエキス、オランダカラシエキス、ゴボウエキス、セイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、マツエキス、ローズマリーエキス、ローマカミツレエキス、オトギリソウエキス、サボンソウエキス、セージエキス、トウキンセンカエキス、ホップエキス、レモンエキス、ニンジンエキス、ダイズエキス、黒砂糖エキス、ヒノキチオール、ツバキ油、L-バリン、L-ロイシン、L-イソロイシン、N-ヤシ油脂肪酸アシル-DL-アラニントリエタノールアミン液N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸トリエタノールアミン液ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、ラウロイルメチル-β-アラニンナトリウム液、1,3-ブチレングリコール、クエン酸、1,2-ペンタンジオール、塩化O-〔2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル〕ヒドロキシエチルセルロース、3-メチル-1,3-ブタンジオール、テトラデセンスルホン酸ナトリウム液ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、ラウリン酸ジエタノールアミド、フェノキシエタノール、l-メントール、精製水

黄色にマーキングしている成分がこのシャンプーの洗浄成分ですね。これらだけを抜き出して見ると↓

N-ヤシ油脂肪酸アシル-DL-アラニントリエタノールアミン液、N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸トリエタノールアミン液、ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム、ラウロイルメチル-β-アラニンナトリウム液、テトラデセンスルホン酸ナトリウム液、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液

ウーマシャンプープレミアムは「医薬部外品」商品になので成分の表記が医薬部外品表記になっています。

「なんだか聞き慣れない成分ばかりだなぁ」と感じられるかもしれませんが、ただ、表記が医薬部外品表記なだけで、配合されている成分は至って普通のシャンプーです(笑)

表記を通常表記に変えてみるとこんな感じ↓

テトラデセンスルホン酸ナトリウム液=オレフィン(C14-C16)スルホン酸Na

ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム=ココイルメチルタウリンNa

ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液=コカミドプロピルベタイン

N-ヤシ油脂肪酸アシル-DL-アラニントリエタノールアミン液=ココイルアラニンTEA

N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-グルタミン酸トリエタノールアミン液=ココイルグルタミン酸TEA

ラウロイルメチル-β-アラニンナトリウム液=ラウロイルメチルアラニンNa

そして更に重要なのは、医薬部外品の商品は成分の配合量の多い順に成分を表記しなくてもいいので、どの成分が最も多い成分なのか?は分かりません。

通常のシャンプーは化粧品登録の商品が殆どなので、表記されている順に成分の配合量が多いのである程度予測できます。

しかしながら、医薬部外品の商品は成分の表記がバラバラなので、どの成分が一番多いのか?予測しづらくなっているんです。

「グリチルリチン酸」を配合することで医薬部外品にし、配合成分をうやむやにしてしまうという、マーケティング手法はシャンプー業界に限らず化粧品業界でも多々ある方法です。

ただし、ウーマシャンプーはリニューアルする前の旧成分では化粧品登録商品でしたので下の表の通りバッチリ全ての配合成分が配合量の多い順で表記されています↓

ウーマシャンプー旧成分表記↓

水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタイン、ラウラミドDEA、コカミドDEA、イソペンチルジオール、馬油、グリチルリチン酸2K、ガゴメエキス、オーキッドエキス、ルイボスエキス、トコフェリルリン酸Na、加水分解ケラチン(羊毛)、クララ根エキス、センキュウ根茎エキス、トウキ根エキス、センブリエキス、アロエベラ葉エキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花エキス、オランダガラシ葉エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ニンニクエキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、サボンソウ葉/根エキス、セージ葉エキス、トウキンセンカ花エキス、ホップエキス、レモン果実エキス、黒砂糖エキス、オタネニンジン根エキス、ダイズ種子エキス、ヒノキチオール、ツバキ油、バリン、ロイシン、イソロイシン、ココイルアラニンTEA、ココイルグルタミン酸TEAココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルアラニンNa、BG、クエン酸、フェノキシエタノール、ペンチレングリコール、ポリクオタニウム-10、メントール

リニューアル後の成分と見比べてみると、ほぼ・・・というか全部一緒じゃん!と言っても過言じゃないほど同じ成分で作られています(汗)

恐らく、医薬部外品商品に変えるためにグリチルリチン酸の配合量を変えただけと、予測されます。

なぜそう言い切れるのか?というと、成分を変えまくってリニューアルしてしまえば今までと洗い心地が全く変わってしまうわけですね。

つまり、既存のファン層が「なんか洗い足りないぁ」と離れていってしまう可能性が高いということです。

成分を優しい成分に変えて商品を売り出すなら、私なら「ウーマシャンプー ウーマン!」とか別のラインナップとして販売して差別化を図ると思います(笑)

という事で旧成分表記順だと言うこと前提で成分を解析してきますね。

洗浄成分1、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

「デッ出たーーー!」と思わず叫びたくなる凶悪な洗浄力を誇る洗浄成分がこれ。私はこの成分が配合されているシャンプーは使いたくないですし、使う理由も見当たりません。

ラウレス硫酸ナトリウムといった、市販シャンプーに良く配合されていた、メチャ強力な洗浄成分と同等の洗浄力を誇るかなり強い脱脂力の成分。
ラウレス硫酸ナトリウムのシャンプーがゴミ過ぎる3つの根拠とは?

最近は「ラウレス硫酸~はなんか良くないらしい」と一般的にも広まってきてるからか、代わりこの成分が含まれることが多いんです。

アミノ酸系の成分じゃないですし、洗浄力も高い安価な成分でこれがメイン成分となると市販品レベルと言わざるを得ないです。いや、マジで。

洗浄成分2、コカミドプロピルベタイン

ベタイン系はかなりかなり優しい成分でベビーシャンプーにも配合されるくらい低刺激、マイルドな洗浄力!の成分です。

よく、上記のメチャ強力なラウレス硫酸~やオレフィン~系の洗浄成分の洗浄力を緩和する為にサブ的に配合される成分ですね。

悪い成分ではないのですが、こちらも500円程度のシャンプーによく含まれる成分であり、「4000円超えのシャンプーでこれですか?」と私は声を大にして言いたい。

その他の洗浄成分 ココイルアラニンTEA、ココイルグルタミン酸TEA、ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルアラニンNa

コチラの成分は間違いなくアミノ酸系で頭皮にも髪にも優しいのは間違いない。間違いないのですが、、、成分表を今一度見てほしいです。

メッッッチャ後半に記載されているのが、確認できると思います。それこそ椿油とかレモンエキスとかよりも後半に配合されているので、もうほんのちょっぴりしか配合されていないと予測できますね。

商品の宣伝ページには大々的に「アミノ酸で優しく洗い上げるッ!」と記載しているのに、これはちょっとひどくないですか?

私からすると、アミノ酸シャンプーと宣伝するために仕方なく入れたようにしかみえないです。少なくともこの製品に「消費者の頭皮環境を改善しよう!!」”愛”は感じられないといのが私の本音ですね。

総合的に見るとオレフィンスルホン酸というメチャ強力で安価な成分にベタイン系でややマイルドに緩和していると言う設計で、市販品によくある成分設計です。

というか市販品ですら最近は、もっとコダワッている製品多いんですが・・・

抜け毛予防に効果のある成分は・・・「見当たりません」

よく「男性の抜け毛防止に効果のあるシャンプーはこれだぁぁ!」とこのウーマシャンプーが紹介されているのを見かけますが・・・

抜け毛防止に直接的に効果のある成分は見当たりませんでした。

この成分の目玉とも言える「馬油」成分もあくまでも、保湿するための成分ですので直接的に抜け毛に効果がある成分ではないです。

そして、有効成分として表記されている「グリチルリチン酸」はニキビ薬などに配合される炎症を抑える効果のある成分であり、抜け毛に効果のあるという客観的なデータは一切ないです。

頭皮の乾燥が原因で抜け毛が多いなら、保湿することで抜け毛が防げる・・・と思いきや、洗浄成分の脱脂力がメチャ強いので頭皮がしっとり潤うということも無いです。

う~ん。なんでこのシャンプーが抜け毛予防に良いシャンプーとして紹介されているんだろうか。

【結論】コスパも最悪。使う理由が1つも見当たらない。

もうハッキリ言っちゃっていいですか?「このシャンプーを使う理由が1つも見当たらないッ!!」とWEBの端っこで叫ばせて頂きたい!

成分に関しても、市販品、いや最近の市販品以下のレベルと言っても言い過ぎじゃあ無いです。

更にもう一つ言わせていただきたいのが「価格が高すぎる!!」ということです。

通常価格だと300mlで4950円と驚異の1mlあたり、16,5円!!当ブログでも数多くのシャンプーを解析しましたが、トップクラスに高い!高すぎるッ!!

定期購入だと、3460円とかなりお得に購入できるものの、それでも1mlあたり11、5円と決して安いとは言えない価格です。

成分が良ければ定期購入価格くらいなら、まあ「やや高いかなぁ」くらいなものですが、この成分でこの価格はちょっと高すぎです。

もしあなたが「抜け毛が気になる」のであれば、実証実験で効果が実証されている「キャピシル」などが配合されているシャンプーを選んだほうが、よっぽど抜け毛予防に繋がると言い切れます。
【実験データ有り】4ヶ月で育毛効果が実測出来た「キャピシル」配合シャンプーとは?

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。
もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2019年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最ッ高!の市販シャンプーランキング8選を発表します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者 元美容師M

元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。