【元美容師が解析】成分も優秀!エンシェールズカラーシャンプーを評価した結果!

元美容師Mです。

シャンプーなのに紫に染まってくれるムラサキシャンプー。通称ムラシャンの1つである『エンシェールズカラーシャンプー』の成分を解析&評価していきたいと思います。

ムラサキシャンプーと言うとちょっと前までは、ブリーチ毛の黄ばみをムラサキの色素で抑えてキレーな白っぽいカラーに近づけるアイテムでした。

が、最近はムラサキに染める為に使われるパターンも多いみたい。

ただ、ムラシャンとかのニッチ系シャンプーってメチャ洗浄力が高かったりするんです(汗)染まれば何でもOK!みたいな。

ただ、今回のエンシェールズは他のムラシャンとは違う。ムラサキに染まるシャンプーなのに洗浄力もなかなか素晴らしいんですよ、コレが。(ムラシャンにしてはですが)

っという事で、当記事ではエンシェールズがどのくらい染まるか?ではなく、本当に髪に優しいシャンプーなのか?!を成分を見ていきたいと思います。

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ記事30選!

⇛【2019年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

【最重要】エンシェールズカラーシャンプー(紫)の洗浄成分は?

ムラサキシャンプーだろうと、育毛シャンプーだろうと絶対にチェックして欲しいのが”洗浄成分”です。

っというのもシャンプーに配合されている成分なんて水が6~7割で、洗浄成分が2~4割。ムラサキに染める染料や保湿成分なんて残りの1割り程度の中にしか配合されていません。

つまり!シャンプーに置いて最も影響力が高いのが”洗浄成分”というわけです。水は何をどうこだわろうと水でしか無いので。

もし、あなたがシャンプーを購入する際は「どのくらい染まるのか?」だけじゃあ無く、本当に髪や頭皮に優しい洗浄成分が使われているのか?!もチェックしてくださいね。

っという事で、エンシェールズカラーシャンプーの全成分がコチラ↓

水、グリセリン、コカミドプロピルベタイン、PEG-3ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Na、ココイルグルタミン酸TEA、ジステアリン酸グリコール、ラウラミドMIPA、塩化Na、加水分解野菜タンパク、ヒアルロン酸Na、テオブロマグランディフロラム種子脂、白金、PPG-9ジグリセリル、ポリクオタニウム-10、セルロースガム、コカミドメチルMEA、ラウリン酸マルチトール、ラウリルピロリドン、アルキルピロリドン、ペンテト酸5Na、PEG-50水添マシ油、グリチルリチン酸2K、レシチン、トコフェロール、パルミチン酸アスコルビル(スチレン/ビニルピロリドン)コポリマー、ジステアリン酸PEG-3、水酸化Na、塩化Mg、硝酸Mg、エタノール、フェノキシエタノール、ソルビン酸K、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、メチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラバン、ブチルパラベン、イソブチルパラバン、香料、(+/-)HC赤3、塩基性赤76、塩基性青3、塩基性青99、塩基性紫14、塩基性黄57、塩基性茶16、紫401、赤213、赤227、ロキシプロピルアミノニトリフェノール

黄色にマーキングされているのがシャンプーの命運を分けるとも言える、洗浄成分です。

コカミドプロピルベタイン、PEG-3ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Na、ココイルグルタミン酸TEA

「おいおい、ムラサキシャンプーにしては豪華だなぁ~」っと感じてしまったのが私の感想です。あくまでもムラサキシャンプーの中では・・・の話ですが。

他のムラサキシャンプーは”ラウレス硫酸Na”や”パレス硫酸”などの、めちゃめちゃ洗浄力が高い成分がメインなものが多いんですよ。
ラウレス硫酸ナトリウムのシャンプーがゴミ過ぎる3つの根拠とは?

確かに染まるけど、シャンプーの洗浄成分のせいで髪痛みますよね?みたいな(汗)

しかし!今回のエンシェールズカラーシャンプーは本当にマイルドな成分が配合されているので、他のシャンプーよりもパサツキは低いはず!

っというわけで成分の特徴を1つずつ解説してきたいと思います。

成分1、コカミドプロピルベタイン

最も多く配合されるメイン成分とも言えるのがこの”コカミドプロピルベタイン”というベタイン系の洗浄成分です。

決して高価な成分ではなく、500円くらいのシャンプーから3000円を超えるようなシャンプーまで殆どのシャンプーに配合されている成分です。

が、ベビーシャンプーに採用されるほど低刺激、低洗浄力の洗浄成分なんです。

アミノ酸系のシャンプーに比べるとやや洗浄力が高いイメージですが、カラーシャンプーの中ではかなりマイルドな方です。

成分2、PEG-3ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Na

あまり聞き慣れない洗浄成分がコレ。硫酸Na!と、かの有名なラウレス硫酸Na系の超強力な洗浄成分を彷彿とさせますね。

ただ、このアミドMEA硫酸はラウレス系などの高級アルコール系成分よりも刺激性が低けど、そこそこ洗浄力もあるという優れた成分なんです。

よくサロンシャンプーに配合されている”メチルタウリン”系の優秀な洗浄成分に近い成分でGOOD!

ヘアケアシャンプーに配合されるようなアミノ酸系洗浄成分よりは洗浄力は高いのですが、明らかに他のムラシャンよりも優秀な成分なのは間違いない。

成分3、ココイルグルタミン酸TEA

キタキタキター!!私が心から愛しているアミノ酸系の洗浄成分がコレ!お肌や髪と同じく弱酸性の性質で刺激性が低く、洗浄力も非常にマイルド。

しっとりとした質感に仕上がる、コンディショニング性能が高い優秀な洗浄成分であります。

まさか、、、紫シャンプーにこんなGREAT!な成分が配合されているとは・・・

紫シャンプーを検討している人の中にはブリーチ⇛紫シャンプーで染めようと考えている人もいるはず。

そんなブリーチ毛でギッシギシに傷んでしまっている人やパサパサに乾燥してしまっている人でも安心して使用できる成分ですね。

成分を総合的に見ると、ベタイン系の優しい成分をベースにアミドMEAというやや洗浄力が高めな成分で、洗浄力を底上げ。

更にマイルドなマイルドなアミノ酸系のココイルグルタミン酸TEAもプラスしているという感じ。

こちらで紹介しているようなヘアケアシャンプーに比べると↓
【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

見劣りする成分ではあるものの、紫シャンプーの中では優秀、、、っというかトップクラスに素晴らしい成分です。笑

紫シャンプーを使う人って大抵ブリーチや13レベルなどのハイトーンカラーを施しているので、ヘアダメージもかなり蓄積しているんですよね。

しかし!このエンシェールズカラーシャンプーなら、シャンプーによるパサツキやゴワつきを最低限に抑える事が可能かと思われます。

もし、私が紫シャンプーを使うとすればまず、間違いなくエンシェールズは候補に入れると思います。

その他の補修、保湿成分は?

正直言って特別コレすげぇぇッと思えるような保湿成分はありませんでした(汗)

ただ、成分表を見るとお分かり頂けるのですが、洗浄成分よりも多く配合されているのが”グリセリン”という保湿成分です。

水、グリセリンコカミドプロピルベタイン、PEG-3ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Na~~

これはヤヴァイ。

90%以上のシャンプーは水の次に多く配合されるのが洗浄成分なのですが、このシャンプーは洗浄成分よりも保湿成分である”グリセリン”の方が多く配合されちゃっています・・・

この時点でかなり保湿力が高いと予測できます。普通のシャンプーにこれだけグリセリンが配合されていると「べとつき感」が気になる可能性がかなり高い。

が!何度も言うように紫シャンプーを使う人は既にかなりハイダメージ毛になっている乾燥毛が大半。

っという点を考慮すると、グリセリンがこのくらい高濃度で配合されているのもアリ!かと。

他に加水分解野菜タンパクという毛髪の強度UPさせるタンパク質成分や、ヒアルロン酸Na等の最低限の保湿成分も配合されているので「スゲー!」っとまでは言わなくても”悪くは無い”と思います。

ヘアケアシャンプーじゃなく、あくまでもカラーシャンプーなのでこれ以上は求めません。笑

【結論】紫シャンプーの中では”トップクラス”に優秀な成分でした。

私自身、数々の紫シャンプーを使ってきましたが、成分だけで言えばエンシェールズは現時点でトップクラスの優良成分なのは間違いないです。

アミノ酸シャンプー並だ!とは言いませんが、週に数回使うくらいのシャンプーであればこの程度の洗浄成分、保湿成分でなんにも問題無しッ!

私も実際に購入して使ってみたのですが、「これ本当にカラーシャンプーなの?」ってくらいネットリシットリした質感で不満はありませんでした。笑

さすがにアミノ酸のシャンプーに比べるとやや引っかかりは感じられたものの、優秀なのは間違いない。

ただ、、、「いくら成分が優秀でも染まらなければ何の意味も無いッ!」っというのは事実なので、次回はエンシェールズ紫シャンプーがどの程度染まるのか?全力で検証していきたいと思います。

※実際にエンシェールズでどのくらい染められるのか?検証した結果はこちら!↓
【元美容師が検証】エンシェールズのムラシャンで10回連続染めた結果・・・

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。
もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2019年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2019年版】市販シャンプーランキング8選と選んだ理由を発表します。

もし、あなたが当記事を読んで「面白かった!」っと感じたら、是非Follow!頂ければ幸いですm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者 元美容師M

元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。