【元美容師が解析】最悪な成分?ラックス スーパーリッチシャインストレート&ビューティー

元美容師Mです。

ついにこのシャンプーを解析する時が来たかっ!!と意気込んでポチポチとタイピングしています。

というのも、シャンプーの中でも私が1,2位を争うくらいに「大嫌い」(言ってしまった・・・)なブランドなシャンプーなので、何時にも増して気合を入れて書いていきたいと思います。

ただ、嫌いという個人的な理由だけでは、あなたの為にならないので「なぜ私がこのラックスブランドのシャンプーを嫌悪しているのか?」を成分の解析を交えながら、しっかり解説していきます。

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ記事30選!

⇛【2019年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

【最重要】ラックス スーパーリッチシャインストレート&ビューティーの洗浄成分は?

何度でも何度でも、何度でも!伝えていきたいのが、「シャンプーを選ぶときは必ず洗浄成分をまずは見るべきだっ!!」という事です。

今のシャンプー業界は”豪華なパッケージ”や、”芸能人の起用”、”効果のありそうなネーミングを付ける”(今回のスーパーリッチシャインが良い例)商法が流行っています。

ただ、そんなものはあくまでも売るためのマーケティング戦略。肝心なのはシャンプーの命とも言える、『洗浄成分』が最も重要です。

もし、あなたが今まで豪華なネーミング、パッケージ芸能人を起用しているという面のみで、シャンプーの購入を検討していたなら、今日からは是非、洗浄成分中心にシャンプー選びにシフトしてきましょう!

という事で、ラックス スーパーリッチシャインストレート&ビューティーの洗浄成分がこちら↓

水、ラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタイン、塩化Na、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、アルギニン、加水分解ケラチン、スクワラン、ポリクオタニウム-10、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、酢酸トコフェロール、PPG-7、クエン酸、水酸化Na、EDTA-2Na、安息香酸Na、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料

黄色にマーキングしている成分がシャンプー命!ともいえる洗浄成分であります。

ラウレス硫酸Na、コカミドプロピルベタイン

 

「うおおおおおぉぉ!!でっで出た―!!!」

 

とつい叫びたくなるほど、ダメシャンプー王道の成分、ラウレス硫酸Naが堂々と配合されています。

ラウレス硫酸が如何にダメな成分なのか?をここで語ってしまうとそれだけで、1万文字は超えてしまいそうな勢いでなので、簡単にまとめると・・・

・洗浄力がメチャクチャ強いので、髪や頭皮を痛めつける

・洗浄力があまりにも強いので、カラー、パーマの持ちが悪くなる

・原価が安価なので、企業が使いたい

・泡立ちだけは良いので、消費者にとっては「洗っている感」を感じやすい

と消費者にとってメリットは殆どない、強力無慈悲なシャンプー成分です。詳しくはこちらも是非、参照していただきたいです。

ラウレス硫酸ナトリウムのシャンプーがゴミ過ぎる3つの根拠とは?

最近はラウレス硫酸系はヤバい!というのが一般にも認識されていきているので「サルフェートフリー」の流れになりつつあります。

なので、日本のシャンプー業界も「ラウレス硫酸は配合していません」とパッケージに表記しているシャンプーがかなり増えてきていますね。

そんな時代の流れに逆らい、ここまで堂々と『ラウレス硫酸Na』をたっぷりと配合しているのは「さすがラックス」(笑)

でも、それだけ利益率が高いんでしょう。

一応次点の『コカミドプロピルベタイン』という成分はベビーシャンプーにも含まれているほど、かなり刺激性、洗浄力も低い成分なので洗浄力が超強力なラウレス硫酸系と混ぜることで、バランスを取っている・・・

ようには見えるけれど、あまりにもラウレス系は強すぎる成分なので、コカミドプロピルベタイン単体で緩和しきれるとはとても思えません。

私としては、ラウレス硫酸Naが入っている時点で絶っっっ対に使いたくないです。

ラックス スーパーリッチシャインストレート&ビューティーに含まれる最悪の成分とは?

全成分の表記をよく見ると4番目に表記されている成分に「塩化Na」という表記が確認できますね。塩化Naとはその名の通り、食塩と同じ成分の塩でございます。

一応、ラウレス硫酸Naと一緒に配合することで、泡立ちがよくなるという性質があるので、この手の安価なシャンプーに含まれていることがあるにはあります。

しかしそんな些細なメリット以上にデメリットの方が遥かにデカいです。

というのも塩が髪の毛に付着すると、浸透圧の関係で塩が髪の水分をどんどん吸い取ってしまうんですね。

あなたも、海に行った帰りに「髪の毛がバッサバサになったぁぁ」という経験はないでしょうか?

海に行った帰りに、髪の毛がバサバサになる原因の一つとして海水に含まれる塩分が、髪の毛の水分を抜き取りまくる!というのも原因の一つなんです。

※他にも紫外線などの影響もあります。

かなり馴染み深い成分ではありますが、髪や頭皮にとってはかなりマイナスな成分で「わざと髪の毛をボロボロにしたいのか?」と疑いたくなるほど最悪な成分です。

そして塩化Naもかなり安価な成分なので、企業側からすれば泡立ちが良くなり、「洗っている感」は強くなるので、できるだけ多く配合したいんですよね。

ただ、いくら利益重視だといっても、あまりにも最悪すぎぃぃ!です。

【結論】私は絶対に使わないし、シャンプーと認めたくない。

最近はラウレス硫酸系のシャンプーも減りつつあるので、「ラックスも多少は成分が改善されているかな?」と楽観的に解析していましたが、見事に希望的観測が打ち砕かれた結果になりました。

もしかして「ラックスは女性の髪の毛が憎いのか?!」と疑いたくなるほど、ひどい成分でした。なにがスーパーリッチなの?と小一時間問い詰めたくなります。

あまりにも強すぎる洗浄成分「ラウレス硫酸Na」にあまりにもデメリットが多すぎる成分「塩化Na」を高配合している時点で「私としては使うべきではない!」と強く断言したいですし、これをシャンプーと私は認めたくない。

私の考えですが、シャンプーとはただ泡立って汚れを落とすものではなく、髪や頭皮を健康に導きつつ汚れを落とすものだと思っています。ただ泡立てて汚れを落とすだけなら食器用洗剤でもできますから。

もし、あなたがあなた自身の髪や頭皮を大事に思っているのであれば、このような強力な洗浄成分のシャンプーを使うのではなく、人間の頭皮や髪の毛にかなり近い性質を持った、絶対にアミノ酸系のシャンプーを使いましょう。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

シャンプーが最悪な成分だと、紛れもなく365日毎日、毎日、髪や頭皮を痛めつけることになります。

今の時点では抜け毛やダメージが少なかったとしても、これが1年、2年と積み重ねれば…と考えるとゾッとしますよね・・・

当記事を読んで頂いているあなたには、ボトルの見た目やメディアの宣伝に振り回されるのでは無く、正しい知識を身につけ、正しいシャンプー選びをして欲しいと切実に願います。

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。
もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2019年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2019年版】市販シャンプーランキング8選と選んだ理由を発表します。

もし、あなたが当記事を読んで「面白かった!」っと感じたら、是非Follow!頂ければ幸いですm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者 元美容師M

元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。