【元美容師が解析】コスパ悪いと思うよ!アフロディアソ ナチュラリスシャンプーの成分を徹底レビュー!

元美容師Mです。

今回は読者さんからリクエストを頂いたシャンプー『アフロディアソ ナチュラリスシャンプー』の成分をいつものように全力成分を解析&レビューしていきます!

このシャンプーのレビューを見ると「紫にボトルにピンクの文字が可愛いボトルですね!」と書いてあるサイトが多いんですが、このデザインでオシャレというのはちょっと無理があるような(汗)

で肝心の成分の方ですが結論から言うと、優良シャンプーなのですがコスパ悪いなぁ~というのが私の意見です。

どんな成分が配合され、「どんな特徴なのか?」「なぜコスパが悪いのか?」を解説していきますので、もし、あなたがアフロディアソ ナチュラリスシャンプーを検討しているならぜひ当記事を参考にしていただければ幸いです。

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ記事30選!

⇛【2019年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

【最重要】アフロディアソ ナチュラリスシャンプーの洗浄成分は?

当ブログに何度か足を運んでい頂いている人にはそろそろ呆れられそうですが、超重要事項なので暗記できるまで何度でもお伝えしたい。

それがシャンプーを選ぶときは「ぜっったいに洗浄成分をチェックしろ!」ということです。シャンプーは頭皮や髪を”洗浄するもの”

しかも365日ほぼ毎日、毎日直接頭皮や髪の毛のに触れ続ける洗浄剤なんてシャンプーだけです。もし、毎日毎日触れるシャンプーの洗浄成分が必要以上に強力な洗浄力だったら、毎日、毎日髪や頭皮を痛め続けることになりますからね。

この文章を読んでしまったあなたは今日からでも良いので、「自分の使うシャンプーがどんな洗浄成分を配合しているのか?」はずぇっったいチェックしましょう!

ということで、今回の『アフロディアソ ナチュラリスシャンプー』の全成分がこちら↓

水、BG、プロパンジオール、ココアンホ酢酸Na、グリセリン、 ココイルメチルタウリンNa、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドDEA、ラウラミドプロピルベタイン、PEG – 15、ココポリアミン、ラウロイルメチルアラニンNa、エタノール、フェノキシエタノール、ポリクオタニウム-10、クエン酸、塩化Na、アルガニアスピノサ核油、ベンタクレスラマクロロバ種子油、クダモノトケイソウ種子油、コメヌカ油、アサイヤシ果実油、トコフェノール、オレンジ油

黄色にマーキングしている成分がシャンプーの性格を決定する洗浄成分です。

この洗浄成分が強力であると、頭皮や髪を必要以上に洗浄するので乾燥したり、カラーやパーマの持ちが異様に悪くなったりするってワケです。

ココアンホ酢酸Na、ココイルメチルタウリンNa、ココイルグルタミン酸TEA、ラウラミドプロピルベタイン

主にこの4つの成分がこのシャンプーの性格を決定付ける洗浄成分になります。

厳密に言うと、ラウロイルメチルアラニンNaも洗浄成分ですが、配合量は少ないと思われるので、あまりこの成分の特徴が出ることは無いでしょう。

という事でそれぞれの成分の特徴を見ていきましょう!

洗浄成分1,ココアンホ酢酸Na

洗浄成分の中でも真っ先に記載されている成分がコチラのココアンホ酢酸naという成分。つまりこの成分洗浄成分の中では最も配合量が多く特徴も出てきやすいということですね。

で、このココアンホ酢酸naの特徴としては、ベビーシャンプーにも配合されるほどの低刺激で、洗浄力もかなり弱いという成分です。

シャンプーのPHが中性だとそこそこの洗浄力を発揮する成分ですが、他の洗浄成分は弱酸性の点とクエン酸なども配合されていることからシャンプー自体弱酸性の性質かと思われます。

なので、かな~り洗浄力かと抑えられているかと。

洗浄成分2,ココイルメチルタウリンNa

よくアミノ酸系の成分!と紹介される事が多い成分がこちらのココイルメチルタウリン。実際はアミノ酸にかなり近いんですが、実はアミノ酸系ではない成分です。

とは言え性質はかなり近く刺激性も低いので安全性はかなり高いです。ただアミノ酸系の洗浄成分に比べるとやや洗浄力が高いんです。

カラー、パーマを繰り返してる人は、この成分が多く配合されているシャンプーは少し注意。

洗浄成分3、ココイルグルタミン酸TEA

うおおおお!キタ!とついつい心の中で叫びたくなる成分がこの『ココイルグルタミン酸TEA』という完全アミノ酸系の成分

頭皮や毛髪とおんなじ弱酸性で、超低刺激&マイルドな洗浄力!でしっとり系の洗浄成分なんです。私が大好きな成分の1つですね。

できれば、この成分を一番多く配合していほしいところですが・・・原価が高いので、この成分がメインに配合されることってあんまり無いんですよねぇ。

あっても2番めの成分には安価な成分を配合して、本末転倒な配合だったりとかが多いです。

洗浄成分4、ラウラミドプロピルベタイン

どんなシャンプーにも大抵配合されている、ベビーシャンプーに配合されるほど低刺激&マイルドな洗浄成分がこの『ラウラミドプロピルベタイン』

よく市販にも配合される『コカミドプロピルベタイン』とほぼ一緒の成分ですね。原価が安価で、洗浄力もマイルドなので良くシャンプーの洗浄力緩和剤として配合される事が多いです。

とはいえ、刺激も洗浄力も優しいので良成分ですね。

総合的に見るとかなり洗浄力の弱いココアンホ酢酸をベースに、ちょっと洗浄力高めのココイルメチルタウリンを配合し、更にしっとり系の『ココイルグルタミン酸TEA』を配合しているという感じです。

この配合であれば、髪がパサツク!ってことも無いでしょうし、カラーやパーマを繰り返している人でもハイダメージでもなければ、バサボサになるっ!ってことは無いはず。

補修成分は微妙かも。ただし・・・

洗浄成分に関して言えば「おお、ちょっと使ってみたいかも・・・」というのが私の本音ですがその他の保湿、補修成分に関しては値段の割にちょっと微妙かなぁと感じちゃいました。

一応、『アルガニアスピノサ核油』通称アルガンオイルと言われるよくアウトバストリートメントに使用されるオイルも配合はされています。

確かに保湿力が高い成分ではあるんですが、シャンプーにこの成分を配合したからと言って効果が感じられるのか?って言うと「う~ん・・・」って感じですね。

そもそもこの成分自体の保湿力が高いことは観測されていますが、この成分を毛髪につけて保湿力がこれだけ上がった!というデータは見つかりません。

確かにアウトバストリートメントを使うとサラッサラにはなりますが、髪の表面がコーティングされているだけですし。

そして『アサイヤシ果実油』に関してはシャンプーに入れて効果があるんかは、もはや謎。

一応抗酸化作用はあるので、ターンオーバー促進効果などは期待できますが、こちらのアサイヤシ果実油に関してもターンオーバーが活性化された!という実証実験などは見かけられませんでした。

ただ、洗浄成分よりも多く配合されている『BG、プロパンジオール』は抗菌、保湿効果のある成分なので、思った以上にしっとり感はあるかもしれませんね。

【結論】洗浄成分はgood!だが、保湿成分などは微妙・・・

洗浄成分に関してはかなりマイルドなココアンホ酢酸をベースに、保湿力の高いアミノ酸成分が配合されていたりと高品質な配合だと言えます。

が!やはりその他の保湿、補修成分に関して言えば、「コレッ!!」といえるのがアサイーエキスとアルガンオイルくらいなので、ちょっと弱いなぁと感じるのが本音。

一応、洗浄成分よりも多く保湿成分の『BG、プロパンジオール』が配合されているので、使った直後は思った以上にサラサラ感を感じるかもしれませんね。

が!補修効果があるわけではないので、ハリコシ感やカラーの持ちがよくなったりするわけではありません。

決して悪いシャンプーではないですし、むしろ良シャンプーだと思うのですが、価格が370mLで3,758円、1mlあたり10,1円とちょっと高いんです。

この設計であれば、全てがアミノ酸系のしっとり系洗浄成分で設計更に『ペリセア』や『リンゴ果実培養液』など実証実験で補修効果がデータで実証されている成分が配合されているシャンプーを使った方が幸せになれるかと思います。
【実証実験】弱点が発覚!haruシャンプーを全力で成分解析した結果・・・

やはり上記のharuシャンプーなどと比べるとコスパ悪い・・・と言わざるを得ないですね。というかharuシャンプーが破壊的にコスパ良すぎるのかもしれませんが(汗)

もし、あなたが『アフロディアソ ナチュラリスシャンプー』を検討しているならぜひぜひ、当記事も購入の参考の1つにしてみてくださいね!

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。
もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2019年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2019年版】市販シャンプーランキング8選と選んだ理由を発表します。

もし、あなたが当記事を読んで「面白かった!」っと感じたら、是非Follow!頂ければ幸いですm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者 元美容師M

元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。