【解析】パブリックオーガニック(ポジティブ)4つの洗浄成分が◎でした!

元美容師Mです。

今回はリクエストの多かった『ザ パブリック オーガニックスーパーポジティブシャンプー』(長いっ!)の成分を解析&どのような人向きのシャンプーなのか?を解説していきたいと思います!

最初に言ってしまうと「オススメ!とも言えないし、ダメ!とも言えないなぁ」と言うのが成分を見た私の正直な感想です。

シャンプーの命とも言える洗浄成分はマイルドで髪や頭皮に優しいのですが、、、植物性油をあれこれとぶち込みすぎ!っというのがちょっとね(汗)

ではどのような特徴のシャンプーなのか見ていきましょう!

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ記事30選!

⇛【2019年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

【最重要】ザ パブリック オーガニック/スーパーポジティブシャンプー

私が毎回死ぬまで伝え続けようと思っているのが、「シャンプーを選ぶときは必ず全成分・・・は見れなくてもせめて、洗浄成分だけでも見よ!」っという事です。

ぶっちゃけシャンプーってたった1回や2回の使用感じゃ、「良いシャンプーなのか?」って判断できません。

あなたも「最初は使い心地が良かったけれど、使っていくうちになんか微妙な感じ・・・」という経験が1度はあるはずっ!

っというのもシャンプーはシリコンなどその場限り手触り感がよくなる成分が配合することで、安価で強力洗浄成分を配合していても意外と使い心地がよく感じちゃうんですね。

ただ、洗浄成分が強いと1ヶ月、3ヶ月後に段々と髪がまとまらずパサツイてくると。。。

全てがシャンプーのせいだとは言いませんが、短期的な使用感だけじゃなく、長期的な使用感を見るためにはやはり成分をチェックするのは絶対に必須!

っという長い前置きを置いた上で、『ザ パブリック オーガニックシャンプー/スーパーポジティブ』の全成分がこちら↓

水、チャ葉水*、コカミドDEA、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、ラウラミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、ラウラミドプロピルヒドロキシスルタイン、ニュウコウジュ油、イランイラン花油、ニオイテンジクアオイ油、パルマローザ油、マヨラナ葉油、エンピツビャクシン油、ベルガモット果実油、オレンジ油、 アーモンド油*、イヌラクリスモイデ花/葉エキス、加水分解アボカドタンパク*、ユーカリ葉油、セテアラミドエチルジエトニウムサクシノイル加水分解エンドウタンパク、ビターオレンジ葉/枝油、ラバンデュラハイブリダ油、ココイルグルタミン酸TEA、ヒノキ油、アオモジ果実油、グリセリン、ユズ果皮油、ポリクオタニウム-10、バオバブ種子油*、 ポリクオタニウム-7、EDTA-2Na、ライム油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、セイヨウアカマツ葉油、クエン酸、ベチベル根油、ローレル油、BG、シア脂*、 水酸化K、ルリジサ種子油*、安息香酸Na、ザクロ種子油*、塩化Na、キダチアロエ葉エキス*、マルトデキストリン、ケール葉エキス*、グリシン、キュウリ果実エキス*、酸化銀、ウメ果実水*、フィチン酸

黄色にマーキングしてる成分が、シャンプーの性格を決める洗浄成分ですね。

ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、ラウラミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa

う~む。。。やはり最近の市販シャンプーは明らかに進化しとります。笑

以前はサロンシャンプーなどにしか使用されないようなマイルドなアミノ酸系の洗浄成分がベースになっていますね。

では1つずつ成分の特徴を見ていきましょう!

成分1 ラウロイルメチルアラニンNa

パブリックシャンプーで最も配合量の多い洗浄成分がコレ!紛れもなく”アミノ酸系洗浄成分”で弱酸性。

髪や頭皮にもマイルドな成分なのはもちろんで、サラッとした質感に仕上げてくれる優秀な洗浄成分ですね。

以前は3000円を超えるようなシャンプーにしか配合されていなかったような、good!な成分なのですが、最近は1500円前後の市販シャンプーに採用されることが多くなってきた印象。

成分2 コカミドプロピルベタイン、ラウラミドプロピルベタイン

殆どのシャンプーに配合されているのがこの『ベタイン系』の洗浄成分。

こちらもベビーシャンプーに配合されるほど、低刺激!&低洗浄力!で良成分なのは間違いない。間違いないのですが、アミノ酸系の成分と比べるとやや洗浄力が高い印象ではありますね。

そして、アミノ酸系の成分よりも比較的安価なので、市販のシャンプーには割と多めにこの成分が配合されている傾向があります。

悪くは無いけどすげぇえ!ッと言うほどでも無い成分。

成分3 ココイルメチルタウリンNa

最後がコレ!ココイル~っと言うネーミングなので何となくアミノ酸っぽいイメージですが、実はアミノ酸ではない成分。

っと言っても刺激性はかなり低いですし、洗浄力に関しても市販の強力な洗浄成分に比べるとかなり、かなりマイルド。

マイルドなアミノ酸系洗浄成分よりも、ちょい強めの洗浄力ですが「優しすぎるとべとついてしまう」という人向けのダメージケア成分だと言えます。

成分を総合的に見ると、、、サラッと系洗浄成分をベースにマイルドなベタイン成分。更にほんのちょっとだけ洗浄力があるタウリン系の成分を配合していると言う感じ。

間違いなく言える事は洗浄成分のクオリティは高いっ!っという事ですね。笑

かなりのハイダメージ毛さんや、乾燥が酷い場合は物足りないかもしれませんが、ミドルダメージくらいなら問題なく使用できるかと思います。

3つの補修成分とは?

洗浄成分はGOOD!なのは間違いないのですが、アレコレと植物系の精油成分が大量に配合されているのが個人的には気になりますね・・・

いろいろな物が配合されていればされているほど、何かしらの成分が刺激になる可能性もあるので、できれば効果のある成分を絞って配合して欲しいぃ。というのが正直なところ。

パブリックオーガニックシャンプースーパーポジティブの特徴的とも言える、保湿成分を3つ見ていきたいと思います。

1,チャ葉水

成分表を見ると洗浄成分よりも多量に配合されてるのがこのチャ葉水。

その名の字のごとく、お茶の葉から作られた成分なのですが「どの程度保湿力があるのか?」はちょっと未知数です(汗)

あくまでもお茶の葉から精製されている成分なので、実感できるほど保湿力があるとは思えませんが、マウスによる実験だと育毛効果がある!っという研究結果もあるみたい↓

マウスによる毛成長促進効果試験において、1%または5%濃度のチャ葉エキス、1%または5%濃度のゲンチアナ根茎/根エキスおよび各0.5%濃度のチャ葉エキスとゲンチアナ根茎/根エキスの併用での発毛効果を比較したところ、チャ葉エキスとゲンチアナ根茎/根エキスを併用することで、低濃度で高い発毛率が認められた。

っといっても、あくまでもシャンプーに配合されている1成分なので、同じような効果は期待できないと思いますが・・・

2,加水分解アボカドタンパク

毛髪補修成分として配合されているのがアボカドタンパク質成分。どの程度毛髪を補修してくれるのか?っと言った客観的なデータなどは見つかりませんでした。(汗)

ただ、髪の毛を構成する成分はケラチンタンパクというタンパク質であり、昔からこのような加水分解タンパク質系成分は補修成分として使われてきています。

なので、ある程度の補修効果は期待できるかな?っと予想はできますが、過度の期待は禁物。

3,セテアラミドエチルジエトニウムサクシノイル加水分解エンドウタンパク

今回の補修成分の中で「おっ!」っと感じたのがコレ!

髪の毛の表面に皮膜を張り、手触り感UP効果が期待できるのとドライヤーなどの熱ダメージから毛髪を守ってくれる効果が期待できる成分。

元々、髪の毛には18MEAという表面を保護する成分があるのですが、カラーなどの施術で一撃で消え失せてしまうんです・・・

その18MEAの代わりを果たしてくれるのが、このエンドウタンパク成分ってわけですね。

毛髪の内側を補修するわけじゃないですが、良成分なのは間違いないっ!

【結論】お肌が強い人は使っても良しっ!

洗浄成分だけ見れば、マイルドでお肌が弱い人でも問題なく使えます。が、やはり気になるのは精油系成分の多さですね(汗)

1回や2回使った程度じゃ何も感じなくても2ヶ月、3ヶ月と使っていくと、何かの精油成分が痒みなど引き起こす可能性もあるのがちと気になるところ。

正直これらの植物性成分は入っていようがいまいが、”使用感はほぼ変わらない”と思われるので、個人的にはもっと少なめにしてくれれば!っというのが本音ではあります。

あくまでも植物性の精油成分はオーガニックっぽさを演出するための成分かなぁと。

ただ、洗浄成分に関しては市販としてはかなり上質なのは間違いないのであなたが「肌は弱くない」「香り重視!」というなら使ってみるのもアリ!かと。

という事で、『パブリックオーガニックスーパーポジティブシャンプー』を検討している人は参考にしていただければ幸いですm(_ _)m

実際にパブリックオーガニックスーパーポジティブを使ってみた感想はコチラ!
【元美容師の口コミ】パブリックオーガニックシャンプーの5つの本音レビュー!

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。
もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2019年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2019年版】市販シャンプーランキング8選と選んだ理由を発表します。

もし、あなたが当記事を読んで「面白かった!」っと感じたら、是非Follow!頂ければ幸いですm(_ _)m

2 件のコメント

  • yururi より:

    初めまして。万年シャンプージプシーでいつも拝見しております。成分などとてもわかりやすく自分なりにだいぶ理解してきました。そこで、ナプラのケアテクトHBカラーシャンプーの解析をお願いしたいです。素人目で成分だけ見るととってもいい気がするのですが、ぜひ詳しい解析を見たいです!よろしくお願いします。

    • ブログ運営者 元美容師M ブログ運営者 元美容師M より:

      はじめまして!参考になったようで幸いですm(_ _)m

      ケアテクトカラーシャンプーですね!必ずリクエストに答えられるとは言えませんが検討してみたいと思います!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ブログ運営者 元美容師M

    元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。