【元美容師が解析】こんな人は買うな!ラフィーシャンプーの成分の弱点とは・・・

元美容師Mです。

美容師が開発したシャンプーと宣伝している「ラフィー(Raffi)シャンプー」の成分を全力で解析&評価していきます。

美容師の経験がある私からすると「美容師が開発した」と言われると、正直「うぇぇ、あんまし使いたくない・・・」と思っちゃうのが本音ではあります。

美容師だからといって、シャンプーの知識が有るわけでもないので・・・

ただそれだけですと偏見まみれのレビューになるので、どういう成分が配合されていて、どういう特徴のあるシャンプーなのか?客観的に見ていきます。

もしあなたが、ラフィーシャンプーを検討しているなら、一緒に見ていきましょう!

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ28選!

⇛【2019年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

【最重要】ラフィー(Raffi)シャンプーの洗浄成分は?

ラフィーシャンプーの価格と詳細はコチラ

もし、あなたがシャンプーを新しく検討する機会が多いのであれば、絶対に絶対に最低限シャンプーの洗浄成分がどのようなものが配合されているのか?は見ていただきたいです。

なぜならシャンプーの成分の6~7割は水で2~3割が洗浄成分で、残りの数%が粘度調整剤や香料、補修成分などで構成されているんです。

つまり!!水はどこまで行こうと水ですので、最も影響力がある成分が2~3割程度を占める、洗浄成分!というわけですね。

もし、この洗浄成分が暴力的に強かったりすれば、シャンプーをすればするほど頭皮や髪を痛めつけ続ける事になるので、最ッ低でも洗浄成分だけは見るようにしましょう。

という事で今回のラフィーシャンプーの全成分がコチラ↓

水(海洋深層水由来)、ラウラミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、ラウレス-6カルボン酸Na、グリコシルトレハロース(Tornare)、ベタイン、ポリクオタニウム-10、加水分解水添デンプン、BG、加水分解シルク、オキナワモズクエキス、香料、安息香酸Na、フェノキシエタノール、エチドロン酸

黄色にマーキングしている成分がラフィーシャンプーの命運を分けるとも言える洗浄成分になります。

この洗浄成分のみを抜き出してみると・・・

ラウラミドプロピルベタイン、ラウレス-6カルボン酸Na

Theシンプル&シンプル。ダメシャンプーの傾向としてとにかくいろんな成分をぶち込む傾向があるのですが、このシャンプーはたった2種類とかなり好印象。

洗浄成分1、ラウラミドプロピルベタイン

洗浄成分で一番最初に表記されているのがコチラの成分なので、最も配合量の多いメイン成分とも言える成分がコチラの『ラウラミドプロピルベタイン』

ラウラミド~というと一見アミノ酸系の洗浄成分っぽく感じますが、アミノ酸系ではなくベタイン系の洗浄成分ですね。

500円程度の市販シャンプーによく配合される『コカミドプロピルベタイン』とほぼ同等の成分で、成分としてはベビーシャンプーに配合されるくらい超低刺激&超マイルドな洗浄成分なので悪い成分ではない。

のですが、ベタイン系はかなり、かなり頭皮に残り易い性質があるので、もしあなたのすすぎ時間が1分未満とかであれば、頭皮がベタつく可能性がかなり高いです。

ベタイン系がメインのシャンプーを使う時はできれば2分以上、メッチャ念入りにすすいでくださいね。

洗浄成分2、ラウレス-6カルボン酸Na

ラウレス~と聞くとラウレス硫酸Naのような暴力的に強力な成分を彷彿とさせますが、この成分は酸性石鹸系の洗浄成分でラウレス硫酸Naに比べると優しい洗浄成分です。

ラウレス-6カルボン酸Naの数字が大きくなればなるほど、刺激が優しいと言われ、シャンプーに配合されるのは大抵ラウレス-4~からですので~ラウレス-6はそれに比べると、かなり刺激の低い成分だと言えます。

と言ってもベタイン系よりはやや洗浄力高めの成分なので、

普通の石鹸系シャンプーはアルカリ性に偏っているので、髪の表面キューティクルが開いてバッサバサになってしまうのですが、コチラは酸性石鹸なのでキューティクルが開きまくるということも無いですね。

総合的に見ると、かなり優しい洗浄成分ベタイン系がメインでその洗浄力を強めるために、ラウレス-6カルボン酸Naが配合されている・・・

という狙いが感じ取れますが、ベタイン系の成分がメインの場合はメッチャクチャ洗浄力が弱いので、オススメできません。

もしあなたがかなりの乾燥体質、髪の毛が太く剛毛であるならこのシャンプーを使ってみても良いかもしれません。

が!逆に油分が多い人が使えば、99%「髪の毛洗っていない人」みたいにベタつくでしょうし、髪が細い人が使ってもベタッとする可能性が極めて高いです。

実際購入者の口コミを見ても、かゆみが出る!と言う人も一定数いますので、要注意。

洗い流してもずっとぬめりを感じていつまで流せばいいんだろうという感じだったのと、使ってすぐ頭皮に湿疹ができたのがだめでした。

洗った翌日すごく痒くなります。保湿重視なのか、十分流してもさっぱり感はなく、洗った感じがしません。

泡立ちもそれなりに良いと思いますが、頭皮が痒くなるので私には合いませんでした。

出典:Amazonレビューより

そして、公式サイトには頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーと記載されているのですが・・・

アミノ酸系の成分は一切見受けられませんでした。ほんのちょっぴりアミノ酸系の成分を配合して、アミノ酸”系”シャンプー!と宣伝しているシャンプーは数多くあります。

ここまで潔くアミノ酸系成分が入っていないものも珍しいです(汗)

果たしてアミノ酸成分とは?(哲学)

オキナワモズクエキスに効果はあるのか?

ラフィーシャンプーの公式ページでやたらと推している成分の1つに「フコイダン」があります。

私は最初にこの成分を見た時に「いやいや、いくらヌルヌルの成分だからって効果なんて無いでしょ」と思ったのですがが・・・

フコイダンを育毛効果があるという実証実験データも某大手発毛企業のデータで出ています。


引用:アデランスフコイダン研究データより

ただし!これはあくまでもマウスの毛髪が伸びた!という実験データであり、人間の毛髪が伸びたというデータは今の所ないので、興奮して育毛効果に過度の期待をするのは止めておいたほうが良さそう。。。

もう一つ言うとラフィーシャンプーの成分を見ると「フコイダン」と記載されているわけではなく、あくまでもオキナワモズクエキスとしか書かれていません。

普通、配合されていればクラドシホンノバエカレドニア工多糖体(フコイダン)とか表記するものですが、書いてあるのはオキナワモズクエキスのみ。

これは筆者の勝手な予想ですが、もしかするとオキナワモズクエキス(フコイダンが配合されているかもしれない)配合ということなのかもしれません。

普通はもずくエキスから抽出して配合するものですが、もずくエキスをそのままぶち込んでいるのかもしれませんね。

【結論】悪くは無いシャンプーですが・・・

成分的に言えば悪くは無い、悪くはないのですが・・・やはり洗浄力がメッチャ弱いのがかなり気になるところです。

何度でもお伝えしたいのですが、もしあなたが細毛もしくは、頭皮の油分が多めというのであれば絶対にこのシャンプーは避けたほうが良いです。

逆に剛毛で乾燥肌という人は1度くらい使ってみるのは良いかもしれませんが、特に特徴の無いこのシャンプーを選ぶ理由も感じられません。

もしあなたが、もっともっとダメージケア重視したシャンプーを使いたい!という事であれば、アミノ酸系でなおかつ、毛髪補修成分がふんだんに配合されている物を選ぶべきだし。
元美容師Mの全知識、経験を注ぎ込んだ本気のアミノ酸シャンプーランキング一覧(暫定)

お財布事情が・・・と言う人でも、市販のシャンプーのレベルも徐々に上がっていますからね。
元美容師が全力で2017年最強の市販シャンプーランキング5選を発表します。

「悪いシャンプーではないが、コレを使う理由が1つも見当たらない」という事でこの記事を締めくくりたいと思います。

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。
もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2019年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最ッ高!の市販シャンプーランキング8選を発表します。

2 件のコメント

  • すずむし より:

    ラウラミドプロピルベタインの構造を調べてみたところ、アミノ基とカルボキシル基を持っているので、広義にはアミノ酸であると思われます。
    なので、ベタインであり、アミノ酸でもあるというのが正しいかと思います。
    シャンプーの説明をする場合、何をもってベタイン系、アミノ酸系と使い分けているのでしょうか?
    教えていただけると幸いです。

    • ブログ運営者 元美容師M ブログ運営者 元美容師M より:

      コメントありがとうございます!
      厳密に正確に言えば、アミノ酸とも言えるかも知れませんが、一般的にシャンプーの成分でベタインが配合されているからといって、アミノ酸系シャンプーと言いませんので、ベタイン系はベタインと分けています。
      ベタインまでもアミノ酸成分としてしまえば、ラウレス硫酸+コカミドプロピルベタインなどのシャンプーもアミノ酸系シャンプーに分類されてしまい、逆に混乱を招くので分けているのをご了承くだされば幸いです。
      この成分はアミノ酸系成分と表記できるといった明確な法律やルールがあるわけじゃないんで、メーカー側の言いたい放題みたいになっているのも問題なんですけどね・・・

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ブログ運営者 元美容師M

    元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。