【元美容師が解析】コスパ悪?ルベル・イオ クレンジング リラックスメント シャンプーの成分が微妙な理由とは?

元美容師Mです。

ネットで評判の良い「ルベル・イオ クレンジング リラックスメント シャンプー」を元美容師の経験、知識全力を振り絞って解析&評価して行きますっ。

忙しいあなたのために結論から申すと、「良シャンプーなのは間違い無いけど、コスパはそこまで良くないよな」というのが私の感想です。

なぜ良シャンプーなのに、コスパはそこまで良くないのか?を今回は全力で解説していきます。

もし、あなたが「ルベル・イオ クレンジング リラックスメント シャンプー」(長いぃ)の購入使用を検討しているのであれば、ぜひぜひ、最後まで目を通して頂ければと思います!

 

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ記事30選!

⇛【2019年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

【最重要】ルベル・イオ クレンジング リラックスメント シャンプーの洗浄成分は?「ぶえぇりぃぐっど!」

シャンプーを選ぶ際に必ず見て頂きたいのが、シャンプーの命とも言える『洗浄成分』です。

この洗浄成分が強すぎたり、あなたの髪の目的に合っていない物であれば、その他の何チャラエキス~などがいくら含まれていようとも、無意味に終ります。

シャンプーの中でも水の次に配合量の多い成分なので、面倒くさがらずに必ずチェックしてくださいね!

水、ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドメチルMEA、コカミドプロピルベタイン、ラウラミドプロピルヒドロキシスルタイン、グリチルリチン酸2K、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-47、クエン酸、クエン酸Na、エチドロン酸、BG、ポリクオタニウム-64、安息香酸Na、メチルイソチアゾリノン、香料

黄色にマーキングした成分がシャンプーの命運を分けると言っても過言ではない、洗浄成分であります。

この洗浄成分だけを抜き出して見ると・・・↓

ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、ラウラミドプロピルヒドロキシスルタイン

最も多く配合されている成分が『ココイルメチルタウリンNa』というアミノ酸系の洗浄成分ですね。

弱酸性でお肌の性質に近く超低刺激で洗浄力も非常にマイルドという、シャンプー界でもトップクラスに優れている洗浄成分だ!と言っても言いすぎでは無い成分です。

次点に多く含まれる、『ラウロイルメチルアラニンNa』上記に比べると若干、洗浄力が強いと言われていますが、アミノ酸系で上と同じくらい、低刺激&マイルドトップクラスのシャンプー成分ですね。

高価で本当に髪や頭皮の事を考えているシャンプーにしか含まれていない成分です。この2成分がメインだと思われますが、この成分だけでも開発者さんの髪や頭皮を大事にする思いがヒシヒシと伝わってきます・・・

コカミドプロピルベタインについては、500円程度の安価なシャンプーにも含まれる成分ですが、ベビーシャンプーなどにも含まれるくらいに低刺激な成分。

ただ、低刺激で間違いなのですが、「最後の最後まで保湿力の高いアミノ酸系洗浄分のみで固めてくれたらなぁ~」というのが私の贅沢な意見。

 

クレンジング、補修成分は正直イマイチ…効果あるのか疑問。

ルベル・イオ クレンジング リラックスメント シャンプーという商品名からして、クレンジング効果に期待する購入者さんもいると思われるのですが、正直クレンジング効果についてはかなり疑問。

と言うのも成分を見てもクレンジング効果が期待出来る成分が見受けられないんですよ。

強いて言うなれば、『グリチルリチン酸2K』と言う成分がお肌の消炎作用やフケ防止効果など期待出来る成分ですが、特段珍しい成分でもなく市販シャンプーに含まれるような一般的な成分です。

う~ん、グリチルリチン酸2kのみでクレンジングを謳うにはちょっと弱いかなぁと思います。これが一般的な市販製品であれば、「まぁこんなもんか~」と納得というか期待値がそこまで高く無いので、目をつむれます。

が、イオクレンジングシャンプーは美容室専売品というプレミアムなシャンプーに部類される商品なので、クレンジングを謳うからにはもっともっとクレンジングに特化した成分を入れて欲しかったです。

そして、髪の補修成分についても『ポリクオタニウム-64』別名リピジュアというヒアルロン酸の2倍の保湿力を誇る成分が配合されています。

しかし!

成分の表記されている順番を見れば分かりますが、だいぶだいぶ後半に記載されている点からして、「大して多く配合されていない」と予測できます。

成分的にはかなり良い成分なのには間違いなのですが、補修成分というよりもあくまでも水分量をアップさせる保湿成分ですからね。

美容室専売品ならもっと配合量を多くし、補修成分に特化した成分も配合するべきだと思います。

悪くはないのですが、美容室専売というアドバンテージを活かすなら、もっともっと補修成分や、保湿成分にコダワッテ欲しいなぁと言うのが私の意見です。

【結論】良シャンプーだが、コスパが良いとは言えない。

 

洗浄成分については、低刺激で洗浄成分も適度にマイルドなシャンプー界でもトップクラスの成分で構成されているので殆ど文句の付けようがないです。

ただ、その他のシャンプーの成分については微妙・・・

クレンジングシャンプーと謳っている割には、クレンジング効果が期待出来るとは思えないし、だからといって毛髪の補修力についてもかなり微々たる物。

一応、美容室専売品という括りの製品なので(Amazonなどで買えちゃいますが)市販品よりもクオリティの高い製品を期待する方が多い筈です。

ただ、これでは「ネットで販売されている評判の良いシャンプーの方が優れているな」と言わざるを得ないですね。

価格についても定価で3888円と決して安くはないですし、コスパが良いとは言えません。

私の家族や友人が使っていれば、使っているのを止めることはしないけれど、決して「これ使って見て!」とオススメまではしないという感じのシャンプー。

この価格帯であれば「もっともっとコダワッテ欲しかったなぁ」という私の意見で締めくくりたいと思います。

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。
もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2019年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2019年版】市販シャンプーランキング8選と選んだ理由を発表します。

もし、あなたが当記事を読んで「面白かった!」っと感じたら、是非Follow!頂ければ幸いですm(_ _)m

2 件のコメント

  • la villa vitaのシャンプーコンディショナーはどうでしょうか?

    • ブログ運営者 元美容師M ブログ運営者 元美容師M より:

      コメントありがとうございます。そのシャンプーシリーズは初耳なのでちょっと分かりませぬ・・・
      申し訳ございませんm(_ _)m

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    ブログ運営者 元美容師M

    元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。