【解析&口コミ】アルジェラントリートメント(モイストグロー)を使った5つの本音とは?

先日レビューしたアルジェランモイストグローのシャンプーの使用感がかなり良かったんで↓

トリートメントの方もどんな成分が配合されているか?どんな人向きなのか?解説していこうと思います。

シャンプーはかなり良くて万人向け!って感じだったんですが、トリートメントの方はちょっと人を選ぶかなぁという感じ。

良トリートメントではあるんですが、トリートメントなのに”ノンシリコン”なんですよね。

シャンプーのレビューはコチラ↓
【解析&口コミ】アルジェランシャンプー(モイストグロー)を使った5つの本音とは?

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~
髪質を改善が改善される⇛人生の幸福度が上がる!っという信念の当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして発信しています。

髪のプロが197品検証!アミノ酸シャンプーランキングBEST5を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ記事30選!

⇛【2021年版】頭皮&髪質ケアできる炭酸シャンプー3選はコレ!

【2021年版】安くても高品質!2,000円以下市販シャンプー8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 【成分解析】アルジェラントリートメント(モイストグロー)の配合成分は優しい?

水、チャ葉水*、パルミチン酸エチルヘキシル、セタノール、グリセリン、ベヘントリモニウムクロリド、ステアリルアルコール、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク、カカオ脂、ヤシ油、アーモンド油**、ニオイテンジクアオイ油、ジャスミン油、ナツミカン花エキス*、ヒノキ油、カボス果皮油、スダチ果皮油、ユズ果皮油、イヨカン果皮油、ヒノキ木油、クスノキ樹皮油、レモン果皮油、ニオイテンジクアオイ花/葉/茎エキス*、BG、タチジャコウソウ花/葉エキス*、ジステアリルジモニウムクロリド、セイヨウニワトコ花エキス、リモネン、ステアリン酸グリセリル、ラバンデュラハイブリダ油、(イソステアリン酸ポリグリセリル-2/ダイマージリノール酸)コポリマー、オレンジ油、ヒドロキシエチルセルロース、アオモジ果実油、イソプロパノール、クエン酸、ウイキョウ果実油、アルギニン、ダイマージリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)、イランイラン花油、リナロール、ベヘニルアルコール、ローズマリー葉油**、安息香酸Na、エタノール、ニュウコウジュ油、フェノキシエタノール、ゲラニオール、センチフォリアバラ花油、香料、ダマスクバラ花油

私が常にお伝えしてるのが、シャンプーを選ぶ際はずぇったいに成分をチェックせよ!とうこと。

これはトリートメントでも一緒で、どんな成分が入ってるのか?は必ずチェックするべきです。

しっとり向き!とか書いてても実は成分見るとサラッと系のトリートメントだったりね・・・

シャンプーと違って直接お肌にあまり触れないんですが、やっぱりチェックしといたほうが良いです。

というわけでトリートメントのベース成分を見てみるとこのような感じ↓

トリートメント成分1,パルミチン酸エチルヘキシル

水分の次に多く配合されているのが、この成分。エモリエント成分と言われる成分で、水分の蒸発を防ぎ、潤いを保持する役割のある成分ですね。

大抵のトリートメントは一番多い成分が”ジメチコン”などのシリコン系皮膜成分だんですが、アルジェランはノンシリコンにコダワッているらしく、エモリエント成分が主成分。

トリートメント成分2、グリセリン

シャンプーなんかにも良く配合されるかなりポピュラーな保湿成分。

トリートメント成分3、ベヘントリモニウムクロリド

かなり多くのトリートメントに配合される、成分で帯電防止や髪をなめらかな手触り感を与える成分。

4級カチオンで刺激性がある成分なので、あまりお肌につかないほうがいい成分ですね。

神経質になりすぎるのも良くないですが、かといってべちょっと頭皮にはなるべく付けたく無い成分です。

と言った感じで、ベースのトリートメント成分に関しては、保湿成分やカチオン系の成分くらいで、被膜成分がないので即効性はかなり薄いかと。

トリートメントなのに、ノンシリコンだと使ってすぐ手触り感がよくなるわけじゃないので、ダメージが酷い人や乾燥が気になるぅという人だとほぼ間違いなく物足りなく感じるハズ。

個人的にはトリートメントには少量でもシリコン配合していた方が良いかなぁと思ってます。

そもそもトリートメントの役割って、手触り感アップが主ですし。

ただ、その他の補修成分などはアルジェランらしくかなりGOOD!

っという事で私がコレはッ!っと思った成分と特徴を解説してきますね。

その他の保湿、補修成分は?

1,ジラウロイルグルタミン酸リシンNa(毛髪補修成分)

まずはコレぇぇええ!私が補修成分の中で最も大好きな成分別名『ペリセア』です。

髪の毛に付着するとたったの1分で高速浸透&補修してくれるという成分。

・角層内部に浸透し、セラミドと同様の働きで皮膚のバリア機能を保持し、肌の弾力・キメを保持します。

・毛髪の深部に浸透し、傷んだ毛髪の強度・太さ・水分量を改善、ハリコシ感・スベリ感を与えます。

・ペリセアは1分間という短い処理時間で毛髪深部まで浸透します。

引用:旭化成ファインケムより

これはシリコンなどの”とりあえず手触り感良くして誤魔化す系”の成分と違って、ガチの補修成分です。笑

ちなみにこのGOODな補修成分はアルジェランのシャンプーにも配合されています↓
【解析&口コミ】アルジェランシャンプー(モイストグロー)を使った5つの本音とは?

2,セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク(毛髪補修成分)

髪の表面である18MEAを補修してくれるという成分。

健康な髪はキューティクル表面に18MEAというバリア成分が覆われていて、これが髪の艶感や手触り感アップに寄与しているんです。

が!この18MEAはめっちゃ壊れやすい性質なので、カラーやらパーマなどのケミカル処理すると一撃で壊れちゃいます・・・

この18MEAに似た疑似成分がこのコメタンパク成分。

出典:https://seiwakasei.jp/wp/wp-content/themes/seiwa-kasei/pdf/vegetamide.pdf

ペリセアが髪の内側を補修する成分でコッチは外側を補修するという感じ。

適当にアレコレ成分が入っているわけじゃなく、シャンプーと同じくちゃんと考えられてますね~。笑

とこれらの成分はかなり良さげなんですが、他の成分に関しては植物系のエキスやらオイルやらがほとんどで、そんなにコレは!っと思える保湿成分とか無いんですよね。

植物系の成分も悪くはないですが、これらを配合してもちょぴぃぃっと保湿されるかな?くらいなので、あんまり期待しすぎないほうが良いかなと。

ノンシリコンなので、即効性は低く使った直後はサラッと感はそこまで感じないと思いますが、補修成分は入ってるので長期的に使うというなら悪くないかなとは思います。

成分まとめ
・ノンシリコンなので即効性は無い

・髪の内、外側を補修する成分が入っている

・普通のトリートメントだとベタつく人ならアリ

【解析&口コミ】アルジェランシャンプー(モイストグロー)を使った5つの本音とは?

【使用後レビュー】使って分かった!5つの本音

本音1,トリートメントのテクスチャや使いやすさは?

というわけで成分だけじゃわからないトリートメントの使用感もレビュー。

う~ん、やっぱり思ったとおりノンシリコンなだけあって、めちゃ柔らかいテクスチャです。笑

以前レビューしたガッチガチのシリコン系トリートメントである、パンテーンと比べると断然やわいです。

本音2、トリートメント後の使用感は?

で、肝心のトリートメントの使用感ですが・・・

思ったより良いっ!

ノンシリコンなのでキュッキュするかなぁと思ったんですが、トリートメントをすすいだ後でも、髪がしっとり保水している感触あって悪くない使用感。

とは言えやはりシリコン系のトリートメントに比べると、使った直後のトゥルトゥル感はかなり劣ります。

シリコン系のヌルっとした感触が好きじゃない人や、アウトバストリートメントを必ずつけるという人にはかなりいいかも

本音3、香りはどうなの?

香りもシャンプーと同じくゼラニウム精油とジャスミン精油の香り。

なんと無く温泉っぽい香りに感じるんですが、なんて言えば良いんでしょうねコレ。

個人的には好きな香りですが、好き嫌い分かれそうな予感はします。

本音4、お試し用が100円くらいで購入できる

もし気になる人がいたらお試し用をドラッグストアなどで使うのがおすすめ。

結構、ソフトな使い心地なので人によっては「シャンプーは良いけど、トリートメントは物足りなく感じる」と言う人もいるハズなので・・・

本音5、どんな人向き?

シリコンが無いのでメチャ軽い質感ではあるものの、逆にいうとベタつきやすいけど、ダメージ毛が気になる人向き。

髪質的には細毛~普通毛の人向けですね。完全に。

例えば細毛さんとかだとシリコンベチョベチョにつけると、髪がオイリーになりすぎる事もありますが、補修成分は入りつつも軽い質感なので使いやすいかと。

これで物足りなかったら、アウトバストリートメントなんかで調節する手もありますし。

逆に言えば既に髪が引っかかりまくる!とかいう人だと、「え?これトリートメントなの?」と感じる人もいるかと(汗)

【結論】ノンシリコンでダメージ毛が気になる人ならアリ。

個人的にはトリートメントにはシリコンは必要派。ではあるものの、人によってはシリコンあんまり使いたくなぁと言う人もいるはず。

そんな人にはこのアルジェラントリートメントはちゃんと補修成分も入っているし、使ってみる価値はあるかなぁと思います。

シリコンで表面的な手触り感を良くするだけだぜ!ってわけでもなく、内外側を補修する成分はどっちもちゃんと入っているので長期的に使うならアリかと。

というわけでぜひぜひ参考にして頂ければ幸いです!
トリートメントよりシャンプーが絶っ対重要だと言える3つの理由とは?

シャンプーのレビューはコチラ↓
【解析&口コミ】アルジェランシャンプー(モイストグロー)を使った5つの本音とは?

300種使って分かった!ダメージ&乾燥毛向き市販シャンプー8選を価格別に紹介します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。