【元美容師が解析】ここがショボい!アルジェランダメージリペアシャンプーの成分とは?

元美容師Mです。

先日マツキヨに立ち寄った際に、またしてもシャレオツぅなシャンプーを見つけてしまったので思わずクルっと成分を眺めてしまいました。

なんでも最近流行り(らそうとしている?)オーガニックシャンプーだそうで・・・

ダメージリペアっ!!と言う商品名なので、使えば使うほど、ダメージが修復されそうなイメージですが、ダメージリペアを期待して使うと成分的に結構微妙かと思われます。

もし、あなたがアルジェランダメージリペアシャンプーを検討しているならぜひ当記事を参考の1つにしていただきたいです。

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ28選!

⇛【2018年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2018年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

【最重要】アルジェランダメージリペアシャンプーの洗浄成分は?

シャンプーで最も大事成分はホニャララエキス~とか植物系のエキスでもなんでも無く、洗浄成分が最も重要なシャンプーの命とも言える成分ということは覚えておきましょう! 

シャンプーの成分濃度って水が7割、洗浄成分が1~2割でその他1割くらいで作られているので、殆どが洗浄成分と水でできていると言っても過言じゃあないです。

その洗浄成分が強力すぎると、必要な分の皮脂まで取りすぎたり、キューティクルに余計なダメージを与えまくります。シャンプーなんて365日するものなんで、間違った選択をすれば毎日、毎日、毎日髪や頭皮を痛め続けることになりますからね。

という事で、アルジェランダメージリペアシャンプーの全成分がコチラ↓

水、アロエベラ液汁 ✽、コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸2Na、コカミドDEA、ラウラミドプロピルベタイン、プロパンジオール、アルガニアスピノサ核油 ✽、ニオイテンジクアオイ油 ✽、ダマスクバラ花油 ✽、セイヨウネズ果実油 ✽、マカデミア種子油 ✽、ココイルグルタミン酸Na、ティーツリー葉油 ✽、グリセリン、アーモンド油 ✽、クエン酸、ベチベル根、エチドロン酸4Na、アボカド油 ✽、ペンチレングリコール、イランイラン花油 ✽、ポリクオタニウム-7、バオバブ種子油 ✽、ポリクオタニウム-10、バクホウシアシトリオドラ葉油 ✽、カプリル酸グリセリル、オリーブ果実油 ✽、ビターオレンジ花油 ✽、イタリアイトスギ葉/実/茎油 ✽、エタノール、ヒマシ油 ✽、シア脂グリセレス-8エステルズ、ヤシ油 ✽、オリーブ脂肪酸K、ラベンダー花エキス ✽、香料、カニナバラ果実エキス ✽、デヒドロ酢酸Na、ビルベリー葉エキス ✽、ベンジルアルコール、エーデルワイス花/葉エキス ✽、マンゴー果実エキス ✽、キイチゴエキス ✽、カラメル

✽オーガニック原料

黄色にマーキングしている成分が、シャンプーの命とも言える洗浄成分になります。これらの洗浄分だけ見てみると・・・

コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸2Na、ラウラミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸Na

最も多く配合されているコカミドプロピルベタインと、ラウラミドプロピルベタインはほぼ同じような成分でともにベタイン系の洗浄成分ですね。

ベビーシャンプーにも含まれるくらい、超低刺激&洗浄力で髪や頭皮にひじょーーーに優しいと言い切れる成分です。ただ、刺激が低いってだけで特別髪を補修したり保湿したりする効果は期待できませんが、悪くはない成分です。

大体、500円程度の安価なレウレス硫酸系シャンプーの刺激緩和剤として、サブ的に配合されていることが多い成分ですね。

そして、次点で多く含まれている洗浄剤が『ココイルグルタミン酸2Na』という私の大好きなアミノ酸系洗浄成分。髪やお肌と同じ弱酸性なので、こちらに関しても刺激性はめちゃくちゃ低いですし、シャンプーの洗浄剤としては洗浄力もマイルドではあります。

しかし!アミノ酸系の洗浄剤の中では、強力な洗浄力なので、髪や頭皮に乾燥を感じている人やダメージ毛の人だとパサツキは気になるかもしれませんね。

総合的に見ると、めちゃくちゃ弱いベタイン系の洗浄剤に更にアミノ酸系の『ココイルグルタミン酸2Na』でバランスを取っている感じですねぇ~。

市販シャンプーとしては悪くは無いんですが最も安価なベタイン系がメインであるので「これは良いっ!」とも言えないまぁ良シャンプーという感想ですね。

ダメージリペア成分があまりにもショボすぎる。

ダメージリペアの名前の通り、このシャンプーを使うことでダメージ修復をあなたは期待してしまうかもしれませんが、ダメージリペアに関しては期待しない方がいいです(汗)

というのも、リペア!と如何にも修復が期待できそうなネーミングなのですが、ダメージ修復を期待できそうな成分が殆ど入っていないんです・・・

オーガニックの名の通りこれでもかっ!ってほどに植物系オイル、エキスがぶち込まれていますが、植物系のこれらの成分でダメージがリペアできるか?といったらかなり疑問。超疑問。

私もアルガンオイルのアウトバスを取り扱っていたので、アウトバスに置いてはかなーーりサラサラ感が出せますが、シャンプーに入れたところでサラサラになるか?って言われるとかなり微妙だと思います。

多少の保湿効果はあるかもしれませんが、入ってても入って無くても気づかないレベルかと思われますね。

洗浄力がやや強めなのに、補修成分などが「ただの植物エキスだけ」ってのはダメージリペアを謳うにはあまりにもショボいというのが私の本音です。

【結論】コスパイマイチ。ダメージ回復は期待できない。

洗浄成分的には、超強力な高級アルコール系を配合しているってわけでもなく、ベタイン系がベースなので悪くはない。。。悪くは無いんですがあえてこのシャンプーを選択する理由って無いような・・・

もしあなたに「たくさんの種類の植物成分を頭にふりかけたい」という願望があるなら、非常におすすめできるシャンプーですが純粋にダメージリペアしたい!ということであれば、期待はずれかな?というのがこのシャンプーの成分をみた感想です。

価格に関しても500mlで1600円と市販にしては高額な部類ですし、オーガニック好き意外の人は使わなくてもいいでしょう。

あなたが本当に本当にダメージリペアをしたいというなら、全ての成分が完全に弱酸性のアミノ酸系洗浄剤で作られ、なおかつ「ペリセア」など髪の毛を補修するために開発された成分が配合されているシャンプーを使うことを強く、強くおすすめします。

haruシャンプーの解析&効果と弱点とは?「5つの補修成分が神レベル」

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。
もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2018年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2018年版】全力で最ッ高!の市販シャンプーランキング8選を発表します。

1 個のコメント

  • りか より:

    いつもブログ見てお世話になっております!

    ARGELANシリーズは茶色ボトルが人気のようですが、そちらはいかがでしょうか?あまり変わらないですかね…(^^;?

    ご紹介いただいた中では無印のエイジングケアが一番合ってました。
    乾燥毛ですが、無印のエイジングケア使うと痒みが無くサッパリするけど内側から潤っている実感、そして何より香りが好みだったためです。
    今後これしか使わないと思っていた矢先、最近売り切れ続出で手に入りません…。
    ヒマワリはパサパサになるし匂いが強い、、ボタニストは匂い無理……無印のエイジングケアに似たようなものでオススメありますか?
    手に入れやすいものが良いのですが、、難しいですかね。。涙

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ブログ運営者 元美容師M

    元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。