【解析】元美容師がジュレーム リラックスシャンプー(ストレート)の成分を全力で解析した結果発表。

元美容師Mです。

今回は市販品の中でも、認知度の高いジュレームシャンプーを洗浄成分など徹底的に解析&評価していきます。

某ジャ○ーズ所属芸能人が「ジュレェェエム!!!」と叫んでいたのがかなり印象的なCMでしたが、もしあなたが「芸能人が紹介しているから~」という理由だけでシャンプーを選ぶと痛い目にあいますので、、、

シャンプーを選ぶときはパッケージやCMなどの外面で判断するのではなく、絶対ぇぇぇ絶対!洗浄成分とその他補修成分など、シャンプーの本質とも言える『中身の成分』で判断しましょう!

ということで、えこひいきなしで成分を徹底的にガチで解析&評価していきます。

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ記事30選!

⇛【2019年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

ジュレームシャンプー(ストレート&スリーク)の洗浄剤を解析した結果…

いつもくちを酸っぱくして言っていることですが、シャンプーを新しく購入すると検討しているときは必ず100%何があっても、松○がCMに出ていようがいまいが『洗浄成分』を見るようにしてください。

シャンプーは基本的に、髪や頭皮を洗浄する事が使命。その洗浄成分が強すぎたら、あなたの大切な大切な髪の毛や頭皮を365日間痛め続けることになるのです。

洗浄成分が粗悪なものであれば、カラーやパーマの持ちが悪くなったり、頭皮が乾燥気味になったり、逆にべたべたになったり…などなど

良いことなんて一つもありませんし、ジワジワと髪の表面、キューティクルにダメージを与えていきますからね。

必ず、1000%洗浄成分に何が含まれているのか?なんどもなんども見返しましょう!

と言うことで、今回のジュレームリラックスシャンプー(ストレート&スリーク)の全成表記がこちら↓

水・コカミドプロピルベタイン・オレフィン(C14-16)スルホン酸Na・ココイルグルタミン酸TEA・PPG-2コカミド・ココアンホ酢酸Na・ココイルメチルタウリンNa・セイヨウハッカ葉エキス・トウキンセンカ花エキス・ラベンダー花エキス・加水分解ダイズタンパク・BG・EDTA-2Na・PG・PVP・イソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油・クエン酸・グリセリン・コハク酸・ポリクオタニウム-10・ポリクオタニウム-7・塩化Na・フェノキシエタノール・メチルパラベン・安息香酸Na・香料

黄色にマーカーしているのが、シャンプーの基礎となる洗浄成分です。

これらの洗浄成分だけを抽出するとこんな感じ↓

コカミドプロピルベタイン・オレフィン(C14-16)スルホン酸Na・ココイルグルタミン酸TEA・PPG-2コカミド・ココアンホ酢酸Na・ココイルメチルタウリンNa

まず成分表記順的に一番多く配合されていると予想される成分が『コカミドプロピルベタイン』ですが、低刺激で、洗浄力もマイルド。

ベビーシャンプーなんかにも配合される、安全性の高い成分ですね。ただ、特別な成分と言うわけでもなく、500円以下のシャンプーにも含まれているような成分なので過度の期待は禁物。

そして時点で多いと思われるのがオレフィン(C14-16)スルホン酸Naという洗浄成分。刺激性は低い物の洗浄力に関してはかなり強めの部類なので私としては「もうこの時点で使いたくないな・・・」と感じちゃいました。

しかし!その次から含まれている成分がかなり良い!特に『ココイルグルタミン酸TEA』は3000円を超えるようなシャンプーにも含まれている超低刺激&マイルドな高価な部類のアミノ酸洗浄成分なのです。

ココイルグルタミン酸TEAが高濃度で含まれているharuシャンプーとは?

最初の成分を見たときはガッカリ…だったのですが、この成分をみた時は「ジュレェェエム!!!」と叫びましたw(心の中で)

ただ、あくまでも1000円台の価格帯ですので、配合量的には前者の2つの成分が7割とかで、後者の成分は3割とかそんなもんだと思われます。

総合的にみれば、1000円弱という価格帯を考慮すれば「悪くはないな」というのが私の本音です。

ジュレームストレート&スリークには特徴成分が含まれていない?補修成分は超微妙・・・

洗浄成分に関しては、やや強めであるものの価格を考慮すれば許容範囲内だといえます。

ただ、髪の毛を補修するような成分に関しては「これイイっ!!」と言えるような特徴的な成分はイマイチ見つかりません。

『セイヨウハッカ葉エキス・トウキンセンカ花エキス・ラベンダー花エキス』この辺りが補修性成分と言いますか、保湿成分になりそうではありますが、所詮は植物の葉っぱエキス。

髪の毛を補修する効果はほぼ期待出来ませんし、正直あっても無くてもいいだろっ!と言うのが私の考えです。

植物のエキスが配合されていると『なんとな~く頭皮に優しそう』とかそういうイメージに繋がるので、とりあえず入れている感じでしょう。

1000円弱という価格帯で洗浄成分の方にちょっと力を入れているので、仕方無いかもしれませんけどね・・・

【結論】何がストレート&スリークなのか意味が分からない

市販にしては洗浄成分がそこそこ頑張っているものの、このシャンプーでCMで謳っているようなストレートに促すような成分は見受けられません。

「市販のシャンプーなんだ」と最初から割り切って使う分には問題ないですが、もしあなたが癖毛に悩んで、悩んで悩みまくっているのであればこのシャンプーにストレート効果を期待するのは「辞めておいた方がいい」と私は断言しておきます。

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。
もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2019年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2019年版】市販シャンプーランキング8選と選んだ理由を発表します。

もし、あなたが当記事を読んで「面白かった!」っと感じたら、是非Follow!頂ければ幸いですm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者 元美容師M

元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。