【解析】ソープオブヘア1の成分はどんな人向き?元美容師が全力で解析した結果・・・

元美容師Mです。

ソープオブヘア1は私が美容師として勤めていた時にも、よくお客さんから「このシャンプーいいわっ!」とトークが弾んだ経験が何度かあります。

もちろん、当時は自店で扱っているシャンプー意外を褒める=店長にシバカレルを意味していたので、いいですね!とは中々言えなかったんですよね。

成分を見た時、正直に言って「うおっ!このシャンプー良いわ・・・」と心の中で叫んだ覚えがありますw

ただ、今回は完全匿名性を活かして、えこひいきなしでソープオブヘア1の成分を余すことなく解説していきます。

もし、あなたがソープオブヘア1の購入を検討しているのであれば、当記事を読み終わってから判断していただくことを強く、強くオススメします。

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~
髪質を改善が改善される⇛人生の幸福度が上がる!っという信念の当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして発信しています。

【元美容師が選ぶ!】髪質改善アミノ酸シャンプーランキング4選を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ記事30選!

⇛【2021年版】元美容師が選ぶ!炭酸シャンプー3選はコレ!

【2021年版】安くても高品質!2,000円以下市販シャンプー8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

ソープオブヘア1の洗浄剤を解析した結果…

シャンプーを選ぶ際に100%何が何でも確認するべき成分が洗浄成分であります。

どんなに業者が「このシャンプーは○○というエキスが入っていて~」と説明していても、そんな物よりもなによりも、まずはシャンプーの基礎となる洗浄成分に必ず目を向けてください。

洗浄成分がアウト!ですと、その他の成分にどんなに優れた成分が配合されようとも、すべて台無しになってしまうのです。

強力な洗浄成分だと、髪の毛の表面、キューティクルをガンガン痛めつけていきますし、頭皮にもダメージを与え続けますからね。

と言うことで、ソープオブヘア1の全成分がコチラ↓

水、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドプロピルベタイン、スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na、グリセリン、ジステアリン酸PEG-150、ポリクオタニウム-10、PEG-60水添ヒマシ油、ココイル加水分解コラーゲンK、加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解コラーゲン、ヘマチン、ポリクオタニウム-51、甘草エキス、ウイキョウエキス、ホップエキス、カミツレエキス、セイヨウノコギリソウエキス、セイヨウヤドリギエキス、メリッサエキス、クエン酸、エタノール、フェノキシエタノール、安息香酸Na、メチルパラベン、香料

黄色に表記されている成分が洗浄成分となっています。これらを抜き出すと↓

ココイルグルタミン酸TEA、コカミドプロピルベタイン、スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na、ココイル加水分解コラーゲンK
※洗浄成分

うんっ!全体的にマイルドな洗浄成分で構成されていてますし、髪や頭皮にマイルドなアミノ酸系洗浄剤『ココイルグルタミン酸TEA』が配合されていればダメージ毛向きシャンプーとしてはGOOD

このココイルグルタミン酸TEAは洗浄成分でありながら、髪の毛をしっとりさせる効果もあるほど優しい洗浄成分で、市販のシャンプーなんかにはほぼ配合されることは少ないです。

ダメージ毛の事を考えると、この洗浄剤に行き着くんじゃないか?と言うくらい、洗浄力としっとり感のバランスがとれている洗浄成分です。

ただ、このソープオブヘア1で「残念だなぁ」と思ったのが次点で配合量が多いと思われる、コカミドプロピルベタインという成分。

こちらの成分もかなり低刺激なのは、低刺激なのですが安価なシャンプーの緩和剤として、市販シャンプーにも多く含まれている洗浄剤ですし、「これだったらもう少し補修力のある、アミノ酸系を多く配合してほしいなぁ」と言うのが私の意見です。

しかしながら、全体的にはかなりマイルドな洗浄力で保湿力もあり、尚且つ必要最低限の洗浄力はしっかりありますので、シャンプーとしてはかなりハイランクな代物。

市販のシャンプーから切替えれば、ほぼ確実に違いが感じられる筈っ!

ソープオブヘア1の2つの特徴成分もかなりgood!

洗浄成分を確認したら、次に確認すべきはそのシャンプーの特徴的な成分です。

ただ、ここで注意して欲しいのが『○○植物エキス配合!』というような、植物性のエキス、オイルに関してはただ「天然素材をつかっています」を演出したいが為に配合している事が殆どなので、植物性のエキス、オイルについては殆ど無視でOK。
※もちろん効果の大きいオイル、エキスもありますがそのような成分があれば、当ブログではしっかり記載していくのでご安心頂きたい。

そして、ソープオブヘア1特徴的とも言える成分が

・ヘマチン
・加水分解ケラチン、コラーゲン

このの辺りはかなり高価な成分で、髪や頭皮に対してかなり+の作用を及ぼしてくれます。

ヘマチンは髪の毛に残った、カラー、パーマ剤の残留薬を除去によるダメージ予防、頭皮環境改善、消臭作用などなどもうシャンプーに配合されるために生まれてきたんじゃないの?ってくらい万能の効果が期待出来る成分なのです。

そして、加水分解~の成分は髪の毛を、構成するケラチンタンパクを擬似的に配合する事によって、髪の毛のハリコシ感をグンっとアップさせる効果があるのです。

こちらの成分についても、「髪の毛が細くてふにゃっとする」というお悩みや「ダメージが酷くて、立ち上がりが悪い」なんて人には持ってこいの成分だと言えます。

【結論】かなりハイランクなシャンプー!

洗浄成分から特徴成分まで文句なし!のかなりハイランクなシャンプーだと言い切れます。

シャンプー設計者さんのシャンプーに対する愛がヒシヒシと伝わりますし、このシャンプーを使って満足出来ないっ!って人はそうそういないんじゃないかと。

確かにこのシャンプーはヘマチンなど髪の毛を補修し、ハリコシ感もアップするケラチンなども配合されているのですが、私が現時点でリアルタイムで使っているこちら

この両者の比較についてはコチラの記事も是非目を通して欲しいです。

と言うことで是非是非、当記事を参考に購入を検討してみてくださいね。

もし、あなたが当記事を読んで「面白かった!」っと感じたら、是非Follow!頂ければ幸いですm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。