【元美容師が解析】これで3000円?!イネス(ines)シャンプーの成分はイマイチ過ぎでした…

元美容師Mです。

花王さんが今までで最も高価なシャンプーブランドを立ち上げる!っと、発表していたのでちらっと成分見てみたんです。

それが今回のイネスシャンプーなんですが、、、もうね。これを3000円以上で販売する意味が分かりませんでした(汗)

っというのも、洗浄成分は1000円以下の市販シャンプーと変わらないクオリティだし、だからと言ってその他の成分にコダワリがあるか?と言えば全くコダワリがあるようにも見えません。

いや、見えないと言うかコレ1000円以下のシャンプーと同じクオリティでしょ・・・

では一体どんな成分が配合され、どんな人向きのシャンプーなのか?!今まで300種以上のシャンプーを使ってきた私が解説してきます!

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ記事30選!

⇛【2020年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2020年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

【最重要】ines(イネス)シャンプースクラブマッサージの洗浄成分は?

当ブログで2年以上伝え続けているのですが、シャンプーで最も重要なのが”洗浄成分”です。

シャンプーって水が6~7割、洗浄成分が2,3割り程度で、その他の成分が1割り程度で構成されていることが殆どなんです。

水は何をどうこだわっても水でしかないので、次に配合量が多い”洗浄成分”が最もシャンプーにおいて影響力があるってわけですね。

もし、あなたが「このシャンプー気になるっ!」っと思った時はずぇったいにシャンプーに配合されてる洗浄成分だけでもチェックしてみてくださいね。

水、ラウレス硫酸Na、BG、セルロース、コーンスターチ、ラウラミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸TEA、海塩、フルオロケイ酸(Mg/K)、(マレイン酸/ビニルアルコール)コポリマーNa、クエン酸、PPG-2コカミド、ポリクオタニウム-10、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、水酸化Na、塩化Na、安息香酸Na、EDTA-3Na、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、メントール、香料

黄色にマーキングされているのが、このシャンプーに配合される命っ!とも言える洗浄成分になります。

シャンプー解析サイトなんかを見る人が見れば、この時点で「えっ?!これが最高級のシャンプーなの?」って思うはず。笑

ではどんな洗浄成分が配合されているのか?!1つずつ解説してきます。

成分1、ラウレス硫酸Na

一番多く配合されている洗浄成分がコレ。もうね、本当に数十年前からず~っと安物シャンプーに使われ続けてきている”高級アルコール系”の洗浄成分です。

とにかく、とにかく洗浄力が強いので必要以上に脱脂力が高く、頭皮に対する刺激性も強めな成分なんですよね。

最近はあまりにも洗浄力が高すぎるので市販シャンプーでさえ「ラウレス硫酸フリー」っと書かれ配合が避けられるようになっている成分です(汗)

本当に500円くらいのシャンプーにメインで配合される成分で、この時点で使ってみたいとは全く思えませんでした。

価格帯的にはこのくらいのシャンプーに↓よく配合される成分ですね。

【元美容師が解析】パンテーンミセラーシャンプー 成分の刺激強すぎ?

成分2、ラウラミドプロピルベタイン

こちらの成分は上記のラウレス硫酸系と違って、刺激性も洗浄力もかなりマイルドな成分です。

とは言っても珍しい成分でもなく、99%のシャンプーに配合される成分なので、特別良い!ってわけでもありません。

無難に良成分ですが、500円程度から3000円超えのシャンプーにまで配合されるので、「イネスシャンプーならでは!」ってわけではないですね。

成分3、ココイルグルタミン酸TEA

私がシャンプーの洗浄成分の中でも特に愛している成分がコレ!アミノ酸系の成分で、刺激性や洗浄力はかなりマイルド。

洗浄成分のくせにしっとりとして質感に仕上げてくれる、上質な洗浄成分なんです。正にダメージヘアや乾燥毛向き!の高級な洗浄成分ですね。

こういう3000超えのアミノ酸系シャンプーにメイン配合されていたりします↓
【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST5を理由を添えて発表します。

これだけ見るとGOOD!なんですが、メイン成分が超強力なラウレス硫酸系なので、アミノ酸系の良さは完全に殺されてしまっている印象。

洗浄成分を総合的に見ると、一応アミノ酸系が配合されているので、ラウレス硫酸単体で配合されているシャンプーよりはマシ。

なものの、ラウレス硫酸ってかなり洗浄力が高いのでこれでバランスが取れる!ってわけじゃありません。

頭皮ケアシャンプーとは言え、洗浄力強すぎっ!っと感じたのが私の本音ですね。

っというか3000円超えなら、ラウレス硫酸以外の洗浄力が高くて刺激性の低い成分を配合すれば良いのになぁ(汗)

保湿、補修成分も微妙すぎです・・・

洗浄成分が市販シャンプー並なので、その他の成分が豪華なのか?!っと思いきや、その他の成分も微妙すぎ・・・

海塩スクラブが配合されているくらいで、他に特にコレは!っと思える保湿成分や補修成分も無し。

本当にたったの1つも無し。

大抵、3000円を超えるような頭皮ケアシャンプーって、『リピジュア』やら『〇〇エキス』と言った保湿成分が配合されているもんです。

だけど、今回のイネスシャンプーはラウレス硫酸とスクラブくらいしか入ってません(汗)

公式サイトを覗いても、あまり”推し成分”がない為かスクラブくらいしか特徴が書いてませんね。

引用:花王公式

人の頭皮がスクラブが必要なくらい汚れているとは思えないし、スクラブってメチャ髪に悪そうです・・・

まだ使ってないのでここは私の妄想ではありますが、それだけ汚れがガッツリ取れるという事は洗浄成分が強いとも言えます。

つまり、髪の毛を過剰に洗浄してしまいパサツキまくるのでは?っと思うのですがどうなんでしょ。

あとスクラブってちゃんと全部流れるんですかね?シリコンなんかよりもよっぽど頭皮に残りそうなイメージですが、どうなんでしょ。

いずれにしても大した頭皮ケア成分も配合されていないし、3000円クラスのシャンプーとは思えない!てのが私の本音です。

【結論】とても3000円のクオリティには思えませんでした。

当ブログではイマイチなシャンプーでも1つくらいは「この成分は良いかも」っと良い面をお伝えしたいと思っています。

ただね・・・今回のイネスシャンプーは本当に何も良いところは見つかりませんでした(汗)

市販シャンプーにスクラブを配合して洗浄力を更にアップさせただけで、目新しい成分なんかも無いしなぜこれが3000円もの高価な設定なのか?本当に意味が分かりません。

そもそも、髪の汚れはすすぎだけで70%は落ちると言われているので、洗浄力MAXな洗浄成分にスクラブまで配合して頭皮をゴシゴシ洗う必要なんて無いと思うのですが・・・

洗浄力が強くてもせめて頭皮ケア成分など配合されていれば、「ココが良いっ!」っと言えるんですが、本当にスクラブと海塩くらいしか特徴成分ないシャンプーだ!ってのが成分を見た私の感想です。

っというわけでイネスシャンプーが気になっている人は参考の1つにして頂ければ幸いですm(_ _)m

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。

もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
元美容師が300種~使って分かった!縮毛矯正&パーマにおすすめシャンプー5選!

【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2020年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2020年版】市販シャンプーランキング8選と選んだ理由を発表します。

もし、あなたが当記事を読んで「面白かった!」っと感じたら、是非Follow!頂ければ幸いですm(_ _)m

1 個のコメント

  • いろり より:

    とりあえずこちらの最新記事にコメントさせていただきます。
    このシャンプーと全く関係ないのですが、ボタニストのボタニカルヘアオイル(ダメージケア)がずっと気になっているのですが、80mlで税抜き1700円と学生の私には高く感じてしまい、なかなか買う勇気が出ません。
    成分はシクロペンタシロキサン、イソドデカン、ジメチコノール、ミリスチン酸イソプロピル、イソノナン酸イソノニル、ジメチコン、ユズ果実エキス、ゼイン、メドウフォーム-δ-ラクトン、セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク、ヒマワリ種子エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、アルガニアスピノサ核油、ツバキ種子油、ホホバ種子油、ヒマワリ種子油、サルビアヒスパニカ種子油、シア脂、ラッカセイ種皮エキス、ヨーロッパキイチゴ種子油、オクチルドデカノール、グリセリン、水添ココグリセリル、水、PEG-20水添ヒマシ油、ヘリオトロピン、BG、DPG、アミノプロピルジメチコン、トコフェロール、フェノキシエタノール、香料です。
    M様から見てどうでしょうか?
    また、おすすめのシリコン系のヘアオイルはありますでしょうか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ブログ運営者 元美容師M

    元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。