【元美容師が解析】ダメ成分はコレ!ロクシタンシャンプーファイブハーブスリペアリングがオススメできない理由

元美容師Mです。

オシャレ、いい香り、プレゼントに送るのに無難そんな三拍子が揃った、女子なら皆大好きロクシタンのシャンプー『ロクシタンファイブハーブスリペアリングシャンプー』の成分を解析&評価していきます。

もし、あなたが友達にロクシタンシャンプーを贈ろうと検討しているなら、当記事を読み終えるまではまだ待って頂きたい。

なぜなら私が最も嫌悪する強烈な「あの成分」が配合されているからです。という事でロクシタンのシャンプーの成分を見ていきましょう!

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ記事30選!

⇛【2019年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

【最重要】ロクシタンファイブハーブスリペアリングシャンプーの洗浄成分は?

いくらいい香りがするロクシタンブランドであろうが、シャンプーはシャンプー。

故に最も注目するべき成分はなんちゃらハーブエキス!・・・などでは無く、『洗浄成分』です。

シャンプーはあくまでも、頭皮や髪を洗浄するもの。この洗浄成分がメッチャ強力であれば、365日毎年毎年髪や頭皮にダメージを与え続けることになります。

1回や2回では大した差ではなくても、これが1年、2年…と続けば膨大なダメージになるのは間違いいないし、一度負ったダメージを回復させるよりも、予めダメージを最小限に抑えるほうが費用面でも、労力面でも100倍楽です。

あなたがシャンプーをえらぶ際はぜっったいに洗浄成分をチェックするようにしましょう!

という事で今回の『ロクシタンファイブハーブスリペアリングシャンプー』の全成分がコチラ↓

水、ラウレス硫酸Na、デシルグルコシド、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、コカミドプロピルベタイン、ラウレスー2、香料、PEG-40水添ヒマシ油、ポリクオタニウム-7、ヤシ油アルキルグルコシド、オレイン酸グリセリル、ヒドロキシプロピルグア-ヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、パンテノール、グリセリン、クエン酸、オレンジ油、ラバンデュラハイブリダ油、安息香酸Na、ラベンダー油、ゼラニウム油、メチルイソアゾリノン、イランイラン花油、アンゼリカ根油、アンゼリカ種子油、アべナストリゴサ種子エキス、レシチン、ソルビン酸K、トコフェノール、クエン酸水添パーム油脂肪酸グリセリズ

黄色にマーキングしているのが、このシャンプーの生命線とも言える洗浄成分です。

これらを抜き出してみると↓

ラウレス硫酸Naデシルグルコシドコカミドプロピルベタイン

当ブログ読者さんなら既にお気づきであろう…この中に暴力的な洗浄力を誇るヤツがいるッ!と。

洗浄成分1,ラウレス硫酸Na

うおッ。初っ端から来たか・・・と思わず呟いてしまった成分がコチラの『ラウレス硫酸ナトリウム』

あなたはシャンプーの解析記事を読んでいただいているくらいですから、「ラウレス硫酸は何か止めといたほうがいい」と聞いたことがあるかもしれません。
ラウレス硫酸ナトリウムのシャンプーがゴミ過ぎる3つの根拠とは?

シャンプーの洗浄成分の中でもトップクラスに強力な洗浄力をほこり、必要以上に毛髪や頭皮の油分を脱脂するのがこのラウレス硫酸ナトリウムなんです。

流石に一般的にもこの成分がメッチャ強力なのは、知れ渡ってきているので国内のブランドなどは、代替え成分として「オレフィンスルホン酸」を使用するケースが多いです。(まあ、このオレフィンスルホン酸もバカみたいに洗浄力が高いのですが・・・)

ただ、海外ブランドのシャンプーはまだまだ、このラウレス硫酸ナトリウムが使わていることがかなり多いですね。

というのも、欧米人の毛髪は日本人に比べてかなり強固なので、多少洗浄力が強くても髪の毛が耐えてくれるので、強めで安価な成分が使われることが多いんです。

と言ってもココはJAPAN。日本人の毛髪事情にあったシャンプーを使うべきだ!というのが私の考えです。

洗浄成分2,デシルグルコシド

あまり聞き慣れない成分ですが、ベビーシャンプーに配合されるようなマイルドな成分です。

刺激性自体はかなり低く洗浄力も優しいので、この成分単体ではGOOD!な成分です。

洗浄成分3,コカミドプロピルベタイン

殆ど全てのシャンプーに配合されている成分がコチラの『コカミドプロピルベタイン』という成分。

刺激性に関してはかなりの低刺激で、ベビーシャンプーにも配合されるほど優しいですし、洗浄力もマイルド。と言った良成分ですね。

よくこの手のラウレス硫酸ナトリウムなどの強力な洗浄成分をメインに持ってきているシャンプーの、洗浄力緩和のために配合されるんです。

と言ってもラウレス硫酸はメチャ洗浄力が高いので、この成分を配合したからと言って、全体の洗浄力がマイルドになるか?と言ったらまだまだ、まだまだ強いです。

総合的に見ると、一昔前に1000円以下の市販品によくある王道的ダメシャンプーの成分構成ですね。

もし、あなたがダメージを気にするのであれば、使うべきではないし、カラーやパーマの持ちも必要以上に悪くなるのは間違いないです。

恐らく私がこのシャンプーを使うことは一生に一度も無いでしょう・・・

その他の成分も微妙すぎる・・・

洗浄成分がアウトーーー!な時点でいくら優れた補修成分を配合しようが無意味ですが、一応その他の補修成分についても目を向けてみました。

が!

「これは!!」といえる成分が1つも無いんです。たったの1つも無いんです(汗)

ロクシタンのシャンプー自体、補修効果を謳ったりとかあまりしていないので仕方ないと言えば仕方ないですが、頭皮や髪に良いといえる成分が1つも無いのが痛い、痛すぎる。

ラベンダー油、ゼラニウム油などの香りに関する成分はあれこれと入っているんですが、毛髪や頭皮を保湿してくれるとかそういう成分がほぼ入っていないのは潔いというか、何というか。

強いていうのであれば、『パンテノール』という成分は育毛剤などにも配合されることがあり、育毛効果が期待できるかもって成分です。

と言っても、珍しい成分でもなく誰もが知っている市販シャンプー「パンテーン」等にも配合されている成分なので、ロシタタンシャンプーで無くても・・・っというのが本音です。

う~ん、香りは良いのかもしれませんが、保湿、補修成分に関して言えばショボい。ショボすぎる。

【結論】このシャンプーを使う理由が1つも見当たりません。

洗浄成分も市販レベル並・・・と言いたいところですが、最近は市販品もジワジワレベルが上がってきているので、正直言って市販品よりもレベルが低いと思います。

ラウレス硫酸~がヤバイ!とここまで広まる前は、このシャンプーと同じく「ラウレス硫酸+コカミドプロピルベタイン」の製品はメチャクチャ多かったんですが、最近はこの構成のシャンプーは減りつつありますからね。

価格に関しても、300mlで2592円、1ml辺り8,6円と決して安い!とは言い難い価格設定。

友達がロクシタン大好きでプレゼントしたいというのであれば、シャンプー意外の商品を検討してみることをオススメします・・・

もし、あなたがロクシタンが好きで好きでたまらなく、「毛髪のダメージなんかどうでも良いッ!」と言い切れるのであれば、引き止めはしません。

が1%でもダメージが気になるのであれば、洗浄成分がマイルドなアミノ酸系のシャンプーを使うことを強く、強くオススメします。
元美容師Mの全知識、経験を注ぎ込んだ本気のアミノ酸シャンプーランキング一覧(暫定)

ほぼ同価格帯でも、洗浄成分や補修成分にコダワッてコダワリまくっているシャンプーしかないので、間違いなくこのシャンプーを使いつづけるよりも幸せになれるはず。

という事でぜひぜひ参考にしていただければ幸いです。

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。
もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2019年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2019年版】市販シャンプーランキング8選と選んだ理由を発表します。

もし、あなたが当記事を読んで「面白かった!」っと感じたら、是非Follow!頂ければ幸いですm(_ _)m

2 件のコメント

  • 難民 より:

    もう何年もシャンプージプシーです。
    本当に素敵なブログに出会えました!
    めちゃくちゃ興奮してます!
    主様ありがとうございますm(_ _)m
    ここ1年はまさにロクシタンファイブハーブスを
    高いなと思いながらも良い匂いという理由で
    特に良さもわからず使っていました!
    記載されてる内容が図星すぎて(°д°)….笑
    知識がないので美容師に言われた、
    高ければ高いほど良い成分が入ってると
    その言葉を信じ買い続けましたが
    このブログを見せてもらい
    自分あほやったんやなと思いました!笑
    早速おススメの無印かヒマワリを
    買いにいこうと思ってるのですが、
    私は頭皮のにおいが1番気になってます。
    次に毎月カラーもしてて痛んでもいます。
    この場合でも無印、ヒマワリを
    使用するのはどうなんでしょうか?(><)
    頭皮のにおいが1番となるとまた別の
    シャンプーを使うべきでしょうか?
    ちなみにトリートメントは
    ルベルイオクリームメルトリペアを
    使用してます!!
    またお返事頂けたら幸いです!
    ブログ応援してます\(^O^)/

    • ブログ運営者 元美容師M ブログ運営者 元美容師M より:

      コメントありがとうございます!素敵なブログだなんて最高の言葉頂けて、こちらこそ興奮しております 笑

      高いなと思いながらも良い匂いという理由で
      特に良さもわからず使っていました!
      記載されてる内容が図星すぎて(°д°)….笑

      貴重な感想頂きありがとうございます。外資系のシャンプーって元々外人向けの商品だからか、成分が強いものが多いんですよね。外国人の髪は日本人の髪よりもかなりタフなので、洗浄成分が強くても大丈夫だったりします。しかも、毎日髪を洗わない国もありますし。

      美容師に言われた、
      高ければ高いほど良い成分が入ってると

      これはちょっと酷いですね。シャンプーは価格が高くても、成分がダメダメな商品もかなり多いです。むしろ市販以下でしょ?みたいな。膨大な広告費、ブランド料で高いだけの商品も多いですからね~。

      この場合でも無印、ヒマワリを
      使用するのはどうなんでしょうか?(>< )

      頭皮のニオイの原因やどのくらいなのか?がちょっとわからないので、抽象的な回答になりますが、まずは優しい成分で2シャンしてみるのが良いかと思います。(無印やひまわりでもOKです)
      ロクシタンに使われているような、『ラウレス硫酸』系のシャンプーを使ってきたのであれば、必要言う場に脱脂していたので、頭皮の油分の分泌量が増えてしまって、ニオイのものになっている可能性が考えられます。
      なので、優しい成分のもので、2シャンし徐々に頭皮を慣らしていくのが良いかと。
      少しでも参考になれば幸いです!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ブログ運営者 元美容師M

    元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。