どれが良い?無印良品シャンプー(リニューアル版)全4種の成分解析&比較!

シャンプーマニアの間では「実はコスパ最強なんじゃ?」と言われているのが今回の無印シャンプー。

リニューアル前からかなり良質な成分&使用感だったので、私も大好きなシャンプーだったんです。

これがリニューアルによって何が変わったのか?そして、どれがあなた向きなのか?!配合されている成分をチェックし全力で解説してきます!

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~
髪質を改善が改善される⇛人生の幸福度が上がる!っという信念の当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして発信しています。

【元美容師が選ぶ!】髪質改善アミノ酸シャンプーランキング4選を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ記事30選!

⇛【2021年版】元美容師が選ぶ!炭酸シャンプー3選はコレ!

【2021年版】安くても高品質!2,000円以下市販シャンプー8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

無印良品 スカルプケアシャンプー

水、ラウラミドプロピルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNa、PEG-3ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Na、ペンチレングリコール、ポリソルベート80、ラウリン酸ポリグリセリル-10、コカミドMEA、ポリクオタニウム-51、グリチルリチン酸2K、ヒアルロン酸Na、コンフリー葉エキス、ホップエキス、シイクワシャー果皮エキス、オレンジ果皮油、ライム油、レモン果実油、アオモジ果実油、ベルガモット果実油、カナリヤノキ樹脂油、ジュニペルスメキシカナ油、ユーカリ葉油、ハッカ葉油、ローズマリー葉油、セージ油、メボウキ油、マヨラナ葉油、エチルヘキシルグリセリン、BG、メントール、ポリクオタニウム-10、クエン酸、クエン酸Na、EDTA-2Na、安息香酸Na、フェノキシエタノール

洗浄成分

リニューアル前の『クリアケアシャンプー』の後継版とも言えるのがこのシャンプー。

成分的にもクリアケアとほぼ同じで、洗浄成分は『ラウラミドプロピルベタイン』という、マイルドな洗浄成分。

この成分自体はほぼ全てのシャンプーに配合されているので珍しくとも、なんとも無いのですが洗浄力がマイルドなのもあって悪くない成分ですね。

次に多く配合される成分も『ラウロイルメチルアラニン』というアミノ酸系の優しい洗浄成分で市販としてはかなり優秀な使用感。

ちょっとくらいのダメージ毛なら、十分対応できる成分の1つ。

ただし!このシャンプーはあくまでも”頭皮ケア”に重点を置いているのもあって、『PEG-3ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Na』という洗浄力が高めな成分もプラスされとります。

洗浄力が強めと言っても、メイン成分は優しい成分に洗浄力アップの為に補助的に配合されているんで、これだけで一気にバッサボサになるとかはないです。笑

洗浄成分を総合的に見ると、ダメージ毛でも対応できるやさしぃ~成分にプラスして、洗浄力アップさせている感じ。

スカルプ!系のシャンプーって、もうとにかく頭皮や髪を脱脂すればOK!というシャンプーが多いんですが、これは意外にも洗浄力は優しめですね~。

メンズで頭皮の油分がとにかく気になる!と言う人だと、やや洗浄力不足に感じると思います。

逆に女性で頭皮の油分もちょい気になるけど、髪の乾燥も気になる。とかであれば満足度は高いかと!

保湿、補修成分

洗浄成分が良質なだけで終わらないのが無印シャンプーです。笑

その他の保湿成分に関しては『リピジュア(ポリクオタニウム-51)』という、ヒアルロン酸の2倍以上の保湿力とも言われる保湿成分が配合。

リピジュア

・皮膚残存性により、ヒアルロン酸と同等以上の保湿性
・各種化合物の皮膚刺激性を緩和
・優れた生体適合性により、高い安全性

引用:Lipidure®-HM, PMB技術資料

サロントリートメントなんかにも配合される成分なんで、まさかこの価格の市販シャンプーに配合されるとは・・・

他にも頭皮ケア成分として『ホップエキス』という頭皮環境ケア成分だったり、『グリチルリチン酸』と言った消炎作用のある成分も配合。

とにかく洗浄力が強い!ってだけわけじゃなく、適度に頭皮の油分を落としつつも保湿成分でケアできるというちゃんと考えられているシャンプーでした。

もし、あなたが毛髪ダメージはそこそこ、頭皮ケア重視!というのであればかなりアリ。

逆にダメージ毛や乾燥が気になる!というのであれば、ちょい洗浄力高めに感じるかもですね。まあその辺りは”スカルプ”なので文句無しということで。

ここまでのまとめ
・ダメージ毛の人にはやや洗浄力が高い
・優しい成分で、しっかりめに洗いたい人向き
・多少のダメージくらいなら、普通に使える

【元美容師の口コミ】無印良品(スカルプケア)シャンプーを使ってみた5つの本音を解説します!

敏感肌用シャンプー

ラウリルベタイン、ラウリミノ二酢酸2Na、DPG、ポリソルベート80、ジラウリン酸PEG-75、ポリクオタニウム-51、ヒアルロン酸Na、グレープフルーツ種子エキス、スベリヒユエキス、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-7、ココイルグルタミン酸Na、ココイルグルタミン酸2Na、グリチルリチン酸2K、コカミドMEA、グリセリン、エチルヘキシルグリセリン、BG、クエン酸、クエン酸Na、亜硫酸Na、_EDTA-2Na、安息香酸Na、フェノキシエタノール、オレンジ果皮油

洗浄成分

メインの洗浄成分が『ココイルメチルタウリン』というサロンシャンプーのメインにも採用されるような、洗浄力が優しい成分。

アミノ酸系の洗浄成分よりはやや洗浄力があるものの、ダメージ毛でも十分に対応できる!という成分の1つですね。

いやはや、、、この価格でこの成分がメインをできるなんて、恐るべし無印シャンプー。笑

それだけじゃなく、サブ的に配合されている洗浄成分もベタイン系+お肌が弱い人向きの『ラウリミノ二酢酸2Na』でまさに敏感肌用さん向き。

他の洗浄成分もベタイン系+お肌が弱い人向きの『ラウリミノ二酢酸2Na』が配合。

敏感肌の度合いにもよるんですが、他のシャンプーで肌が荒れやすいわ!と言う人や、お子さんと一緒に使いたいと言う人でも使ってみる価値はある成分かと。

保湿、補修成分

クリアケアと同じく保湿成分である『リピジュアポリクオタニウム-51』配合されているし、『ヒアルロン酸』も配合。

このことから”乾燥によってヒリヒリしたりする人向き”なシャンプーなのが、成分を見るとよくわかりますね。

他にも『グリチルリチン酸2K』というやはり頭皮ケアシャンプーには鉄板とも言うべき、成分もプラスされとります。

ほんのちょ~~っとだけ、懸念されるのが『グレープフルーツエキス』などの植物系エキス。

他のシャンプーよりはかなり植物系の成分が少なめに配合されてはいるんですが、全く0ではないです。

人によっては植物系のエキスが刺激の原因になることも、無きにしろあらずなので”植物系エキスが入っていると荒れやすい”

という人はちょっと注意しといたほうが良いかも?

ちょっとくらいのダメージ毛でも十分使える成分だし、何よりこの価格でこのクオリティは良いっ。

ちなみにこの敏感肌用シャンプーはリニューアル前と成分が完全に一緒だったりします。

というとえ?変わってないん?っとがっかりする人もいるかもですが、こういう敏感肌用さん向けはむしろ成分変わると何が刺激になるか分からないんですよね(汗)

成分がそのままの方がずっと使い続けられて良かったりします。

変わらない勇気っ!に敬意を表したいと思います

ここまでのまとめ
・その名の通り敏感肌な人にはかなり優しい成分
・ちょっと乾燥やダメージが気になる人
・しっとり系シャンプーだとベタつき易い人
・余計な植物成分などあんまり入ってないものが良いと言う人もアリ

ダメージケアシャンプー

水、コカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルアラニンNa、DPG、ポリクオタニウム-10、ポリソルベート80、コカミドMEA、ラウリン酸PEG-80ソルビタン、ポリクオタニウム-61、(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー、ヒアルロン酸Na、(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク、オリーブ果実油、ホホバ種子油、マカデミア種子油、カニナバラ果実油、オレンジ果皮油、コリアンダー果実油、ムーゴマツ葉油、ラベンダー油、レモン果実油、ライム油、インドレモングラス油、スクワラン、エチルヘキシルグリセリン、BG、グリセリン、クエン酸、クエン酸Na、亜硫酸Na、EDTA-2Na、安息香酸Na、フェノキシエタノール

洗浄成分

無印シャンプーの中でリニューアル前とかなり変貌を遂げた!のがこのダメージケアシャンプー。

というかそもそもダメージケアシャンプーってのが無かったんですが、リニューアル前の『ハーバルシャンプー』の後継にあたるのがコレ。

洗浄成分に関してはメインが『ベタイン』でやはり刺激や洗浄力は優しい成分。

2番目に配合される成分に関しても『ココイルメチルタウリン』がベースでこれもちゃんとダメージケア向き。

そして最後はアミノ酸系の『ラウロイルメチルアラニンNa』さらっとした質感に仕上がる成分で、市販でも徐々に増えてきている成分。

ただ、原料が高価なためか市販で配合されているものだと、大体1500円~とかが多いですね~。

この無印シャンプーも3番めに配合されてるので、それほど配合量は多くないと予想されるものの、この価格でこの成分が実現しているのがスゴイ。

ダメージケアシャンプー!と言いつつ「え?!この洗浄成分で?」と言うものも多いんですが、ちゃんとダメージケア向きに考えられとります。

よくを言えば、メイン成分がベタイン系じゃなく、よりダメージ毛向きのアミノ酸とかだと、嬉しいですが・・・

この価格でこの品質だったら、文句は言えません。笑

保湿、補修成分

洗浄成分が市販としてはかなりGOOD!なのに加えて、ダメージケアというだけあって、補修成分もちょいちょい配合されてます。

私が特にコレは!っと思った成分の1つがセラキュートという、毛髪ダメージと頭皮ケアを同時に実現する成分ですね。

『セラキュート-F(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー』

スキンケア用途では、肌に塗布後、乾燥する過程でCERACUTE同士の強い親和力による被膜形成と長鎖アルキル基に起因する柔軟性付与により弾力性の高いポリマーネットワークが形成され、従来の被膜系原料のようなつっぱり感を発現せずに肌のハリ感を維持します。

ヘアケア用途では、CERACUTEを配合したシャンプーやトリートメントで毛髪を処理すると、CERACUTEが毛髪表面に弾力性の高い被膜が形成されるとともに、毛髪内部にも浸透し、毛髪にボリューム感を付与します。
引用:Ceracute®-F

簡単にざっくり言うと毛髪表面に皮膜形成しハリ・コシ感アップが期待でき、更に毛髪内部にも浸透してボリューム感アップが期待できると・・・

細毛の人やふにゃんと毛が寝てしまうのが悩みという人は使ってみたい成分ですね。

そしてこれだけで終わらず『(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク』というドライヤーの熱に反応し”ヒートアクティブ効果”が期待できる成分も配合。

※promoisSIG=(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク
出典:プロモイス シリーズ

補修成分に関してはこの2つくらいなんですが、それに加えて『ホホバ種子油』などの保湿成分もされているので、ちょっと乾燥が気になるという人にも○

3000円~とかのシャンプーに比べてしまうと、物足りない感は否めないですが、補修成分や保湿成分はちゃんと入っているし、何より価格ですよ価格。

これで1,000円以下ってのはどう考えてもコスパ良すぎぃ!でしょう。むしろ、この価格帯でもっといいシャンプーあれば教えて欲しいレベル。笑

もし、あなたがライト~ミドルダメージ毛くらいなら、一度は使ってみても良いかと!

ここまでのまとめ
・サラッとした質感が好きな人
・ライト~ミドルダメージ毛な人
・ハリ・コシ感アップに期待したい人

エイジングケアシャンプー

水、ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、ペンチレングリコール、クエン酸、ポリクオタニウム-51、ポリクオタニウム-61、(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、ツバキ種子エキス、アルニカ花エキス、クズ根エキス、マグワ根皮エキス、シャクヤク根エキス、センチフォリアバラ花エキス、ユズ果実エキス、ハトムギ種子エキス、ヨモギ葉エキス、レモン果汁エキス、オレンジ果皮油、ローズマリー葉油、イランイラン花油、ラベンダー油、ライム油、ニオイテンジクアオイ油、ジュニペルスメキシカナ油、マンダリンオレンジ果皮油、ローマカミツレ花油、イタリアイトスギ葉/実/茎油、アミリスバルサミフェラ樹皮油、ビターオレンジ葉/枝油、グリセリン、BG、ポリクオタニウム-10、ポリソルベート80、コカミドMEA、セテアレス-60ミリスチルグリコール、ラウラミンオキシド、クエン酸Na、フェノキシエタノール

※黄色になっているのが洗浄成分

洗浄成分

ココイルメチルタウリンというやはりサロンシャンプーにも配合されるような、良質な成分がメイン。

更に!次に配合されている成分も『ラウロイルメチルアラニン』アミノ酸系の成分なんですよね・・・

大抵は2番めにベタイン系持ってきてコスト減らすものが多いんですが、エイジングケアシャンプーは配合成分が多い1番目も2番めの成分もサロンシャンプークラスの成分。

エイジングケアというネーミングだと、大人女性向きというようなイメージを抱いてしまいますが、ふっつーにどの女性が使っても満足度は高いかと!

保湿、補修成分

まずは無印シャンプーでは鉄板成分とも言えるのがヒアルロン酸の2倍くらい保湿力があるとされる『リピジュア』もちろんエイジングケアにも配合。

更にダメージケアにも配合されていた、セラキュート-F((メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー)も配合ぅぅ!

ハリ・コシ感が気になるわ~という人にも対応できるように、ちゃんとハリ・コシ感重視な成分も入っておりますね。

これだけには留まらず、『アセチルヒアルロン酸Na』というスーパーヒアルロン酸と呼ばれる保湿成分や『加水分解コラーゲン』と言った保湿成分なんかも配合。

言い過ぎでもなんでも無く、この価格でここまで成分がアレコレ入っているシャンプーって他に見たこと無いような気が。笑

大抵の場合補修成分などが豪華だと、洗浄成分が強力だったり逆に洗浄成分が優しいと補修成分などがイマイチ・・・って物が多いです。

が、エイジングケアシャンプーは洗浄成分も保湿成分どちらも妥協無し。そしてこの価格。

価格が安価なのでそれぞれの配合量はそこまで多くは無いと予想できるものの、それを考慮してもかなりクオリティ高い市販シャンプーだと感じたのが私の本音です。

もし、あなたが無印シャンプーでどれを使おうか迷っている・・・っというなら、まずはコレ。

ここまでのまとめ
・髪の乾燥やダメージが気になる人
・ハイダメージ毛向きではないが、ミドルダメージくらいならアリかも
・コスパの良いシャンプーを探している
・結局どれ使えば良いのか?迷っている人

【結論】リニューアルしても無印シャンプーは良質!

リニューアルというとシャンプーによっては「え?改悪じゃ・・・」とがっかりするパターンもあるんですが、無印シャンプーさんはやってくれました。

リニューアルしてもちゃんと良質なシャンプーだし、何度も言うようにやっぱり価格ですよ。

この価格でこの成分はどう考えてもコスパ良いっ!でしょう。笑

もしあなたがハイダメージ毛だったり、もう乾燥が気になって仕方ない!っというなら、より保湿成分などがたっぷり配合されている、アミノ酸系シャンプーがオススメではあります↓
【300種使った私が激選】髪質改善系アミノ酸シャンプー4つはコレだ!

ただ、コスパ重視!と言う人や「まずは安価なものから使っていきたい」という人なら今回の無印シャンプーを使ってみるのはかなりアリ。

むしろ、このシャンプーで満足できないならもう市販シャンプーで満足できないような気も。笑

実際に使ってみたレビューはコチラ↓
【全4種比較】無印良品シャンプー(リニューアル版)の選び方とは?元美容師があなたへのおすすめを解説!

【2021.7月】元美容師が選ぶ!髪質改善市販シャンプー8選を発表します。

もし、あなたが当記事を読んで「面白かった!」っと感じたら、是非Follow!頂ければ幸いですm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。