【元美容師が解析】2つの良成分とは?hugm シャンプーがどんな人向きなのか解説!

元美容師Mです

今回はhugm ナチュラルシャンプーっというナチュラァァルなシャンプーが本当に良質なシャンプーなのか?!全力で解析!

結論から言ってしまうと、あなたが「植物系の成分にコダワりたい!」っと言うならアリですが、植物の成分じゃなくても・・・っという人には特にオススメとも思いません(汗)

成分的には決して悪くない、悪くはないんですが、、、全員にオススメ!とも思えませんでした。

では一体どんな成分が配合され、どんな人向きのシャンプーなのか?解説していきます!

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ記事30選!

⇛【2020年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2020年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

【最重要】hugm ナチュラルシャンプーの洗浄成分は?

【初回半額】hugm ナチュラルシャンプー現在の価格&詳細はコチラ!

もし、あなたがシャンプーを購入検討する際はぜっったいに”洗浄成分”だけでもチェックしてみてください。

いくら、植物性の成分やら何やらが配合されていようと、シャンプーのメイン成分は洗浄成分です。

そもそも、シャンプーって髪と頭皮と洗う洗剤ですからね。優しい洗浄成分が配合されているのか?強い洗浄成分が配合されているのか?が一番重要に決まってます。

365日毎日頭皮と髪に直接触れる唯一の洗剤なので絶対にチェックしましょう!

っという前置きを書いた上でhugm ナチュラルシャンプーの全成分がコチラ↓

水、グリセリン、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、DPG、コカミドDEA、ココイルグルタミン酸K、塩化Na、チャ種子油、チャ葉エキス、ツバキ花エキス、アシタバ葉/茎エキス、ユズ果実エキス、ソメイヨシノ葉エキス、ノバラ油、オレンジ油、ラベンダー油、甘草エキス、オウレンエキス、クエン酸、ポリクオタニウム-10、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、メタリン酸Na、BG、エチルヘキシルグリセリン、ペンチレングリコール、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、フェノキシエタノール

黄色になっているのがこのシャンプーの命!とも言える洗浄成分になります。

優しい成分で作られている!っと宣伝しているだけあって、たしかにマイルドぉぉな洗浄成分のみ配合されていますね。

この辺りは安物の市販シャンプーより明らかにクオリティ高いです。

っといわけで、まずは洗浄成分をチェック!

成分1、ラウロイルメチルアラニンNa

hugm ナチュラルシャンプーで最も重要なメイン洗浄成分がコレ。最近はちょっと高めなヘアケア市販シャンプーにも配合される成分ですが、アミノ酸系でかなりマイルドな成分。

弱酸性の性質で髪や頭皮に優しく、刺激性&洗浄力はかなりマイルド。

アミノ酸系成分の中だとやや洗浄力がある方ですが、サラッとした質感が好き!っという人にはかなり満足度が高い成分ですね。

成分2、コカミドプロピルベタイン

2番めに配合される成分がコレ。ほとんどのシャンプーに配合される成分なので特に珍しいってわけでも無いですが、刺激性も洗浄力もかなりマイルド。

原料が安価で泡立ち感が向上するんで多く採用される成分ではあるんですが、特に「スゲェ!」とは思わないです。

無難に良成分っと言った所。

洗浄成分的はサラッと系アミノ酸系がメインで、サブ成分もベタイン系なので、公式が謳っているように、洗浄力がマイルドなのは間違いなしっ!です。笑

市販によく配合されるような『ラウレス硫酸』や『オレフィンスルホン酸』系とは段違いに刺激性はマイルドなので、お肌が弱いとかお子さんと一緒に使いたい!という人は検討する価値アリ。

その他の保湿成分は効果ある?

洗浄成分に関しては、特に文句の付け所は無いです。が!その他の保湿成分や補修成分に関しては茶の実油やら茶の実エキスやらの植物系成分が殆ど。

これらの成分が悪いってわけじゃないんですが、既に髪の毛を保湿や補修すると分かっている『リピジュア』やら『セラミド』などの成分に比べると、ちょっと微妙。

ビタミンEの含有量が多いなどと書かれてはいるものの、直接毛髪にどの程度作用するのか?客観的なデータ等はありませんでした(汗)

まあ、、、ある程度保湿してくれるかなぁ?くらい思った方が良いかも。

洗浄成分よりも多く『グリセリン』という保湿成分が配合されているので、結構しっとり感は強く感じられると思います。

が、グリセリンはかなり多くの化粧品に採用されますし、特にコレスゴイ!って言うほどの成分でも無いですね・・・

他の成分に目を向けてもバキ花エキス、アシタバ葉/茎エキス、ユズ果実エキス、ソメイヨシノ葉エキス、ノバラ油、オレンジ油等の植物系保湿成分が殆ど。

悪くは無いんでしょうが、どれほど毛髪保湿や補修効果が期待できるのか?は未知数です(汗)

ダメージケア向きとか乾燥毛向きってよりも、植物系のシャンプーが使いたい!って人向きですね。完全に。

コスパはどうなの?

成分の次に重要なのがコスパ!いくら成分が良かろうが、「シャンプーは使い続けられなければ何の意味も無いっ!」っというのが私の持論です。

一時的にシャンプー変えても、元に戻したら髪質ももとに戻っちゃいますからね。。。

で、hugm ナチュラルシャンプーなんですが、正直コスパは”ちょい安い”っと言う感じ。

容量が500mlで他のネット通販系シャンプーよりはかなり多め。ミディアムくらいの長さであれば、2ヶ月~くらいは余裕で持つかなぁと。

ただ、通常価格は3740円(税込み)とちょい高め。

ただし!定額コース限定ではあるものの、初回限定で1870円&送料無料で試せます↓
【初回半額】hugm ナチュラルシャンプー現在の価格&詳細はコチラ!

2回め以降は2920円&送料300円なので、1ml辺り7,1円。

激安!って言うほどじゃないですが、ナチュラル系のシャンプーにしてはそこそこコスパは良い方です。

更に更に!あなたがハグムシャンプー使ってみたけど、「なぁんか使い心地悪いわ~」と思った場合は使いかけでも、完全返品可能。

結構、この手の返金保証を付けているシャンプーあるんですが、14日までとかケチな所が多いです。笑

ぶっちゃけ14日で何が分かるんだ?!って感じですし、できれば30日くらいは様子は見たいです。

「最初は良かったけど、使っていくうちになんかパサツイてきた」っというシャンプーメチャ多いですからね。

ハグムシャンプーは30日間返品猶予があるので、十分に自分にあってるシャンプーなのか?!判断できると言えるし、「使いかけでも返品可!」っというのはありがたい。

っと言うかこの手の消耗品で使っても返品OKって、良い意味で狂ってると思うんですが。笑

【結論】ナチュラル系のシャンプーが使いたいならアリ!

総合的に見ると、シャンプーのメインと言える洗浄成分はアミノ酸系メインでマイルドだし、悪くない。

が、他の保湿成分や補修が植物系のお茶エキス等しか無いので、ダメージ毛や乾燥毛に向いているっ!とは言い難いかなぁ・・・

ライトダメージ、ちょっと乾燥が気になるとかであれば、このシャンプーでも対応できそうです。

が、あなたが「ハイダメージ毛」とか、「ハリ・コシ感アップに期待したい!」

というならやはり『ヘマチン』やら『セラミド』やらの成分が配合されているシャンプーを選んだ方がぜっったいに良いです↓
【元美容師が激選】髪質改善アミノ酸シャンプーランキングBEST5を理由を添えて発表します。

hugmシャンプーも市販シャンプーなんかと比べると、全然クオリティは上ですが、あくまでも「植物系成分のシャンプーが使いたい!」って人向きですね。

ただ、ナチュラル系のシャンプーであればコチラの方が成分的にもコスパ的にも上かなと(汗)↓
【元美容師が解析】まだ買うな!新haruシャンプー8つの神成分と弱点とは?

っというわけでhugm ナチュラルシャンプーが気になるっ!っと言う人は参考の1つにして頂ければ幸いですm(_ _)m

【初回半額】hugm ナチュラルシャンプー現在の価格&詳細はコチラ!

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。

もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
元美容師が300種~使って分かった!縮毛矯正&パーマにおすすめシャンプー5選!

【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2020年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2020年版】市販シャンプーランキング8選と選んだ理由を発表します。

もし、あなたが当記事を読んで「面白かった!」っと感じたら、是非Follow!頂ければ幸いですm(_ _)m

11 件のコメント

  • とくちゃん より:

    ものすごくよさそうなシャンプーを見つけました。
    是非解説してください。
    (1)フェザー シルクで洗う 泡シャンプー
    成分:水、プロパンジオール、グリセリン、クエン酸Na、ラウロイル加水分解シルクNa、加水分解シルク、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、アロエベラ葉エキス、ガゴメエキス、セレプロシド、BG、キサンタンガム、グリチルリチン酸2K、ベタイン、ジグリセリン、ラウリルグルコシド、グリセリルグルコシド、ポリクオタニウム-10、グラーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、クエン酸
    (2)EARTHEART シルクワン チャージ シャンプー
    成分:水・ラウロイルシルクアミノ酸K・ココイルメチルアラニンNa・ココアンホ酢酸Na・ラウロイルメチルアラニンNa・コカミドプロピルベタイン・コカミドDEA・ココイルグリシンK・グリセリン・ラウリルグルコシド・(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク・(加水分解シルク/PGプロピルメチルシランジオール)クロスポリマー・ラウロイル加水分解シルクNa・加水分解シルク・白金・イソステアロイル乳酸Na・カンゾウ根エキス・ソメイヨシノ葉エキス・ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム・オレンジ果皮油・BG・エタノール・ポリクオタニウム-10・クエン酸・炭酸水素Na・DPG・ペンテト酸5Na・フェノキシエタノール・メチルパラベン・プロピルパラベン・香料

    また私がアイナボーテのPPTシャンプーとともに圧倒的に一番気に入って使っているナプラのインプライムシャンプー 特にアルファもぜひ取り上げてほしいです。そのうち取り上げるだろうとずっと待ってたのですが取り上げられないもので…。

    あとリンス類がもっと解説増えることを期待して楽しみにしています

    よろしくお願いします。

    • ブログ運営者 元美容師M ブログ運営者 元美容師M より:

      コメントありがとうございます!

      リクエストが大量にきているのと、私が気になるシャンプーも大量にあるので手が回ってません。笑
      2つともかなり良さげなシャンプーですね・・・かなり気になります( ̄ー ̄)ニヤリ

  • saku より:

    いつもブログを楽しく拝見させて頂いております。
    フォーシーシャンプーの解析をしていただければ嬉しいです。よろしければご検討ください。

    • ブログ運営者 元美容師M ブログ運営者 元美容師M より:

      リクエストありがとうございます!
      私のリクエストリストに入れさせていただきました。必ず書けるとはお約束できませんが、チェックしたいと思います!

  • むーにゃん より:

    プリュムシャンプーというのを美容師さんが開発しているので、見てもらいたいです。今はharu使ってて、無くなったら1度ラスティークを試してみたいです。haruはトリートメントないので、洗い心地はいいのですが、まとまりにくいです。

    • ブログ運営者 元美容師M ブログ運営者 元美容師M より:

      コメントありがとうございます!

      プリュムシャンプーっというのは初耳なので、チェックしてみようかと思います。
      haruはトリートメントないんですが、まとまりにくい場合は市販とかでも良いのでトリートメントは付けて上げたほうが良いですね(汗)

      植物性にこだわっているからか、髪の毛の表面をコーティングするポリマー、シリコンがほぼ入ってないのでその辺りはトリートメントで補ってあげるのもいいかと!

  • hiro より:

    いつも拝読させて頂いております。
    気になるシャンプーがあり、是非解説をお願い致します。
    【プリュムシャンプー】
    成分: 水、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドプロピルベタイン、スルホコハク酸ラウレス2Na、ラウロイルメチルアラニンNa、グリセリン、ジステアリン酸PEG-150、ラウラミドDEA、ラウレス硫酸Na、ポリオクタニウム-10、ヘマチン、グルタミン酸、クエン酸、加水分解ヒアルロン酸、ベタイン、プロリン、トレハロース、ツバキ種子油、ポリオクタニウム-51、PCA-Na、アルギニン、セリン、グリシン、アラニン、リシン、トレオニン、PEG-60水添ヒマシ油、カミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、ニオイテンジクアオイ油、オレンジ果皮油、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、塩化Na、BG、EDTA-2Na、プロピルパラベン、メチルパラベン、フェノキシエタノール、ソルビトール、エタノール

    お値段がそこそこしますが、それだけの価値があるシャンプーでしょうか?
    どうぞ宜しくお願い致します。

    • ブログ運営者 元美容師M ブログ運営者 元美容師M より:

      コメントありがとうございます!

      メイン成分はしっとり系アミノ酸であるココいるグルタミン酸TEAで次点もベタイン系なので、洗浄力は優しめかと思われます。
      ただ、スルホコハク酸やラウレス硫酸NAといた洗浄力が高い成分も入っているので、純粋なアミノ酸シャンプーよりは洗浄力は強めかもしれませんね。

      とはいえヘマチンやリピジュアなどの保湿、補修成分は入っていますし、良質なシャンプーだとは思いますよ!

  • ゆう より:

    こんにちは、このhugmシャンプーで質問なのですが、ラウロイルメチルアラニンNaがメインの洗浄成分になっておりますよね?

    このアラニン系がメインだとさっぱり感が強く剛毛や縮れ毛の人(私)には軋みを感じると聞いたのですが、グリセリンがそれよりも多いとそのさっぱり感は抑えられるのでしょうか?

    • ブログ運営者 元美容師M ブログ運営者 元美容師M より:

      こんにちは!コメントありがとうございます。

      どの成分と比較するかにもよりますが、ラウロイルメチルアラニンは優しい部類の洗浄成分だと認識してます。
      アミノ酸系の中ではやや強めではあるんですが、全体的には優しい成分なのでごわつきにくい成分ではありますよ。

      剛毛の人でも問題なく使える成分ですが、きしみを感じやすい!ッと言うのであれば、よりしっとり感が強めなココイルグルタミン酸系のシャンプーを選択するというのもアリかなと思います。
      少しでも参考になれば幸いです!

      • キリガヤジン より:

        とても参考になります!ありがとうございました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ブログ運営者 元美容師M

    元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。