【元美容師が解析】効果あるの?ハイビスカスヘアシャンプーの成分が微妙な点とは?

元美容師Mです。

ハイビスカスシャンプーという沖縄チックなシャンプーがありましたので、今回も全力で成分解析&レビューしていきます。

正直このシャンプーを見た時「ハイビスカスのエキスをシャンプーに入れて効果あるの?」と思っちゃいましたが、ハイビスカスエキス以外の部分も徹底的に解析していきます。

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ記事30選!

⇛【2019年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

【最重要】ハイビスカスヘアシャンプーの洗浄成分は?

美容師時代から何度も何度も、何度も!伝えていることですがシャンプーで最も重要なのは「洗浄成分」です。

いくらハイビスカスエキスが配合されようが、スーパー補修成分Xが配合されようとも、洗浄成分がダメならその時点でアウトッ!です。

シャンプーは水が7割、洗浄成分2,3割で後の数%がその他の補修成分なんですね。

なので最も影響力のある成分が洗浄成分なのです。もし、あなたが「新しいシャンプーを使ってみようかしら」と思い立った時は必ずパッケージをクルッとひっくり返して洗浄成分だけは見てほしいです。

という事でハイビスカスヘアシャンプーの全成分がコチラ↓

水 / ハンノキ水 / スクロース / BG / ココイルグルタミン酸K / ラウラミンオキシド / ココイルメチルタウリンNa / ラウリン酸スクロース / ココイルグルタミン酸Na / ポリクオタニウム-10 / クエン酸 / ハイビスカス葉エキス / メントール / グリチルリチン酸2K / ピリドキシンHCl / ゲットウ葉油 / ティーツリー油 / ラベンダー油 / フェノキシエタノール

黄色にマーキングしているのがシャンプーの命運を左右する、「洗浄成分」ですね。

この洗浄成分のみを抜き出してみると↓

ココイルグルタミン酸K、 ココイルメチルタウリンNa 、ココイルグルタミン酸Na

まずこのシャンプーに一番多く配合されているメインとも言える洗浄成分が『ココイルグルタミン酸K』というアミノ酸系洗浄成分ですね。

「うおおぉ!!良いぞ!ハイビスカスシャンプー!頑張れハイビスカスシャンプー」と鼻息を荒くするほどGOOD!な成分。

アミノ酸系の成分の中でもかなりしっとりした質感でお肌や髪の毛と同じ、弱酸性でシャンプーの洗浄分の中でもトップ5に入るくらい素晴らしい成分です。

弱酸性なので、カラーやパーマした直後のアルカリに傾いてしまった髪も色落ち、パーマ落ちを防ぎながら洗い上げることが可能です。

そして、次に多く配合されている成分が『ココイルメチルタウリンNa 』で、コチラもアミノ酸系の優しい、優しい成分の1つです。

コチラに関しても、シャンプーの洗浄成分で最高ランクにと言っても言いすぎじゃないくらいの成分です。

他の2つの成分に比べるとやや洗浄力が高いものの、市販品に配合される高級アルコール系に比べればかなり、かなり優しい成分なので心配は無用。

先程の『ココイルグルタミン酸K』に負けず劣らずGOOD。いやGREAT。

そして一番最後に配合されているのが『ココイルグルタミン酸Na』懸命なあなたなら、お気づきだと思いますがこちらもアミノ酸系成分。

かなりの低刺激&マイルドな洗浄力でアミノ酸系成分の中でもトップクラスといえるしっとり系重視の洗浄成分ですね。

総合的に見るとめちゃくちゃ低刺激、低洗浄力のココイルグルタミン酸K、 ココイルメチルタウリンNa に、更に洗浄力がマイルドなココイルグルタミン酸Naでバランスを取っている印象を受けます。

ほぼ全てがアミノ酸系洗浄成分をベースに配合されているのは洗浄成分の中でもトップクラスに良い成分なので、このシャンプー使ってパサつくという人は何使ってもパサつくと思われます。

全ての成分がアミノ酸で構成されているシャンプーってありそうで、なかなか無いので私も記事を執筆しながら興奮を抑えられない。

「凄いぞ!ハイビスカスシャンプー!頑張れハイビスカスシャンプー!」

補修成分は正直、微妙・・・

洗浄成分に関しては文句ないほどGREAT!なのですが、その他の保湿、補修成分に関してはちょっと微妙・・・というのが私の本音です。

応「ハイビスカスシャンプー」と謳っているので、保湿成分にハイビスカス葉エキスが配合されていますが、これを髪に塗った所で保湿効果が期待できるか?というと「うーん」と首を傾げざるを得ません。

入っていないよりは入っていたほうがほんの0,001%くらいは保湿されるかもしれませんが、殆どが水と洗浄剤のシャンプーに植物のエキスを配合したところで・・・

他にも『ポリクオタニウム-10』という髪の表面がコーティングされる、手触り感がアップする成分も配合されていますが、あくまで「手触り感アップ」なので一時的な効果で終わりです。

特に珍しい成分でも無いですし、よく配合されているのでこの成分がこのシャンプーの強みにはならないといえます。

できれば、ハイビスカスエキスの他にも科学的に効果が実証されている『ペリセア』など配合してもらえれば文句の付け所もなかったです。

ペリセアについてはコチラの記事の中部辺りもご参照ください↓
元美容師愛用『ペリセア』配合シャンプーはこちら

【結論】ここが惜しいよ。ハイビスカスヘアシャンプー

洗浄成分がたったの3つだけとかなりシンプルな構成にもかかわらず、全てがアミノ酸系でめちゃ優しい成分で構成されている素晴らしいシャンプーです。

洗浄成分がこれだけ優しければ、あなたがカラーやパーマを繰り返すようなダメージヘアでもかなり満足度は高いはずです。

ただ、やはりその他の補修成分、保湿成分がほぼハイビスカスエキスだけというのは、心細いと言わざるをえないです。

私自身、「植物性の〇〇エキス配合!」と宣伝しているシャンプーはいくつも、いくつも使ってきましたが、植物性のエキスだけで「サラサラになるわぁ」と感動したことはありません(汗)

洗浄成分が「超良い」だからこそ補修成分も更に配合していれば・・・という感じのシャンプーです。

税込みで3000円程度ですが、この価格帯であれば全てがアミノ酸系成分でなおかつ、補修成分もタップリ配合しているシャンプーもあります。
元美容師Mの全知識、経験を注ぎ込んだ本気のシャンプーランキング一覧(暫定)

その点を考慮すると、ハイビスカスヘアシャンプーを選ばなくても良いかな・・・というのが私の結論です。

かなりべースが優れているシャンプーなので、リニューアルバージョンアップを期待したい一品。

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。
もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2019年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2019年版】市販シャンプーランキング8選と選んだ理由を発表します。

もし、あなたが当記事を読んで「面白かった!」っと感じたら、是非Follow!頂ければ幸いですm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者 元美容師M

元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。