【元美容師が解析】何が違う?プレミアム ボタニカルシャンプー(シルキー)の成分レビュー!

元美容師Mです。

今回は読者さんに教えて頂いたボタニストの新ラインナップ『プレミアムボタニカルシャンプー』の成分を全力解析

本当にプレミアムなのか?!を見ていきたいと思います。

結論を言うと、プレミアムという割には普通のボタニストとそこまで大きく変わらないな・・・っというのが本音。 

変なサロンシャンプー買うよりもよっぽど質が良いのですが、これだったら今までのボタニストで良くないか?!っと思ってしまった(汗)

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ記事30選!

⇛【2020年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2020年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

【最重要】ボタニカル プレミアム シャンプー(シルキースムース)の洗浄成分は?

【最大47%OFF&返金保証】プレミアム ボタニカルシャンプー(シルキースムース)の現在の価格&詳細はコチラ!

水、ココイルメチルタウリンNa、ココアンホ酢酸Na、コカミドプロピルベタイン、ラウリルベタイン、デシルグルコシド、ラウレス-4カルボン酸Na、リンゴ酸、加水分解コメタンパク、PEG-30水添ヒマシ油、アズキ種子エキス、コメヌカエキス、クズ根エキス、ダイズ種子エキス、シャクヤク根エキス、イチジク果実エキス、アセロラ果実エキス、アロエベラ葉エキス、ユズ果実エキス、アンズ種子エキス、クチナシ果実エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、サボンソウ葉エキス、シラカンバ樹皮エキス、サピンヅストリホリアツス果実エキス、ココイル加水分解コラーゲンK、加水分解ケラチン(羊毛)、グリセリン、BG、DPG、ポリクオタニウム-10、ステアリン酸ポリグリセリル-10、セテアレス-60ミリスチルグリコール、ラウラミドプロピルヒドロキシスルタイン、ステアラミドプロピルジメチルアミン、コカミドMEA、塩化Na、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、エタノール、安息香酸Na、香料

黄色にマーキングされているのが、シャンプーの命とも言える”洗浄成分”です。

いくら保湿成分や補修成分にコダワッていようと、この洗浄成分が強すぎればその他の保湿成分などほぼ無意味になります・・・

シャンプーは水6~7割、洗浄成分が3~4割程度で残りの1割くらいの中に保湿成分やら補修成分が配合されていることがほとんどなんですよね。

つまり!保湿成分などよりもかなり影響力が高いのが、洗浄成分ってわけです。考えてみればシャンプーって”洗剤”なのでやはりどんな洗浄成分なのか?が一番重要です。

っというわけでボタニストプレミアムシルキーに配合されている洗浄成分からチェック!

成分1、ココイルメチルタウリンNa

最も多く配合されている洗浄成分がこのタウリン系という成分。

サロンシャンプーのメインにも採用されるようなマイルド、かつ刺激性も低い成分ですね。

さすがプレミアムというだけあって、普通の市販シャンプーよりも質が高い洗浄成分が使われとります。笑

ややアミノ酸系の洗浄成分よりは洗浄力が高めではあるものの、ミドルダメージ毛くらいなら問題なく使える良成分。

成分2、ココアンホ酢酸Na

名称こそベタイン系と違えど、ベタイン系に近く刺激性も洗浄力もマイルドな成分。

特にすごくコンディショニング成分が高いってわけでもないんですが、無難に良成分ではありますね。

成分3、コカミドプロピルベタイン、ラウリルベタイン

コチラはほぼ全てのシャンプーに配合されている、ベタイン系の成分。上記で書いたように刺激性も洗浄力もマイルド。

普通のボタニストシャンプーにも普通に入っている、普通な成分。
ボタニストシャンプー 全6種類の違いと選び方。あなたはこれを選べばOK

成分4、デシルグルコシド

刺激性は低いが洗浄力が強い成分がコレ。お肌の水分はそのままにしっかり油分を脱脂するという性質の成分ですね。

ダメージ毛の人だと脱脂力が強い成分を使うと、「キュッ」っと引っかかる傾向にあるので、この成分単体で言うとダメージ毛向きではないかも。

成分5、ラウレス-4カルボン酸Na

最後は酸性石鹸系の成分。ラウレス~っと言うネーミングではありますが、市販によく配合される激強洗浄成分『ラウレス硫酸』とは違い刺激性は低め。

かつ、洗浄力はしっかりあるという感じの成分なので、洗浄力が優しすぎるとべとつきやすいという人にオススメな成分。

洗浄成分を総合的に見ると、、、メイン成分とサブ成分こそマイルドな成分が使われているものの、洗浄力不足を補うためデシルグルコシドやら、酸性石鹸系の成分も配合されている感じ。

純粋なアミノ酸系シャンプーと比べると、やや洗浄力は高めに感じるもののあなたが「しっとりすすぎなシャンプーだと、べとつきやニオイが気になる」というならアリ。

優しすぎず、強すぎずなので洗浄成分のバランスは非常に良しっ!っと言うのが本音。(優しすぎずと言っても市販とかに比べれば、断然優しいです)

どちらかと言うと、ライトダメージ~ミドルダメージ毛向きか。

2つの優良な補修成分とは?

成分1,ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

キターーー!やはりボタニストといえばコレ!と言ってもいいほど補修力が高い成分。

別名『ペリセア』とも呼ばれる成分で、毛髪に付着すると1分程度で高速浸透&補修するという成分。

引用:旭化成ファインケムより

ただプレミアム以外のボタニストでも、以下の2つには配合されていました↓
【元美容師が解析】本当に良成分!BOTANISTシャンプー(ダメージケア)を全力でレビュー!

【成分解析】ボタニスト(バウンシーボリューム)シャンプー2つの良成分がコレだ!

プレミアムのみの特別成分!ってわけでもないのは注意。

成分2,加水分解ケラチン(羊毛)

多くのヘアケアシャンプーに配合されている成分で、特に珍しくはないんですが、王道的な補修成分。

以下のように髪の手触り感が向上期待できるような、試験結果も公表されていたりします↓

パーマ処理を行ったことのない20人の日本人女性の頭髪を洗髪、すすぎ、タオルドライ後にドライヤーにより乾燥させ、「髪の滑らかさ」および「髪のツヤ」について各濃度の加水分解ケラチン(分子量400)水溶液と比較として加水分解コラーゲン水溶液を用いてハーフヘッド法にて評価した。

評価基準として20人のうち◎:18人以上が良いと回答、○:14-17人が良いと回答、△:8-13人が良いと回答、☓:7人以下が良いと回答としたところ、以下の表のように、

試料 濃度 髪の滑らかさ 髪のツヤ
加水分解ケラチン 0.001
加水分解ケラチン 0.004
加水分解ケラチン 0.04
加水分解ケラチン 0.4
加水分解ケラチン 4.0
加水分解コラーゲン 0.2

加水分解ケラチン(分子量400)は、いずれの濃度でも優れた毛髪修復効果を示した。
出典:加水分解ケラチン(羊毛)とは…成分効果と毒性を解説

プレミア感はないですが、悪くもない成分。

私がコレは!っと思った成分は以上の2つくらいで、後の成分は正直・・・微妙な感じ。

プレミアムラインは通常のボタニストと違って『コメヌカエキス ※2:クズ根エキス ※3:アズキ種子エキス ※4:PEG-30水添ヒマシ油』などの和植物成分にこだわっているみたいです。

ただ、ある程度の保湿効果は期待できるかもだけど、植物の汁だからなぁ(汗)

そこまで凄い毛髪補修、保湿効果が期待できようには正直思えません・・

それぞれの、植物エキスに関してもすごく珍しい成分ってわけでもなく、安価なシャンプーにも配合されるような成分ですし、よほど和植物成分にコダワリたい!って人でもなければ微妙。

例えばコメヌカエキスとかその辺りは『いち髪』なんかのシャンプーにも配合されていたりします。
【元美容師が解析】何が違うの?「いち髪ナチュラルセレクト」の成分を徹底レビュー!

悪くはないんですが、プレミアムと言う割にはイマイチな感じ。

【結論】普通のボタニストでも十分か。

シャンプーとしての質が高いのは間違いない。のですが、今までのボタニストがあまりにも高品質すぎた・・・

特にダメージケア↓
【元美容師が解析】本当に良成分!BOTANISTシャンプー(ダメージケア)を全力でレビュー!

洗浄成分はほぼ同じような成分で構成され、価格はプレミアムの半額くらいなのに『ペリセア』やら『ゼイン』などの補修成分はしっかり配合されています。

プレミアムだから、一体どんだけすんごい成分が追加されているんだ?!っと思ったんですが、和植物成分くらいしか違いが見えないんですよね(汗)

もちろん、今までのものより補修成分の配合量めちゃ多いとか、品質が高いとか可能性もありますが、それが体感できるレベルか?というと・・・

どうなんでしょうね?多分そこまで変わらない気がします。

そして、もう1点触れたいのが価格。一般的なボタニストが1500円で490mlです。

が、プレミアムラインは倍の3000円前後の価格。更に容量が300mlに激減しちゃってます。

だったら、今までのボタニストでいいじゃんッ!っていのうが本音です。

っというか今までのボタニストがコスパ良すぎたんだよなぁ・・・
ボタニストシャンプー 全6種類の違いと選び方。あなたはこれを選べばOK

結論をまとめると、シャンプーのとしての質は高い。が、ボタニストダメージケアがコスパ最強すぎたので、私だったらダメージケアを確実に選ぶ。っというのが結論。

この価格帯だったら、アミノ酸系のシャンプーも視野に入るので↓
【元美容師が激選】超上質なアミノ酸シャンプーランキングBEST5を理由を添えて発表します。

っというわけで、ボタニストプレミアムのスムースが気になる!って人は参考にしてみてください。

【最大47%OFF&返金保証】プレミアム ボタニカルシャンプー(シルキースムース)の現在の価格&詳細はコチラ!

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。

もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
元美容師が300種~使って分かった!縮毛矯正&パーマにおすすめシャンプー5選!

【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2020年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2020年版】市販シャンプーランキング8選と選んだ理由を発表します。

もし、あなたが当記事を読んで「面白かった!」っと感じたら、是非Follow!頂ければ幸いですm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者 元美容師M

元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。