【元美容師が解析】ベーネプレミアムブルーリアスパの成分が駄目だと思う理由とは?

元美容師Mです。

最近思うのが、パッケージやネーミングばかりに力を入れているけれど、中身に力を入れているシャンプーが本当に少ない!と説に感じます。

やはり女性としては可愛いパッケージの物を使いたいと思うのは当然だと思うし、何チャラエキス配合!と記載してあれば期待して購入してしまいますよね。

ただ、このシャンプー業界はパッケージや見た目が豪華であるほど、中身が薄っぺらい物が多いという場合が殆どだったりします。(全部が全部じゃないですが)

今回のベーネプレミアムブルーリアスパシャンプーについても、パッケージに関してはスウェーデン出身のデザイナーさんを起用しているとかで、かなりおしゃれなボトルですが、中身に関しては微妙っ!てのが私の意見です。

もしあなたがパッケージが可愛いと言うだけで、ベーネプレミアムブルーリアスパシャンプーを購入検討しているのであれば、是非当記事を読み終わってから、再度検討して頂きたいです。

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ28選!

⇛【2019年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

【最重要】ベーネプレミアムブルーリアスパシャンプーの洗浄成分は何が含まれている?

シャンプーはあくまでも、髪と頭皮を洗浄する商品であり、もしこの洗浄成分が強い物であれば、キューティクルを痛め付けたり、過剰に頭皮の油分を奪ってしまったりとトラブルのリスクが高くなりますので。。。

と言うことで、今回のベーネプレミアムブルーリアスパシャンプーの全成分がコチラ↓

水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、ココイルグルタミン酸2Na、リパーゼ、カオリン、加水分解ヒアルロン酸、海塩、加水分解コンキオリン、メントール、ココイルメチルタウリンNa、ポリクオタニウム-10、グリセリン、デシルグルコシド、乳糖、PCA-Na、硫酸Na、亜硫酸Na、クエン酸、クエン酸Na、EDTA-2Na、塩化Na、酸化Mg、ヘキシレングリコール、PG、BG、安息香酸Na、メチルパラベン、メチルイソチアゾリノン、香料

黄色にマーキングしている成分が、シャンプーの命とも言える、洗浄成分であります。

この洗浄成分だけを抜き出して見ると・・・↓

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、ココイルグルタミン酸2Na

「ででで出た~」という感じですね 笑 『オレフィン(C14-16)スルホン酸Na』

この成分はかなり強力な洗浄力で、刺激性もかなり高く、悪名高いラウレス硫酸naなどと同じくらい強力な洗浄力を持っている洗浄成分です。

ラウレス硫酸ナトリウムのシャンプーがゴミ過ぎる3つの根拠とは?

私はもうこの時点で、このシャンプーを選択する事は確実に無いです。

近年ではラウレス、ラウリル硫酸系の成分が髪や頭皮に対して、洗浄力が強すぎると言うのが一般的にも広まってきているからか、ラウレス硫酸系などの代わりに『オレフィン(C14-16)スルホン酸Na』が配合されているパターンがかなり増えてきました。

よくサルフェートフリーと記載して、ラウレス系の洗浄分が入っていない事をアピールしているシャンプーもありますが、大抵の場合このオレフィン(C14-16)スルホン酸Naが配合されている事が多いです。

私からしてみれば「結局、洗浄力高いじゃねぇかっ!」と突っ込みたくなります。笑

ただ、次点で配合されている『コカミドプロピルベタイン』に関してはベビーシャンプーなんかにも配合されているほど、低刺激かつマイルドな洗浄力で、よくこの手のオレフィン(C14-16)スルホン酸Naなどの安価で強力な洗浄分の洗浄力を抑えるために配合されている成分です。

刺激性は低いのですが、よく500円のシャンプーなんかにも含まれているので、珍しくともなんとも無いですが・・・

最後に表記されている『ココイルグルタミン酸2Na』に関しては私の大ッ好きな、大ッ好きなアミノ酸系洗浄成分で刺激も低くかつ、洗浄力も適度にマイルド。

出来ればこの成分の濃度の比重をアップしてくれれば、いいのですが流石に1000円以下のシャンプーでそこまで求めるのは酷かもしれませんね。

全体的に見ると、低刺激な成分も含まれていて、バランスがとれていル用にも見えますが、最も配合量が多いとみられるオレフィン(C14-16)スルホン酸Naがメインの時点でかなり強力なので、私は一切オススメしません。

過剰に油分をとるのでは?頭皮の油分=悪は間違いである。

洗浄成分自体もかなり強力な成分で、頭皮や髪の油分を根こそぎ脱脂する成分で構成されています。

にも関わらず、洗浄成分以外でも、油分を除去するリパーゼという成分まで配合されているんですよね。このリパーゼがどれだけの脱脂力を誇っているのか?については見受けられませんでした。

「一体どれだけ油分を根こそぎ奪っていくんだ?!」ってくらいに油分除去を謳っていますが、基本的に人間の頭皮にはある程度の油分が残っている方が正しいといえます。

油分=悪!汚い!と思われる人もいますが、頭皮の油分があることで、頭皮を弱酸性に保ち、耐菌性を高めたり髪の毛の保湿力アップしたりと必要な成分で決して、汚れが排出されているわけでは無いですからね。

頭皮の脂分が多くて気になる!と言う人でも、毎回毎回根こそぎ油分を奪い去ってしまうと、「油分が足りないな!」と頭に認識され、更に油分が多く出てしまうと言う悪循環に陥ります。

その点から考えても、油分が多いからと言って、闇雲に強い洗浄剤を使うべきでは無いというのが私の意見ですね。

油分が多いなぁと感じるので、あれば一発で根こそぎ油分を取るようなシャンプーを使うのでは無く、アミノ酸系のマイルドな洗浄分で2シャンなどして少しずつ油分を取っていくことが正解です。

【結論】脱脂力が強すぎだと思われる。特にカラー、パーマなどしている人は止めておくべき。

洗浄成分がラウレス硫酸などとも引けを取らないほど、洗浄力の高く刺激性も高い『オレフィン(C14-16)スルホン酸Na』が配合されている時点であまりにも強すぎますし、私は絶対に一生使わないと思います。

更にこれほど洗浄力が高い成分が配合されている点からして、カラー、パーマを施術している人が使用すれば、ほぼ間違い無く「バッサバサになったわぁ」とパサつきを感じるはずです。

パッケージがシャレオツなのですが、見た目だけにお金を掛けて、中身はそれほどでも・・・という商品が多すぎますね。くれぐれもパッケージがおしゃれだから!と言う理由だけで、シャンプーを購入する事は避けるようにしましょうね。

 

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。
もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2019年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最ッ高!の市販シャンプーランキング8選を発表します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者 元美容師M

元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。