【元美容師が解析】3つの保湿成分が良いッ!バーデンス スキャルプシャンプーの本音レビュー!

元美容師Mです。

当ブログのコメント欄でも「このシャンプー使い心地が良い!」っと度々口コミを書いて頂けるのが今回のバーデンスシャンプーです。

以前から結構評判が良かったので気になっていたので、成分をみてみたのですが、、、確かにコレは良いッ!ッと思っちゃいました 笑

「肌と髪への優しさを最優先に開発したシャンプー」というコンセプトのシャンプーですが、果たして本当に刺激は低いのか?洗浄力は高すぎないのか?成分を解析&解説していこうと思います!

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ28選!

⇛【2019年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

【最重要】バーデンス スキャルプシャンプーの洗浄成分は?

⇛バーデンススキャルプシャンプーの現在の価格詳細はコチラ!

当ブログでいつも口酸っぱく言っているのが、「シャンプーを選ぶときは洗浄成分を見よ!」言うことです。

どんなにホニャララ保湿成分配合!っと凄そうな宣伝文句が書かれていても、シャンプーのメインとなる洗浄成分は強力すぎれば、その他の保湿成分などほぼ無意味に終わります。。。

シャンプーの成分は水が6,7割、洗浄成分が3,4割その他の保湿成分や安定剤、香料など合わせて1割り程度という感じに配合されています。

水はどう頑張っても水なので、次点で配合量の多い洗浄成分が最もシャンプーの性格を左右するというわけです。

もし、あなたが「このシャンプー気になるゥゥ」っと思っても広告文句を鵜呑みにせず、まずは洗浄成分成分だけでも見てみてください。洗浄成分さえ外さなければ、”大外れ”は避けられるはずっ!

っといつものように暑苦しい前置きを置いた上で、『バーデンススキャルプシャンプー』の全成分がコチラ↓

水、ラウレス-3酢酸、ラウラミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、コカミドDEA、アルギニン、カプリル酸グリセリル、ポリクオタニウム-10、BG、リシン、ヒスチジン、ポリクオタニウム-51、ホエイ(牛乳)、カミツレエキス、セージエキス、ローズマリーエキス、ホホバ葉エキス、シコンエキス、グリセリン、(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー、ホホバ油、トコフェロール、アスパラギン酸、クエン酸、ポリクオタニウム-7、ステアラミドエチルジエチルアミン、トリオクタノイン、香料、メチルパラベン、エタノール

黄色にマーキングしている成分が、シャンプーの命運を分ける『洗浄成分』ですね。

バーデンスシャンプーは基本的にこの3つの洗浄成分がメインと考えて間違いないです。

ラウレス-3酢酸、ラウラミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa

ではそれぞれの洗浄成分がどのような性質なのか?洗浄力はどの程度なのか?解説していきます!

洗浄成分1、ラウレス-3酢酸

ちょっとシャンプーの成分に興味を持ち始めた人は「ラウレス~っとついた成分はヤヴァイ!」っと聞いた事があると思います。

なので、「ラウレスー3酢酸」っと書かれているとビクッとするかもしれません。が!この成分はラウレスとは書かれているものの、酸性石鹸系の洗浄成分で間違いなく低刺激。

よく市販なんかに配合されるメチャ強い洗浄成分(サロンシャンプーにも実は多く入っているけど)、「ラウレス硫酸ナトリウム」とは比べ物にならないほど優しい成分です。
ラウレス硫酸ナトリウムのシャンプーがゴミ過ぎる3つの根拠とは?

成分単体で見ると洗浄力に関しては、アミノ酸系のマイルドな洗浄成分に比べると、やや強めな傾向ではあります。

が、髪やお肌と同じ弱酸性でかなりの低刺激なのは間違いないし、よほどのハイダメージじゃなければ、問題なく使えるかと。

洗浄成分2、ラウラミドプロピルベタイン

こちらの成分も超低刺激&洗浄力も低いというお肌が荒れやすい方向けの”ベタイン系”洗浄成分ですね。

ベビーシャンプーなんかにも配合されるような成分で、市販のシャンプーなどにも幅広く採用されている成分なので「コレはッ!!!」っと鼻息が荒くなることはないですが・・・

良成分なのは間違いないですし、バーデンスシャンプーの掲げる「お肌と髪を最優先に考えたシャンプー」のコンセプトにもマッチしている成分だと言えます。

洗浄成分3、ココイルメチルタウリンNa

こちらも上記の2つ同様、低刺激でお肌と髪と同じ弱酸性の性質で洗浄力もマイルドな成分です。

よく、3,000円~くらいのサロンシャンプーのメイン成分として採用されることもある良質な成分ですね。

ただ、洗浄力に関してはダメージケアシャンプーによく使われる、アミノ酸系洗浄成分と比較するとやや高めという感じ。

っと言っても「乾燥気味と言う人」や「ちょっとダメージが気になる!」と言うくらいなら普通に使える優良な成分です。

総合的に見ると、、、最も配合量が多いの成分が酸性石鹸系のメインで、ベタイン系を+し、同じく弱酸性系の洗浄成分を配合していると言う感じ。

うん!洗浄成分を見る限り確かにコンセプト通り、低刺激なものばかりで作られていますし、アトピーなどでお肌が敏感な人でも問題なく使えると思います。

ただ、洗浄力に関しては私がオススメしているような、しっとり系のアミノ酸系シャンプーと比較するとやや高めだとは思います↓
【元美容師が解析】まだ買うな!新haruシャンプー8つの神成分と弱点とは?

なので「しっとり系を使うと、どうしてもべとついてしまう」「とにかくダメージケア!っというよりも、優しい成分でそこそこしっかり洗いたい」と言う人向けのシャンプーかなぁ~っと思われます。

ただ、こう言うと「ちょっと軋みがでないか心配・・・」っと思われる人もいるかもですが、バーデンスシャンプーは軋みや乾燥を抑えるために保湿成分にもかなり力を入れているんです。

では、どの保湿成分がスンバラシィィィのか?を見ていきましょう!

ココが凄い!3つの保湿成分とは?

ポリクオタニウム-51

まずはコチラのポリクオタニウムという保湿成分。

名前だけ聞くとポリ袋みたいな安っぽいイメージを抱いてしまいますが、みんな大好き『ヒアルロン酸』の2倍もの保湿力を誇る”リピジュア”とも言われる成分。

サロントリートメントなんかにも配合されるような、保湿成分で毛髪を補修するわけではないけど、保湿力に関してはGOOD!

私が大好きな大好きな『無印シャンプー』にも配合されてる成分でもありますね↓
【全部比較!】無印良品シャンプー4種類の違いと選び方とは?あなたに合ったのはコレだッ!

(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー

ウホッ!キター!っと個人的に熱くなってしまったのがこの成分。成分名を見ると長ったらしくて何が何だかわかりませんが別名”セラキュート”と呼ばれる毛髪補修成分なんです。

特徴としては、加齢やダメージを受けてボリューム感が減ってしまった髪を、髪の表面と内側から作用してボリューム感をアップさせるような成分なんです。

引用:セラキュート製品情報より

もちろんシャンプーに配合されているものなので、これだけでモリモリボリュームアップするとは言えません。

が、ごわつき感減少や髪のハリ・コシ感アップを期待できるかなぁと思います。素晴らしい!

ホホバ油

私は基本的に植物性の成分はそこまで効果がない!っという考えです。そもそも、人間の髪の毛を保湿するために生えているわけじゃあありませんからね。

しかし!このホホバオイルに関しては”髪の内側も保湿する”ほどの高い保湿力がある!っという実験データもあるんです。

引用:http://www.milbon.co.jp/ir/pdf/20140502_news-spring-8.pdf

あくまでも、”保湿”成分なのでみるみる髪のダメージが無くなる!ってことはありえないですが、やや強めな洗浄成分でもこれだけ保湿成分がぶっこまれていれば、ほぼパサツキ感などは感じないはず。

そういえば、以前解析した2万円のシャンプーはこのホホバオイルがメイン成分になってたなぁ・・・↓
【元美容師が解析】2万円は高い?Flowersシャンプーの成分をレビューした結果・・・

【結論】低刺激でバランスの良いシャンプーだと思います。

洗浄成分的にバーデンスシャンプーがコンセプトに挙げているように、かなり低刺激!なのは間違いないです。

洗浄力については、ダメージケアシャンプーというコンセプトではないので、アミノ酸系シャンプーよりもほんのちょっと強めかなぁと言う印象。

ではあるものの、そこら辺の洗浄力が高いサロンシャンプーに比べれば大分マイルドなのは間違いないですし、保湿成分の効果もあってパサツキまくる!!っということは殆ど無いんじゃないかと。

価格に関しても250mlで2000円とやや高価ではあるものの、1ml辺り8円とサロンシャンプーとしては高すぎでもないです。

成分的な面とコスト的な面を見ても「バランスが良い!」っと思ったのが私の意見です。

あなたが「しっとり系シャンプーはべとつく~」とか「そこそこ洗浄力が欲しい」と言うなら一度使ってみるのはアリ!だと思います。

ただ、楽天やAmazonなんかでも販売していないどころか、公式サイト等でもネットで購入出来ないっぽいので”欲しい時に手に入らない”っという点がネックになるかと。。。(取扱いサロン店頭販売のみ)

私のように美容室に行くのが億劫という人は、シャンプーが切れたから美容室にわざわざ買いに行くのはちと、キツイですね。

ああぁああぁ!せっかく良シャンプーなのだから、公式サイトのみでもネットで購入できれば良いのに!っと叫んでから当記事を締めくくらせていただきたいと思いますm(_ _)m

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。
もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2019年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最ッ高!の市販シャンプーランキング8選を発表します。

4 件のコメント

  • なみと より:

    はじめまして。
    わたしのような素人にもわかりやすい内容で、参考にさせていただいています。
    トリートメントに関してのレビューやランキングを見てみたいです!お時間がありましたら、是非お願いします!!

    • ブログ運営者 元美容師M ブログ運営者 元美容師M より:

      はじめまして、コメントありがとうございます!
      こちらこそ記事を閲覧頂きありがとうございますm(_ _)m

      トリートメント系の記事はかなり要望頂いているので、ちょっと考え中です。笑
      ただ、シャンプーと違って洗浄成分や水の割合が決まっているわけではないので成分だけ見て判断するのが難しい部分もあるのですよねぇ・・・
      いろいろ考えて記事にしてみようかと思いますので、ご期待下さい!

  • 荒井玲子 より:

    初めまして。今日初めてこちらのブログを拝見しました!とても興味深く勉強になります。
    17歳の娘が肌全般が弱く頭皮も荒れやすくその上エタノールアレルギーなので、シャンプーにはとても気を使ってきました。そして最近辿りついたのがハルシャンプーでしたので、M様もおススメナンバーワンということで嬉しく思いました。
    ただ私がネットで色々探して見つけたハルシャンプーは改良前の写真だったようでエタノールは入っていませんでした。それを鵜呑みにしてしまい注文し暫く使用してから一応成分を見てみましたらエタノールが入っておりびっくりしました。
    会社に問い合わせしたところ、植物由来のエタノールなのでお肌に優しいというような説明でしたが、エタノールにそのような種類はあるのでしょうか?またエタノールフリーでおススメシャンプーがあれば教えて頂きたいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ブログ運営者 元美容師M

    元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。