【成分解析】成分は微妙?レヴール シャンプー(リッチ&モイスト)はどんな人向きか?解説!

今回は低価格帯の市販シャンプーの中でもかなり良かったレヴールシャンプーの1ランク上っぽいのが出ていたので本当に良い成分が入っているのか?!解析していこうと思います。

以前は1000円以内で買えたのですけどね~。いつのまに1500円クラスに出世しておりました。笑
【元美容師が解析】コスパ良しッ!レヴールゼロシャンプー2つの良成分とは?

では価格が上がった分成分がよくなっているのか?!というと・・・

補修成分、保湿成分はかなり良くなっています。これは間違いないと思います。が!私が嫌いなある成分が+されているので、ここが評価の別れ目って感じですね。

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~
髪質を改善が改善される⇛人生の幸福度が上がる!っという信念の当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして発信しています。

【2022年版】髪のプロが301品検証!アミノ酸シャンプーランキングBEST5はコレでした!

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ記事30選!

安くても高品質!2,000円以下市販シャンプー8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

【最重要】レヴール リッチ&モイスト シャンプー の洗浄成分は?

水、ココイルグルタミン酸TEA、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、テトラオレイン酸ソルベス-40、ラウリルヒドロキシスルタイン、ラウレス-6カルボン酸Na、ココイル加水分解ダイズタンパク K 、アーモンドタンパク、加水分解ダイズタンパク、加水分解コメタンパク、ワサビノキ種子エキス、加水分解酵母タンパク、ブドウ果実細胞エキス、ビルベリー果実エキス、クロフサスグリ果実エキス、アサイヤシ果実エキス、ブドウ種子エキス、フリージアアルバ花エキス、ラベンダー花エキス、PEG-2カプリリルアミン、ポリクオタニウム-10、塩化Na、ポリクオタニウムー50、EDTA-2Na、クエン酸、オキシベンゾン-5、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、クエン酸Na、カラメル、DPG、グリセリン、BG、エタノール、PG、マルトデキストリン、イソマルト、ステアラミドプロピルジメチルアミン、ソルビン酸K、レシチン、安息香酸Na、メチルパラベン、フェノキシエタノール、香料、紫401

※黄色にマーキングされているのがシャンプーで最も重要な”洗浄成分”

当ブログでいつもお伝えしているのが、配合されている成分は必ずチェックしましょうッ!って事。

もちろん、口コミもチェックするべきなんですが、その人の髪質、シャンプー履歴などバッラバラなのでどうしても正しい評価って難しいんですよ。

ぶっちゃけ美容師さんであっても、髪バサバサになっているのにブランドシャンプーだからといって「このシャンプー良い!」っと思っている人もいましたし(私の過去の先輩)

というわけで、まずはシャンプーの成分でも最も重要とも言える洗浄成分からチェックしてきましょう!

洗浄成分1、ココイルグルタミン酸TEA

私が大好物な成分がコレ。笑 この価格でまさかメイン成分に配合されているとは・・・

アミノ酸系の成分でしっとり感重視な成分。モイストの名のとおり乾燥毛やダメージ毛向き!というような成分です。

3,000円~を超えるような高価なシャンプーであればちらほら入っていることもあるんですけどね。この価格で入っているのはかなり珍しいです。
【2022】髪のプロが301品解析!アミノ酸シャンプーランキングBEST5を理由を添えて発表します。

洗浄成分2、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

私が冒頭で嫌いな成分とお伝えしたのがこの成分。

というのも最近配合されなくなりつつある、”ラウレス硫酸”とほぼ同等に洗浄力が強いんですよね(汗)

洗浄成分3、コカミドプロピルベタイン

最後がベタイン系の成分。こちらはほぼ全てのシャンプーに配合されている成分で低刺激性&洗浄力も優しめ。

私の経験上だと、アミノ酸よりもやや洗浄力は高めな傾向があるものの、悪くない成分です。

という感じでしっとり系の成分と洗浄力強!な成分でバランスを取っているような感じ。

ただ、優しい成分+洗浄力強い成分だと洗浄力強い成分の方に、持っていかれるのでグルタミン酸だけのシャンプーよりかは洗浄力は結構高いんじゃないかなと。

ただ、1500円前後の市販シャンプーってことを考慮すると、しっとり感アリ!なグルタミン酸メインだし”まあまあ”・・・と言ったところ。

あぁこれでスルホン酸なしだったら、ゴリ推ししたいところなんだけどなぁ。この価格でそこまで求めるのは酷か。

補修成分は優秀?

主な保湿、補修成分
・加水分解ダイズタンパク(保湿成分)
「しっとり保湿されまとまる髪へ導く」
大豆由来のタンパク質が分解された成分で、毛髪への保湿力の高さが特徴

・加水分解コメタンパク (補修成分)
髪のダメージ部分に入り込み、髪表面が整える。

・加水分解酵母タンパク(補修成分)
髪に必要な栄養素を多く含み、1本 1 本を健康的な髪へ導く。

・ワサビノキ種子エキス(保湿成分)
大気汚染物質や紫外線など外の環境ストレスから髪を保護

・アーモンドタンパク(保湿成分)
コラーゲンとほぼ同じ、分子量の小さいたんぱく質が髪への保湿効果、柔軟化、補修効果を促す。

引用:レブール公式資料より

レヴールシャンプーの公式ページを見ると保湿成分などで”ウリ”にしているのがこの辺りの成分。

加水分解~系の保湿成分やら保湿成分はまあまあ入っている感じですね。

加水分解ダイズタンパク、コメタンパク辺りは他のヘアケア系シャンプーにも入っていたりするんですが、逆に言えば鉄板といえば鉄板成分。

この中でもあまり他のシャンプーでは見受けられない成分が”加水分解酵母タンパク”という成分ですね。

公式サイトを見ると、髪に必要な栄養素を含み、健康な髪に導く・・・とのこと。

ただ、髪に対してどの程度補修力や保湿力があるのか?!みたいな、データ等特に見つけられなかったので、どんくらい効果的なのかは不明。

あと、モイストの割にはベーシックな保湿成分であるグリセリンの配合量が意外にも控えめ。

結構モイスト系のシャンプーってゴリッゴリにグリセリン入っていることも多いんですが、毛髪に浸透しやすい加水分解系の保湿成分とアミノ酸系の洗浄成分でモイストモイストさせようとしているのは好印象。

この成分!っと興奮するようなものはなかったんですが1500円程度の価格帯と考えると良成分ではあるかなぁとは思います。

【結論】価格を考えたら普通の良シャンプー

どんな人向きか?

・洗浄力が優しすぎるとべたつきやすい
・スルホン酸は気にならない
・髪質はやや細毛~普通毛
・ライトダメージ~ミドルダメージ以下

もしあなたが上に当てはまるなら使ってみるのはアリ。

スルホン酸の洗浄力が気になるものの、メイン成分はグルタミン酸なので、一気にゴワッゴワになるってことは少ないはず。

洗浄力はやや強めだと思われるんで、「ダメージが気になって気になって仕方無いわぁ」問人向きではないものの、ライトダメージ毛くらいなら割と満足度高いかなと。

あぁこれであとスルホン酸が別の成分だったらなぁ・・・(2回目)

というわけで、このシャンプーが気になっている人はぜひぜひ参考にして頂ければ幸いですm(_ _)m

実際に使ってみたのでレビューしてみました!↓
【解析&口コミ】レヴール シャンプー(リッチ&モイスト )を使った5つの本音とは?

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

もし、あなたが「どのシャンプー使っても満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです
髪のプロが301品解析して分かった!アミノ酸シャンプーランキングBEST5を理由を添えて発表します。

300種使って分かった!ダメージ&乾燥毛向き市販シャンプー8選を価格別に紹介します!

【2022年版】安くても良質!市販シャンプー8選と選んだ理由を発表します。

もし、あなたが当記事を読んで「面白かった!」っと感じたら、是非Follow!頂ければ幸いですm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。