【元美容師が解析】いち髪シャンプー(濃密W保湿)でしっとりは無理だと思う理由とは?

元美容師Mです。

私が美容師時代のときから、市販シャンプーの中で一定の評判を得ていたなぁ。というイメージがあるいち髪シャンプー。

当時市販のシャンプーのレベルもかなり低かったのですが、そんな中でもいち髪は市販シャンプーの中では良いね!と私は感じていました。

お客さんから「市販でどのシャンプーがいいですか?」と聞かれることはよくあったのですが、こっそり店長聞かれないところで、いち髪をオススメしていた事もあったりします(笑)

そんないち髪のしっとり系シリーズ『いち髪シャンプー 濃密W保湿ケア』が2017年にリニューアルしているっ!とのことなので、私の方でガッツリ成分を解析、客観的に使うべきか否か?を伝えていきたいと思います。

もしあなたがいち髪を検討しているのであれば、100%参考になるはずです。ではLET’S GO!!

 

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ記事30選!

⇛【2019年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

【最重要】いち髪シャンプー 濃密W保湿ケア洗浄成分は何が含まれている?

 

市販シャンプーだろうと、美容室専売シャンプーであろうと最初に必ず見るべきは『洗浄成分』です。

いくらパッケージが『保湿効果』とか『エキストラモイスト』とか如何にも保湿力の高そうなネーミングだったとしても、洗浄成分がダメダメだと、ネーミングと使い心地とのギャップにガッカリすることになりますからね。

私も豪華なネーミング、パッケージを見るとどれどれと裏面を洗浄成分をみることも多いんですが「名前負けしているなぁ」と思うことが大半です。

と言うことで、いち髪シャンプー 濃密W保湿ケアの全成分がコチラ↓

 

水、ラウロイルサルコシンTEA、パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEAコカミドMEAココイルグルタミン酸TEA、ジステアリン酸グリコール、ココイルメチルタウリンNa、コメヌカエキス、アンズ核油、チャ花エキス、ボタンエキス、ラカンセア/加水分解コメ発酵液、コメ胚芽油、サクラ葉エキス、ツバキ種子エキス、ヒオウギエキス、ムクロジエキス、塩化Na、クエン酸、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ポリクオタニウム-7、ポリクオタニウム-49、ポリクオタニウム-10、エタノール、BG、EDTA-2Na、安息香酸Na、香料、カラメル

黄色にマーキングしている成分がシャンプーのキモとも言える、洗浄成分です。これらのみ抽出してみると・・・

ラウロイルサルコシンTEA、パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、ココイルグルタミン酸TEA、ココイルメチルタウリンNa

全体的に見てみると、殆どの洗浄成分がアミノ酸系の洗浄成分で構成されていてこの成分だけ見ると「ホントに市販ですか?」と問いたくなるほど、市販としては優れた成分で設計されています。

成分の表記順的にメインの洗浄成分となるのが『ラウロイルサルコシンTEA』がメインですが一般的に市販に使用される、高級アルコール系の洗浄成分よりも、刺激性も低く、洗浄力もマイルド。

しかも、お肌と髪の毛と同じ弱酸性のアミノ酸系洗浄成分ですので、キューティクルを無理矢理開いてしまうと言うこともないです。

ただ、アミノ酸系のなかでは洗浄力はかなり高い洗浄力の部類ですので、カラーやパーマを繰り返しているとか、乾燥気味と言う人はちょっと強すぎる感はありますね。

そして一番着目したい成分が『ココイルグルタミン酸TEA』というシャンプーの洗浄成分の中でも、私が愛してやまないシャンプー界の頂点とも言えるアミノ酸系洗浄成分が配合されています。

この成分は超低刺激で洗浄力もマイルドかつ、しっかり洗浄でき更には髪の毛に保湿力を与えるというキングオブ洗浄剤とも言えるアミノ酸系洗浄成分です。

普段、私が愛用しているシャンプーもこのココイルグルタミン酸TEAがメイン成分として設計されています。

haruシャンプーの解析&効果と弱点とは?「5つの補修成分が神レベル」

表記の順番と価格から考慮すると、配合量はさほど多くないと予測されるものの、市販のシャンプーでは滅多にお目にかかれませんからね。

全体的に見ると、W保湿と言うにはダメージが気になる人にとってはやや強めだけれど、「市販としてはかなり良い!」と私はこの記事で叫びたい。

W保湿ケアとは?この成分でしっとりはキツいか・・・

洗浄成分的には価格も考慮すると、かなりコスパに優れている!という印象ですが、保湿、補修成分についてはハッキリ言ってしまうと・・・

「微妙!」と言うのが私の意見です。

と言うのもW保湿ケアと謳っているのだから、もしかしたりすると、髪の毛を補修する「ペリセア」とか新しい補修成分が配合されていたりするのか?!

とちょっと興奮気味に成分を見てみたのですが、公式ページによるとW保湿とはあんず油、茶花エキスの事を指すのだそう。

植物のエキスや油で髪の毛を保湿、補修すると言った製品を私はいくつもいくつも、いくつも見てきましたが、結局の所植物の成分なんて髪の毛の為に生まれているわけではないので、「微妙・・・」と思わざるを得ないものしかありませんでした。

いち髪だけではないのですが、植物系のエキスとか配合されていると「よく分からないけど、何となく良さそう」イメージがあるので配合されている事が多いです。

が!やっぱり髪の毛の補修のためだけに開発されている、補修成分の方が断然効果が高いです。

髪の毛の内部にしっかり浸透するように、分子の大きさも小さくされていたりとしっかり補修するように考えられて作られていますからね。

正直に言って、あんず油と茶花エキスで保湿されるとは残念ながら思えません。無いより合った方がマシくらいに考えておいた方が良さそうですね。

【結論】市販としては悪くはないが、保湿力は微妙。

洗浄成分もやや強めとはいえ、アミノ酸系の成分をメインに設計されていて、尚且つ3000円を超えるようなシャンプーにも配合されている洗浄成分も配合されているのは素直に「市販なのにスゲぇ・・・」と思いました(笑)

ただし!洗浄成分的にには値段も考慮すると、良いね!とは思うのですが、その他の髪の毛を保湿、補修する成分については微妙、かなり微妙。

あんず油や茶花エキス、米ぬかエキスなど自然派成分で保湿力アップを狙っているのですが、正直本当にダメージが気になる人や乾燥気味の人がこの成分だけで保湿されるとは思えません。

ただ、カラーやパーマをしていないと言う人や、髪の毛が太めの人であれば満足出来ると思いますし、1000円以下という面から見ても市販としてはかなりハイランクな製品だと思います。

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。
もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2019年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2019年版】市販シャンプーランキング8選と選んだ理由を発表します。

2 件のコメント

  • HAL より:

    初めまして。当方29歳男性です。
    いつも興味深く拝見しております。ありがとうございます。
    質問なのですが、いち髪って以前なめらかスムースケアのレビューございませんでしたっけ?
    今はお金が厳しいのでコスト優先でいち髪のなめらかスムースケアシリーズ(シャンプー、コンディショナー、トリートメント)を使用していますが、癖が強いため隔月で縮毛矯正掛けたり、アイロンしたりとダメージが蓄積してしまう為、もう少し上のランクのものを使いたいと考えています。
    1000円以下で今よりダメージケアできそうなものはございますでしょうか。またシリーズ問わずインバストリートメントのオススメなどございますでしょうか
    ご知見お聞かせ願えれば幸いです。

    また、某サイトでコスパに優れていると言われているフィヨーレのFプロテクトシリーズのレビューも是非とも見てみたいです。
    何卒よろしくお願い致します。

    • ブログ運営者 元美容師M ブログ運営者 元美容師M より:

      コメントありがとうございます!
      基本的に一度書いた記事は消すことは無いので、スムースケアは書いていないかと思われます。
      1000円以下ですとひまわりのオレンジがいい感じです。ただ、1000円を超えた辺りから、シャンプーの中身も一気に質が向上する傾向にあるので予算が許すのであれば、1,500円程度のものを選んだほうが良いかな~とは思います。
      【2018年版】元美容師が全力で最強の市販シャンプーランキング9選を発表します。
      トリートメントは最近の物であれば、ボタニストのダメージケアがペリセアなどの補修成分も配合されているのでいい感じです。

      解析記事の依頼など殺到しているので、お約束はできませんが・・・検討したいと思います!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です