【全3種比較】元美容師が新ひまわりシャンプーの選び方を解説します!

元美容師Mです

当ブログでも市販シャンプーの中ではオススメ!っと紹介しているひまわりシャンプーですが・・・
【元美容師が選ぶ】全部1000円以下!ドラッグストアのシャンプーBEST6を発表します!

3つのラインナップがあります。今回は一体何が違うのか?あなたはどれを選べば幸せになれるのか?を元美容師的な視点から全力で解説していきたいと思います!

最初に結論から言ってしまうと、ひまわりシャンプーの中だったら「ぶっちぎり!」で黄色(オレンジ?)をオススメします。

なぜぶっちぎり!なのか?!違いとともに解説してきますね!

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ記事30選!

⇛【2019年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

ひまわり黄色(リッチ&リペア)シャンプー

水、ココイルメチルタウリンNaパーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、ココイルグルタミン酸TEAラウロイルサルコシンTEA、コカミドMEA、ジステアリン酸グリコール、ココイルグルタミン酸2Na、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、ヒマワリ種子油、サッカロミセス/ヒマワリ芽発酵エキス、ヒマワリ種子エキス、ヒマワリ花エキス、ポリクオタニウム-7、塩化Na、エタノール、ミリスチン酸、ココイルトレオニンNa、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ココイルグルタミン酸Na、クエン酸、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-49、BG、グリセリン、EDTA-2Na、安息香酸Na、香料、カラメル

3つのラインナップの中でも明らかに異質。というか「配合されている成分が1,2段階クオリティが高い」という印象。

「ひまわりシャンプーで迷ったらこれ買っとけば間違いねぇッ!」っと強くオススメしたいです。笑

っというのもシャンプーの性格を決める”洗浄成分”が他の2つに比べると、かなり上質で2000円を超えるようなサロンシャンプーにも採用されるような成分がメインなんです。

それが”ココイルメチルタウリン”という弱酸性でお肌にも髪にも刺激が低いかなりマイルドな成分。

最近、高価な市販シャンプーで採用されるようなアミノ酸系成分に比べるとちょっぴり洗浄力は高いですが、この価格でこの成分が配合されているのは良い意味でヤバイ。

本当にヤヴァイ!

大抵、このような上質な成分が配合されると、次点で配合される成分は安っちい成分が配合される事が多いんです。

が!次点で配合されている成分も”ベタイン系”のマイルドな成分で悪くないです。

ただ、惜しむべきは毛髪の保湿補修成分が「ひまわりオイル、ひまわりエキス」などちょっと効果があるのか無いのか・・・イマイチな成分しか配合されていない点ですね。

とは言っても、1,000円以下で購入できるシャンプーにこれ以上のクオリティを求めるのは酷ですし、同価格帯では頭1つ2つ抜きん出ているクオリティなのは間違いない!

もし、あなたが「とにかくコスパ重視で!」っと考えているなら、ひまわりシャンプーのオレンジは候補に入れるべきです。
【元美容師が解析】何が変わった?「ひまわりシャンプーリニューアル版」成分を徹底レビュー!

実際に購入して使ったレビューはコチラ↓
【元美容師の口コミ】ひまわりシャンプーを使って分かった5つの真実とは?

ひまわりピンク(グロス&リペア)シャンプー

水、ラウロイルサルコシンTEA、パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン、PPG-2コカミド、ココイルグルタミン酸TEA、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、ココイルメチルタウリンNa、ヒマワリ種子油、ヒマワリ種子油脂肪酸フィトステリル、ヒマワリ種子エキス、ヒマワリ花エキス、ポリクオタニウム-7、セテアレス-60ミリスチルグリコール、ココイルグルタミン酸2Na、クエン酸、ポリクオタニウム-10、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ココイルトレオニンNa、ココイルグルタミン酸Na、塩化Na、グリセリン、BG、EDTA-2Na、安息香酸Na、香料、カラメル

続いてピンクのひまわりシャンプー。グロスリペアというネーミングなので、もっともツヤ感が出そう・・・ではあるもののオレンジに比べると洗浄力がグンッ!っと強くなります。

オレンジの場合はマイルドな”ココイルメチルタウリン”がベース成分でしたが、こちらは”ラウロイルサルコシン酸TEA”という洗浄力が高い成分がメインなんですよね(汗)

この成分はアミノ酸系の成分ではあるのですが、アミノ酸系の中でもトップクラスに洗浄力が高く、頭皮への刺激性も強い成分でもあります。

「刺激が強い」っと言っても製品に配合されている成分なので危険があるわけじゃないです。

が、お肌が弱いという方や乾燥気味の人は注意が必要な成分ではあるかと。

もちろんお肌だけじゃなく、あなたが「髪のダメージや乾燥が気になる!」という場合でも洗浄力の高さ故、パサツキやキシミが気になる可能性は高いとも言えます。

グロスリペアというネーミングなので、オレンジと同じく洗浄力が優しいかと思いきや、ぜんっっぜん性格が違うので最初見た時はビビりました(汗)

保湿成分に関しては、オレンジと同じくひまわりオイル成分の他に『ヒマワリ種子油脂肪酸フィトステリル』という保湿成分が配合されているのが特徴かな。

マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、ヒマワリ種子油脂肪酸フィトステリル、イソステアリン酸フィトステリルラノリンワセリンまたはオリーブ油10gに精製水を0.2から0.5mLずつ滴下しながら練り込み、水が入らなくなった点を終点とし、英国薬局方、ラノリンの含水価測定法に準じて試料に対する百分率で抱水率を測定したところ、以下のグラフのように、

ヒマワリ種子油脂肪酸フィトステリルの抱水性

ヒマワリ種子油脂肪酸フィトステリルは、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリルほどではありませんが、抱水性を示した。
出典:ヒマワリ種子油脂肪酸フィトステリルとは…成分効果と毒性を解説

一応、保湿力が高いという実験結果は出ているみたい。ただ、毛髪に対してはどの程度しっとりさせてくれるのか?!はちょっと未知数ですね・・・

他にも『ポリクオタニウム-7』というシリコンに近い被膜成分が配合されているので、それでツヤ感や手触り感UPは多少期待できかも。

毛髪に対して吸着性が高い成分という実験結果も出ています↓

出典:ポリクオタニウム-7 

ただあくまでも、髪の毛を補修するような成分では無く髪の表面をコーティングする成分ですし、メインの洗浄力が強いのでやはりオレンジの方がオススメなのは間違いないです。
【元美容師が解析】新ひまわりシャンプーピンク(グロス&リペア)の成分が微妙な点とは?

ひまわりシャンプー青(ボリューム&リペア)

水、ラウロイルサルコシンTEA、パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン、PPG-2コカミド、ココイルグルタミン酸TEA、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、ココイルメチルタウリンNa、ヒマワリ種子油、ヒマワリ葉/茎エキス、ヒマワリ種子エキス、ヒマワリ花エキス、ポリクオタニウム-7、セテアレス-60ミリスチルグリコール、ココイルグルタミン酸2Na、クエン酸、ポリクオタニウム-10、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ココイルトレオニンNa、ココイルグルタミン酸Na、塩化Na、BG、グリセリン、EDTA-2Na、安息香酸Na、香料、カラメル

成分表をピンクと見比べれば分かりますが。「もう全部ピンクと一緒なんじゃないか?!」ってくらい成分が同じです(汗)

唯一の違いはピンクのひまわりが”ヒマワリ種子油脂肪酸フィトステリル”の代わりに、青のひまわりだと”ヒマワリ葉/茎エキス”という成分がプラスされているという点。

ボリューム&リペアというラインナップなので恐らく、ハリ・コシ感をアップさせるような成分だと思いますが・・・

う~ん。”ひまわりの葉、茎エキス”を加えただけでぺたんとした髪がボリュームアップするようには、、、思えません。

もちろん、配合されている成分が同じでもビミョーに配合量を調整している可能性はありますが、ぶっちゃけ体感できるほどピンクと違いは感じられないかと。

いずれにしても、ピンクと同じく”ラウロイルサルコシンTEA”というかなり強めな洗浄成分がメインの時点で、心からオススメ!とは言えません。
【徹底比較】ひまわりシャンプーリッチ(オレンジ)VSボリューム(青)違いを元美容師が全力で教えます。

【結論】オレンジだけ”ぶち抜けて”良シャンプーだと思います。

同じひまわりシャンプーなのにこんなに違うのか?!ってほどオレンジと他の2種類の差が激しく感じられました。

なんと言っても、ココイルメチルタウリンという上質な成分がメインの物と”ラウロイルサルコシン酸”がメインって時点でかなり差があります。

保湿成分のひまわり成分については正直どれもそれほど、体感できるほどじゃ無いかなぁ~っというのが私の意見。

決して悪い成分ではないと思いますが、ひまわりのオイルやエキスだけで劇的に髪質がよくなるとは思えないし・・・あくまでオマケ程度かなぁと。

もし、あなたが「カラーやパーマなどあまりせず、太毛でダメージがあまり気になっていない!」というなら一度100円で買えるお試しパウチで試してみるのはアリです。

が、ダメージや乾燥が気になっている!と言うなら迷うこと無くオレンジ一択!で良いかと思いますよ。本当にコスパ高いので。笑

ひまわりシャンプーで迷っている方は参考の1つにして頂ければ幸いです!

1000円以下で優秀なシャンプーランキングはコチラ↓
【元美容師が選ぶ】全部1000円以下!ドラッグストアのシャンプーBEST6を発表します!

1000円~2000円クラスの市販シャンプーランキングはコチラ↓
【2019年版】元美容師が全力で最強の市販シャンプーランキング9選を発表します。

も参考にして見てくださいね。

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。
もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2019年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2019年版】市販シャンプーランキング8選と選んだ理由を発表します。

もし、あなたが当記事を読んで「面白かった!」っと感じたら、是非Follow!頂ければ幸いですm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者 元美容師M

元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。