リニューアルで改悪?ボタニストシャンプー ダメージケアを成分解析して分かった4つの良成分とは?

市販シャンプーの中で最高クラスだ!ずーっとお伝えしてきた『ボタニストシャンプー(ダメージケア』がリニューアルされてました!(読者さんに教えてもらて気づいたのは内緒)

その辺のサロンシャンプーよりも断然、補修成分も入っているし洗浄成分もGOOD!だったので「これ以上どこ変えるの?むしろ改悪になるんじゃないか?」というのが心配でした。

で、成分を見てみると、良質な成分はそのまま引き継がれてるんですが、肝心の洗浄成分はちょい変わってますね・・・

あとは新しい成分がいくつかプラスされているんですが、それが良い!とも言い切れないのが難しいところ。

という訳で今回はボタニストダメージケアのリニューアル版はどんな成分で、引き続き最強クラスのシャンプーなのか?!解説してきます。

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ記事30選!

⇛【2021年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2021年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

2021年 リニューアル版 ボタニスト ボタニカルシャンプー ダメージケアの配合成分は?

水、コカミドプロピルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルメチルタウリンNa、ラウラミドプロピルベタイン、ラウロイルサルコシンNa、ラウレス-4カルボン酸Na、ココイルグルタミン酸Na、シラカンバ樹液、サボンソウ葉エキス、サピンヅストリホリアツス果実エキス、加水分解野菜タンパク、チリアトメントサつぼみエキス、異性化糖、ブドウ種子エキス、テルミナリアフェルジナンジアナ果実エキス、マドンナリリー根エキス、ゲットウ葉エキス、ユズ果実エキス、ゼイン、メドウフォーム-δ-ラクトン、加水分解コメタンパク、ヒマワリ種子エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、アルガニアスピノサ核油、ツバキ種子油、ホホバ種子油、ヒマワリ種子油、サルビアヒスパニカ種子油、加水分解ケラチン(羊毛)、ポリクオタニウム-10、コカミドMEA、リンゴ酸、BG、DPG、デシルグルコシド、メチルグルセス-20、PCAイソステアリン酸PEG-40水添ヒマシ油、トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコース、PEG-30水添ヒマシ油、PEG-40水添ヒマシ油、ステアラミドプロピルジメチルアミン、グリセリン、EDTA-2Na、エタノール、塩化Na、トコフェロール、フェノキシエタノール、安息香酸Na、香料

黄色にマーキングしている成分が、シャンプーの命運を分けるとも言える『洗浄成分』です。

当ブログでずーっとお伝えしてきているのが、シャンプーは口コミやメーカーの宣伝文句だけじゃなく、配合成分をチェックせよ!ということです。

特に今回のようにリニューアルしました!という場合は要注意。リニューアル=良くなっているとは限りません。笑

先に言っちゃうと今回のダメージケアシャンプーはリニューアル後も、市販シャンプーではかなり良質なシャンプーです。

ただ、シャンプーの中には「評判良かったはずなのに、どうしてこうなった・・・」と言いたくなるようなリニューアルを遂げているシャンプーもあったりします。

もし、あなたが今まで愛用していたシャンプーがリニューアルする際は、ずぇったいに!配合成分がどう変わったのか?チェックしましょう!

洗浄成分1、コカミドプロピルベタイン

いきなりなんですが、結構デカイ変更がコレ。

リニューアル前は『ココイルメチルタウリンNa』というアミノ酸系に近いマイルドでサロンシャンプーにもメインで使われるような成分がメインだったんですよね。

しかし!リニューアル後はこの『コカミドプロピルベタイン』という、どのシャンプーでもほぼ100%入っている洗浄成分がベースに(汗)

この成分もマイルドで刺激性は低いので、悪くはないんですが私が使ってきた感覚的に『ココイルメチルタウリン』よりは若干洗浄力が高い気がします。

原料が安価と言われる成分なんで、恐らく新成分を配合するためにここでコストを抑えたのかなぁ?と予想。

洗浄力成分2、ラウロイルメチルアラニンNa

良質なアミノ酸系成分の1つがコレ。リニューアル前も配合されてましたね。

アミノ酸系の中ではやや洗浄力は高めではあるものの、市販シャンプーの中ではかなりかなり!品質が良い洗浄成分です。

まさにダメージケア!の為にあるような洗浄成分。

洗浄成分3、ココイルメチルタウリンNa

リニューアル前はこの成分がメインだったんですが、配合量が少なめに(汗)

既に説明したとおり、ダメージケア系のサロンシャンプーのメインにも配合されるような成分ですね。

あぁ・・・なんでこの成分の配合量が少なくなってしまったんだ・・・とちょっと悲しいですが

洗浄成分4、ラウロイルサルコシンNa

リニューアル後で配合量がかなり多くなった成分の1つがコレ。

アミノ酸系の成分では珍しく洗浄力がかなり高く、刺激性もやや強めというちょっと変わった成分。

洗浄力が強いとは言え他の洗浄成分はかなりマイルドなので、気になるほどでは無いし、恐らくメイン成分郡がかなりマイルドなので、洗浄力アップのため配合されたのかと思われます。

洗浄成分5、ラウレス-4カルボン酸Na

シャンプーの成分を調べだすと一番かなり良く見かけるのが「”ラウレス”と付くシャンプーは止めておけ!」みたいな文言。

ただ、この成分は洗浄力こそ強めなものの、刺激性は優しくなっている成分なので、OUT!と言うほど駄目成分ではないです。

洗浄成分6、ココイルグルタミン酸Na

最後に来ましたね~。笑 私の大好きな成分『ココいグルタミン酸Na』が!

原料が高価なので、市販シャンプーにはあまり配合されない成分で、洗浄力はかなりマイルド&しっとり。

配合量はそれほど多くないと思われます。サルコシン酸などの洗浄力強い成分が配合されている分、ややマイルド気味に調整するためかなぁ?と予想。

総合的に見ると、、、洗浄力がマイルドなベタイン系と、更にマイルドなアミノ酸系プラスタウリン系の洗浄成分がベース。

ただこれだけだと、ベタツキ感が出てしまう人もいるので、『サルコシン酸』などの洗浄力が高い成分で洗浄力を調整しているのかなと思われます。

市販シャンプーなので「とにかくしっとりさせるぜ!」みたいな一点突破型よりも、”どんな人でもそれなりに合う”ようになっている感じですね~。

最も配合量が多い成分がベタイン系に変更されているので「あれ?リニューアル前の方がちょっと良くない?」とは感じるものの、やはり市販シャンプーではかなりハイレベルです。

リニューアル前よりもしっとり感重視というよりサラサラ感重視で、洗浄力が優しすぎるシャンプーだとべつとくけどダメージや乾燥も気になる!と言う人なら、かなりGOOD!

ボタニストダメージケアシャンプーの現在の価格はコチラ↓

補習成分もアツイ!4つの優良成分とは?

1,ペリセア

なんちゃら植物成分~とかよりもよっぽど補修力がある成分がコレ。

毛髪に1分で浸透しネチネチ補修し続けてくれる成分なんですよ。笑

引用:旭化成ファインケムより

リニューアル前も配合されてた良成分ですが、リニューアル後もちゃんと配合されてて安心しました。笑

ただ、成分表を見るとリニューアル前よりも成分が記載されているのが後半になっているので、配合量は減っているかとは思われます。

2,ゼイン

こちらもリニューアル前から配合されてた、良良成分。カラーの持ちなど良くすると言われてたりします↓


ゼイン液にて処理したダメージ毛は、ブリーチ+紫外線処理のみのコントロールに比べてキューティクルが整っており、また毛髪に乗せた水滴が弾かれている状態が観察されました。

ゼイン液はカラーリングした毛髪に処理することにより、【 色持ちをよくさせ 】、染毛直後の状態を長時間保存することが期待されます。
出典:INZEALシャンプー

こちらもリニューアル前に比べると、配合量は少なくなっているような気が(汗)

とは言え、市販シャンプーにこんだけの補修成分が入っているだけ、かなりスンゲェのは間違いないです。

3,シラカンバ樹液

こちらは新しくリニューアルして新配合された成分。保湿力が高い成分で化粧水なんかに配合サれることが多い成分みたい。

シラカンバ樹液はNMFの産生を促進させることにより、老化や乾燥に伴い減少する皮膚の潤い機能に働きかけ、皮膚の恒常性の維持において有用である可能性が示唆された。

引用:シラカンバ樹液とは…成分効果と毒性を解説

これだけ見ると「おお!なんか凄そう!」と思ってしまうんですが、続きを見るとこのようにも書かれてます↓

シラカンバ樹液は実際のヒト皮膚において表皮角化細胞が存在する顆粒層まで浸透する成分ではないと推測されることから、皮膚浸透試験またはヒトによる塗布試験がみつからない現時点では、ヒト皮膚に対してシラカンバ樹液塗布によるフィラグリン産生促進作用の影響はほとんどないと考えられます

引用:シラカンバ樹液とは…成分効果と毒性を解説

簡単に言うと、試験管の実験上では保湿力アップが期待できそうだけど、実際に人間のお肌に保湿力があるか?は微妙という感じか。

更に言うと、毛髪に対してどの程度保湿力があるのか?示すような試験結果などは特に無いし、気休め程度に考えたほうが良さそう。

4,加水分解野菜タンパク

こちらに関しても具体的にどの程度補修力があるか?示すようなものは特に無さそう。

ただ、加水分解系の補修成分はサロントリートメントなんかにも配合されることは多々あるし、悪くは無さそう。

【結論】リニューアル後も買いなのか?どんな人向け?

正直言うと、「リニューアル前の方が若ッ干良くない?」と思ったのは本音ではあるものの、以前として市販シャンプーとしては最強クラスのクオリティだなぁというのが私の結論。

洗浄成分のメインが変更になったのが一番残念ではあるものの、マイルドな成分がベースではあるし、リニューアル前から配合されてた補修成分たちも引き続き配合されています。

市販のこの価格でこのクオリティはやはりバケモノ。笑

最近は有名市販シャンプーメーカーが1,500円くらいの価格帯に参入してきてますが、ハッキリ言って比べ物になんないんですよね。

広告でどうにかこうにか売ってやろう!みたいな思惑丸出しのシャンプーが多い中、ボタニストダメージケアはしっかり補修成分入って洗浄成分もマイルド。文句の付け所がありません。

もし、あなたが「よりしっとり感が欲しい!とかダメージでボワボワ広がりまくる!」と言うのであれば、メインの洗浄成分がアミノ酸系のシャンプーを選ぶべき↓
元美容師が197品検証!アミノ酸シャンプーランキングBEST5を理由を添えて発表します。

ではあるものの、しっとりしすぎるとベタつくとかであれば、まずはコチラから使ってみるのもアリ!

っとネットの片隅で叫んで当記事を締めくくりたいと思います。あぁ、良質なシャンプーのままで良かった。笑

※後日実際に使ってみたのですが、明らかに前モデルと使用感が異なりました・・・
【元美容師の口コミ】リニューアル版 ボタニスト(ダメージケア)シャンプーを使った5つの本音を語ります。

【2021.3月】元美容師が市販シャンプーランキング8選を発表します。

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。

もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
元美容師が300種~使って分かった!縮毛矯正&パーマにおすすめシャンプー5選!

【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2021年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST5を発表!

【2021年版】市販シャンプーランキング8選と選んだ理由を発表します。

【193商品検証済み】元美容師が実際を使ったレビューブログはコチラ!

もし、あなたが当記事を読んで「面白かった!」っと感じたら、是非Follow!頂ければ幸いですm(_ _)m

2 件のコメント

  • かい より:

    爽快柑というシャンプーはいいシャンプーですか?

    • ブログ運営者 元美容師M より:

      成分ちらっとみたのですが、良さげですね!
      医薬部外品なので使ってみないとわからない点もありますが、市販シャンプーよりクオリティは高そうです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。