【元美容師が解析】ココが残念!うるおってシャンプー成分を全力で評価した結果・・・

元美容師Mです。

最近アミノ酸シャンプーが流行りつつありますが、市販で完全にアミノ酸で作られたシャンプーは、なかなか無いんです。

アミノ酸シャンプー!と宣伝しているクセに裏をクルッと回してみると、ほんのちょっぴりアミノ酸系成分が入っているだけ・・・とか普通にあります。

その点、このうるおってシャンプーは東急ハンズで購入できる市販品にも関わらず、かなりレベルの高いシャンプーだといえます。

その理由を成分解析を交えながら、解説していきたいと思いますね!

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ28選!

⇛【2019年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

【最重要】うるおって(uruotte)シャンプーの洗浄成分は?

うるおってuruotteシャンプー現在の価格、詳細はコチラ

まず、あなたになんとしてでも見ていただきたいのが、「洗浄成分」

私は毎回解析の記事を書く度に、この前置きを毎回毎回書いているのですが、それだけこの洗浄成分が超、超重要だ!ということです。

なぜなら、シャンプーの成分は7割程度が水で出来ていて、残りの2,3割が洗浄成分、残りのほんの僅かな数%が保湿成分や補修成分でできているんです。

水はどこまで行こうとも水。つまり最も影響力が高いのが次に配合量の多い洗浄成分というわけです。

この洗浄成分がメチャ強ければ、その他の補修成分等をどんなにコダワッテも無意味に終わります。

という事で今回のうるおって(uruotte)シャンプーの全成分がコチラ↓

水、ココイルグルタミン酸TEA、ラウラミドプロピルベタイン、グリセリン、コカミドDEA、ホホバ種子油、グリチルリチン酸2K、オウバクエキス、オタネニンジンエキス、センブリエキス、ボタンエキス、アルニカ花エキス、セイヨウオトギリソウエキス、セイヨウキズタエキス、セイヨウトチノキ種子エキス、ハマメリスエキス、ブドウ葉エキス、カミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ヤグルマギクエキス、ローマカミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、セージ葉エキス、ポリクオタニウム-10、BG、メタリン酸Na、エタノール、フェノキシエタノール

黄色にマーキングしている成分が、このシャンプーの命運を左右する「洗浄成分」となります。

この洗浄成分だけ抜き出してみると・・・↓

ココイルグルタミン酸TEA、ラウラミドプロピルベタイン

シャンプーは成分の表記順が先に表記されているもの順で、配合量が多いのでうるおってシャンプーは『ココイルグルタミン酸TEA』がメイン成分と言えます。

洗浄成分がたった2種類!って時点でかなり好感が持てるのですが、1つ1つ成分の特徴なども見ていきましょう!

洗浄成分1、ココイルグルタミン酸TEA

「キタキタキタ!キタ━━(゚∀゚)━!!」と思わず、叫ばずにはいられない、私の大好きな、大好きなアミノ酸系の成分がこちら。

頭皮や髪と同じ弱酸性という超刺激!マイルドな洗浄力!でありながら、しっとり保湿力さえ持っているという、シャンプーの洗浄成分のなかでもトップクラスに優れている成分です。

間違いなく、5本の指には入るであろう最ッ高の成分です。市販品などでもアミノ酸”系”シャンプーに配合されてる事はあるのですが、メインに配合されている事はほぼありません。

洗浄成分2、ラウラミドプロピルベタイン

こちらもベビーシャンプーに配合されているくらい、優しい優しい超低刺激でマイルドな洗浄力の成分です。

ただ、こちらに関してはアミノ酸系の成分ではなく、よくよく市販品に配合されている比較的安価な成分の1つです。

悪い成分ではないのですが、「メッッッチャ良い!」というわけでもなく、私の感覚ではアミノ酸だけで作られたシャンプーよりも、ベタイン系が入っているシャンプーの方がややキシミやすい傾向があると言えます。

と言っても、メイン成分がかなりしっとり重視のアミノ酸系の成分なので、このシャンプーに変えて「パサパサになった!」と感じることはほぼ無いといえます。

総合的に見ると、贅沢シャンプーを謳っているだけあって、超低刺激&マイルドな成分構成でかなり好感がもてます。

もし、あなたが「髪のパサツキ」や「頭皮の乾燥が気になるッ!」というお悩みをお持ちであれば、「ウルオッテ」の名の通り、かなり満足できるはずです。

【疑問点】18種類の和漢成分に効果はあるのか?

最近のシャンプーの傾向なのか?分かりませんが、とにかくとにかく「植物性エキス配合!!」とドヤ顔で宣伝しているシャンプーがめちゃくちゃ多いです。

が!!私としては所詮植物のエキスなので、「ぶっちゃけどれだけ植物性エキスが配合されていようと、対して効果なんて実感出来ないでしょ」というのが本音です(笑)

ただ、配合されている中で「オタネニンジンエキス」という成分に関しては、実証実験で育毛効果があるのではないか?という実験結果も出ているようです。

高純度化オタネニンジンエキス添加によるヒト毛乳頭細胞を用いたVEGF産生量の比較を行った実験では、高純度化オタネニンジンエキスは、試験濃度において有意にVEGFの産生量が増加していました。このことから高純度化オタネニンジンエキスには育毛効果が期待できる可能性が示唆されました。

引用:https://www.angfa.jp/development/?p=447

人間の頭皮で実験して、「人間の髪の毛が増毛しました!」と言う実験ではないので「効果あるんじゃね?」てレベルですが意味不明な植物エキスをぶち込まれているよりは効果は期待できるかもですね・・・

しかしながら、シャンプーに配合されている1成分なので、オタネニンジンエキスが配合されているからと言って、フサフサヘアーになるまでは期待しない方が良いです。

あくまでも、将来を見越した、抜け毛予防や他の育毛方法と並行して、補助的に考えるならありかな?と思います。

ただ、本当に育毛効果を期待するのであれば、実証実験で既に育毛効果が実証されている「キャピシル」などが配合されてるシャンプーを使ったほうが効果が見込めるのは間違いないはず!
【実験結果有】キャピシル配合アミノ酸シャンプーはコチラ

【結論】「良シャンプーなのは間違いない!」が・・・

洗浄成分のメインとなる成分がしっとり系のアミノ酸系の成分で、頭皮や髪に優しいのは間違いないです。これは断言できます。

ただ、その他の補修成分に関しては「植物性エキス」が殆どで効果があるのか?無いのか?イマイチな成分が殆どを締めています。

洗浄成分が完璧に近いレベル故に、このその他の成分についてはやや残念感は否めません。

価格に関しても2600円で260mlと1ml辺り10円程度と決して安くは無い価格設定なので、これだったら実証実験で効果が出ているとデータがある成分を配合しているアミノ酸系シャンプーを使ったほうが、より幸せになれるかなぁと言うのが私の意見です。
元美容師Mの全知識、経験を注ぎ込んだ本気のアミノ酸シャンプーランキング一覧(暫定)

シャンプーの使用感はどうしても個人差があるので、私の意見が絶対だ!通しつけるつもりはありませんが、もし、あなたがシャンプージプシー状態なら人生で一度は試して見る価値はあると断言できます。

ぜひぜひ参考にしていただければ幸いです!

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。
もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2019年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最ッ高!の市販シャンプーランキング8選を発表します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者 元美容師M

元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。