【元美容師が解析】1000円以下なら最強か?ちふれシャンプーの成分と2つの弱点とは?

元美容師Mです。

今回は読者さんから「ちふれシャンプーってどうですか?」とリクエストを頂いたので、ワクワクしながら成分をチラ見してみたのですが…

「これはヤバイッ!1秒でも早く読者さんに伝えなくてはッ!」と興奮してしまいました(笑)いつもより興奮気味にポチポチとタイピングしています。

私が一人で興奮していても仕方がないので”ちふれシャンプーの成分の何が良いのか?弱点は無いのか?”いつものように全力で解析していきたいと思います!

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ28選!

⇛【2018年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2018年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

【最重要】ちふれシャンプーの洗浄成分は?

 

まずはいつもの洗浄成分の重要性について、ですがもしあなたがシャンプーを新しく検討する際はぜっったいに何がなんでも洗浄成分だけはチェックしてください。

なぜなら、シャンプーの成分は水が6~7割、洗浄成分が2~3割残りの数%~が補修性分などで構成されているのです。

水はどんだけこだわっても所詮は水。つまり、シャンプーにおいて最も影響力の高い成分は『洗浄成分』だということです。

内容成分を一切見ないでシャンプーを買う行為は、『企業のマーケティング戦略(何となく凄そうなネーミング戦略等)にやられる』可能性が極めて高いので要注意。

という事でちふれシャンプーの全成分がコチラ↓

水、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、ラウロイル加水分解シルクNa 、ポリクオタニウム10、ポリクオタニウム?7、BG、ラベンダー油、コカミドメチルMEA、フェノキシエタノール 、安息香酸Na 、メチルパラベン、プロピルパラベン、pH調整剤、クエン酸 、クエン酸Na、エチドロン酸 、塩化Na 、酢酸Na 、イソプロパノール

黄色にマーキングしている成分が、このシャンプーの命運を分ける洗浄成分です。

ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、ラウロイル加水分解シルクNa

たった3つの成分ですが、この中に「えっ?!この価格でこの成分配合してるの?!」とつい私が鼻息を荒くしてしまった成分が混ざっています。

では成分の特徴を1つずつ見ていきましょうッ!

洗浄成分1,ラウロイルメチルアラニンNa

このシャンプーで最も配合量が多い成分がコチラ『ラウロイルメチルアラニンNa』という紛れもなくアミノ酸系の成分。

アミノ酸系の中ではやや洗浄力がある方ですが、適度な強さでしっとり系よりも、サラサラ系重視の人に超絶オススメできる成分です。

ちふれシャンプーはアミノ酸系のシャンプーという記載が合ったのですが「どうせほんの少しだけアミノ酸系の成分を配合して、アミノ酸系を謳っているだけだろう」

と勝手な妄想していたのですが、見事に予想が裏切られました・・・

アミノ酸系シャンプー!と宣伝しておいて、ほんのちょっぴりしかアミノ酸系成分を配合していない業者も数多くありますが、ちふれシャンプーは間違いなくメイン成分がアミノ酸系シャンプーです。

洗浄成分2,コカミドプロピルベタイン

当ブログ読者さんにはお馴染みの「ベタイン系」成分。ベビーシャンプーに配合されるくらい低刺激で洗浄力もマイルドな成分です。

1,000円以下のシャンプーから3,000円を超えるシャンプーまで、どんなシャンプーでも大抵ベタイン系が配合されていますね。

この成分自体は補修とかそういう性質はないですが、普通に良成分。

洗浄成分3,ラウロイル加水分解シルクNa

「うおッ!まじか!」と思わず叫んでしまった(心の中で)成分がこの成分。

シルクの名の通り、かなり保湿力が高く刺激性も低いというシャンプーの洗浄成分の中でもトップクラスに優れているのがこの成分。もしかして間違えて入れちゃったのかな?

洗浄力がやや低すぎるのがネックの成分ですが、メイン成分の『ラウロイルメチルアラニン』が少し洗浄力が強めなので、洗い上がりがベトベトするということも無いでしょう。

洗浄成分を総合的に見ると、、ラウロイルメチルアラニン洗浄力がそこそこあるアミノ酸の洗浄成分に、コストを抑えるためベタイン系のマイルドな成分を配合し、更に保湿力の高い成分を配合しているという感じ。

「まじでこのシャンプー500円?!」とビビったのが本音です。

もし、あなたがミドルダメージ以下で今まで、その他の市販シャンプーを使っていたならかなり、かなり満足できる可能性が高いと言えます。

ちふれシャンプーの2つの弱点とは・・・

洗浄成分に関してはもう何も文句のつけようが無いレベルですが、、、ちふれシャンプーにも弱点があります。

弱点1、保湿、補修成分はほぼ入っていない

それは・・・洗浄成分以外の補修、保湿成分がほぼ配合されていないッ!!!という点です。

・・

いや、この価格帯で補修成分や保湿成分まで配合しろ!なんてちょっと横暴すぎですが、「コレ!!」と言えるその他の補修成分が、私には見当たらなかったのは事実なのでそれだけはあなたに伝え無くてはならない。

一応、ポリクオタニウム-10という手触り感がアップする成分は配合されていますが、どのシャンプーにも配合されているくらいベーシックなものなので、「コレ!!」とは言えません。

弱点2、容量が少なすぎる!!

あともう1つ無理やりケチをつけるとすれば、容量が200mlとかなり少ないという点。

私が見た限り500円程度で、販売されているサイトなどが多かったので「やっっっっす!!」と思ったのですが、大体市販のシャンプーの容量は500mlとかが多いんです。

ちふれシャンプーを1ml辺りに換算すると、2,4円程度。たか・・・いや、コレでも安い。

市販シャンプーの感覚で使うと、実質1000円ちょっとのシャンプーを使うのと、あまり変わらないかな?というのが私の印象です。

【結論】1000円以下なら最強か。1度は使う価値ありッ!

ワケのわからないただ高いだけの、サロンシャンプーを使うくらいなら一度ちふれシャンプーを試してほしいです。

保湿や補修成分の配合は皆無ですが、市販シャンプーの中では間違いなくトップクラス。

もし、あなたがハイダメージであったり、カラーやパーマをかけないのであれば、一度は使ってみる価値のあるシャンプーだッ!と断言できます。

というか私自身ビビりました。「ぬおッ市販シャンプーでこのクオリティ、、来たか!」とワクワクして仕方がないです(笑)
(私もどこかの機会で一度、使ってみるつもりです。その際はもちろんレビュー記事も書く予定)

ぜひ参考にしていただければ幸いです。

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。
もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2018年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2018年版】全力で最ッ高!の市販シャンプーランキング8選を発表します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者 元美容師M

元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。