【元美容師が解析】サラサラは無理か?モイストダイアンシャンプーエクストラストレートの成分を解析。

元美容師Mです。

以前モイストダイアンシャンプーの別シリーズ『エクストラシャイン』を使った事があるのですが「バッサバサ」になりました。

⇒【解析】ダイアンシャンプー パーフェクトビューティーエクストラシャインの成分は駄目だと思うよ。

成分から使用感まで「何がエキストラシャインなんだよ!」って感じのシャンプーでしたが、今回は『エクストラストレート』の成分を徹底解析して行こうと思います。(ビクビク)

もしあなたが、モイストダイアンシャンプーエクストラストレートの使用を検討しているなら、当記事を最後まで目を通して使用の有無を判断しても遅くはないはず。

と言うことでLET’S GO!!

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ28選!

⇛【2019年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

【最重要】モイストダイアンシャンプーエクストラストレートの洗浄成分は何が含まれている?

 

シャンプーで最も重要なのが誰がなんと言おうと『洗浄成分』です。

どんなに優れた補修成分を配合しようと、洗浄成分が強すぎれば髪と頭皮を365日痛め続けることになるのです。

シャンプーを新しく購入検討する際は120%洗浄成分から、何が含まれて、どういう効果が期待出来るのか?を把握するようにしましょう。

ということでまずは、モイストダイアンシャンプーエクストラストレートの全成分がコチラ↓

水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、ココイルグルタミン酸TEAココイル加水分解ケラチンK(羊毛)スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na、ミリスタミンオキシド、γ-ドコサラクトン、クオタニウム-18、クオタニウム-33、コレステロール、セラミドEOP、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAG、セラミドAP、PG、加水分解ケラチン(羊毛・羽毛)、アルガニアスピノサ核油、マンゴー種子油、テオブロマグランジフロルム種子脂、プルーン種子エキス、カラパグアイアネンシス種子油、スクレロカリアビレア種子油、バオバブ種子油、キノア種子油、ケラチン(羊毛)、ポウテリアサポタ種子油、ラウリルジモニウムヒドロキシプロピル加水分解ケラチン(羊毛)、ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン、テルミナリアフェルジナンジアナ果実エキス、オエノカルプスバタウア果実油、アセチルシステイン、グリオキシル酸、シンジオフィトンラウタネニ核油、アルガン油ポリグリセリル-6エステルズ、リンゴ果実培養細胞エキス、アルガニアスピノサ芽細胞エキス、コラーゲン、加水分解コンキオリン、セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク、イソステアロイル加水分解コラーゲン、加水分解キノア種子、加水分解バオバブ種子エキス、(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解シルク、金、銀、プロパンジオール、DPG、BG、イソマルト、ポリクオタニウム-10、ダイズステロール、塩化Na、イソステアリン酸、ラウラミノプロピオン酸Na、炭酸水素Na、セルロースガム、キサンタンガム、ココアンホ酢酸Na、ココイルメチルタウリンNa、レシチン、ベヘントリモニウムクロリド、グリセリン、変性アルコール、エタノール、ベンジルアルコール、クエン酸、トコフェロール、EDTA-2Na、安息香酸Na、フェノキシエタノール、ソルビン酸K、香料、カラメル

黄色にマーキングしている成分が当シャンプーの洗浄成分ですね。これだけを抜き出してみると↓

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、ココイルグルタミン酸TEAココイル加水分解ケラチンK(羊毛)スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na

表記順的に一番多い洗浄成分なのが、『オレフィン(C14-16)スルホン酸Na』という洗浄成分ですね。

私はもうこの時点で「うわぁぁ使いたくないわ・・・」と思っちゃいました。

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na』はラウレス硫酸系の洗浄成分成分よりはやや弱い物の、ラウレス系の次くらいに強力な洗浄力を持っているかなり強力な成分です。

ちなみにラウレス硫酸naについてはこちらも参照ください↓
⇒ラウレス硫酸ナトリウムのシャンプーがゴミ過ぎる3つの根拠とは?

幾分かは、ラウレス系よりも刺激は弱くなってはいるものの、かなり強い洗浄力なのでカラー、パーマをしている人や頭皮が乾燥気味の人は辞めておいた方が無難です。

最近はラウレス硫酸ナトリウムが髪や頭皮にあまり良くない!と言う認識が一般的に広まってきているのもあって、ラウレス系の代わりに配合されることが多い成分なんですよねぇ。

その証拠に、このダイアンの以前販売されていた旧バージョン『モイストダイアンエクストラモイスト』では、このように堂々とラウレス硫酸naが一番多く含まれています↓

水、ラウレス硫酸Na、ラウリルベタイン、コカミドDEA、DPG、アルガン油ポリグリセリル-6エステルズ、バオバブ種子油、アルガニアスピノサ核油、テオブロマグランジフロルム種子脂、マンゴー種子油、カラパグアイアネンシス種子油

どうでしょう?世間の「ラウレス硫酸naが入っているシャンプーはヤバい!」という風潮に合わせて、とりあえず安価な『オレフィン(C14-16)スルホン酸Na』を代わりにぶち込んで誤魔化した感がヒシヒシ感じられるんですよねぇ・・・

あくまでも推測の範囲ではありますし、真相は分かりませんがとりあえず私から言えることは「『オレフィン(C14-16)スルホン酸Na』が一番多く配合されている時点で止めておけ!」と言うことです。

次点で含まれている『コカミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、ココイルグルタミン酸TEAココイル加水分解ケラチンK(羊毛)スルホコハク酸(C12-14)パレス-2Na』

については比較的マイルドな成分で、アミノ酸系の洗浄成分も見受けられますが『オレフィン(C14-16)スルホン酸Na』が一番多く含まれている点からして雀の涙みたいなもんでしょう。

それほど強力過ぎる洗浄分ですし、これが配合されている次点で私としては論外です。

うねりがちな癖毛をストレート?補修成分も弱い・・・

洗浄成分が強力過ぎる時点で最早選択技から除外!なのですが、一応シャンプーの特徴成分とも言える補修成分にも目を向けてみました。

一応今回の『モイストダイアンシャンプーエクストラストレート』は公式サイトなんかを見る限り、うねりがちな癖毛をストレートに導く効果が期待出来そうな雰囲気を漂わせ低ルこの商品。

ただ、成分をどこからどう見ても「これで癖毛がストレートになるとは思えない・・・」というのが本音。

公式サイトによると『キヌアオイル、バオバブオイル、プルーンオイル』この3つのオイル髪奥に浸透し、うねりや癖毛を改善に導く・・・とのこと。

ここで疑問なのは所詮、植物のオイルが人間の髪の毛の、、、それもうねり、癖毛のみをピンポイントで狙ってストレートに導くか?って言うとかなり疑問です。

多少の保湿力向上はあるでしょうけどね。

もう一点は「髪奥に浸透する」と堂々と書かれているのですが、分子の大きい植物のオイルがキューティクルに覆われている髪の毛の奥に浸透するか?っていうのもかなり疑問。

シャンプーはあくまでも、洗浄するアイテムなので業者の過剰な宣伝に過度な期待は禁物なものの、『エクストラストレート』とはやや誇大広告じゃないでしょうかね?

【結論】モイストダイアンを使う理由は1つも見当たらないし、私は使いたくない。

結論を言うとモイストダイアンエキストラストレートを使う理由は1つも見当たらないです。

洗浄力はアホみたいに強力ですし、目玉とも言えるストレートに導く成分は植物オイルのみって微妙すぎません?

価格帯が800円程度なので、仕方無いと言えば仕方無いかもですが、昨今のシャンプー業界の「見た目とネーミングを豪華にして何となく効果ありそう感」を出している商品が多すぎだと思います。

中身にもこだわっていれば、見た目やネーミングが豪華でもいいのですが、なぜだかシャンプーっ業界って大体の商品が見た目と中身が反比例するんですよね・・・

豪華な見た目、綺麗な芸能人の起用、凄そうなネーミングの商品には飛びつく前に、「本当にこれいいんかいな?」と裏面を見る癖を付けていきましょう!

と言うことで、当記事を参考にモイストダイアンの使用を考慮していただければと思います。

別シリーズも解析しているので、もしあなたが検討中なら覗いてみてくださいね。

【解析】ダイアンシャンプー パーフェクトビューティーエクストラシャインの成分は駄目だと思うよ。

 

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。
もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2019年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最ッ高!の市販シャンプーランキング8選を発表します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者 元美容師M

元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。