【元美容師が解析】2つの神成分と弱点とは?アメニモシャンプーの成分をレビューした結果・・・

元美容師Mです。

つい最近販売されたらしい、シャレオツぅ~なボトルのシャンプーを発見してしまったので、思わず解析せずにはいられまい!と興奮しながらポチポチタイピングしています。

そのシャンプーというのが…『amenimoアメニモシャンプー』

名前の通りクセで広がりやすい、髪の毛を独自の湿気ブロック成分で梅雨の広がりを防ぐ!という商品ですね。

ただ、確かにこのシャンプーには「おおッ!これは!」と私が思わず興奮してしまった神成分も配合されているんですが、致命的な弱点があるんです…

という事で「本当にこのシャンプーがクセ毛の救世主になるのか?」を徹底レビューしていこうかと思います!

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~

当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。

あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。

※万が一、当ブログの更新が無くなったり、消去されていたら業界の勢力に消されたと思ってください。(あなたの髪の為なら本望です)

【元美容師が激選】最高品質のアミノ酸シャンプーランキングBEST4を理由を添えて発表します。

元美容師が全力でお伝えするヘアケアの教科書&業界の裏話まとめ記事30選!

⇛【2019年版】元美容師が炭酸シャンプーランキングBEST3を発表!

【2019年版】全力で最強の市販シャンプーランキング8選を発表します。

【元美容師が監修】ネット上の大嘘に注意!本当に正しいシャンプーの選び方と4つの洗浄成分の特徴とは?

※新規タブで開きますので「読む時間が無いわっ!」という人はとりあえずタップし、あとで読むと言うのもオススメですよ。

 

【最重要】amenimo(アメニモ)シャンプーの洗浄成分は?

どんなに湿気ブロック成分!を配合しようとも、最も重要なの『洗浄成分』です。もう一度言いますシャンプーに置いて最も重要な成分は間違いなく『洗浄成分』です。

義務教育に入れてほしいレベル。(ついでにシャンプーの方法なんかも)

どんなシャンプーでも、水が6~7割、洗浄成分が2~3割で作られ、その他の香料や保湿成分、ホニャララオイルなどはシャンプーの1割程度の配合なんです。

つまり!洗浄成分が強すぎれば、いくらその他の補修成分で一生懸命、髪や頭皮を補修、保湿しようとしても強力な脱脂力に追いつかず、どんどんボロッボロになってくる・・・ってわけですね。

もし、あなたがシャンプーを選ぶ際は、ずえええぇったいに最低でも「どんな洗浄成分が使われているのか?」くらいはチェックしてくださいね。

という前置きを置いた上で…今回のamenimo(アメニモ)シャンプーの全成分がコチラ↓

水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、グリセリン、コカミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、加水分解シルク/PGプ ロピルメチルシランジオールクロスポリマー、加水分解ケラチン(羊毛)、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、セテアラミドエチルジエトニウムサクシノイル加水分解エンドウタンパク、ステアルジモニウムキシプロピル加水分解ケラチン(毛)、PPG-14ポリグリセリル2-エーテルヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、ポリクオタニウムー10、ポリクオタニウム-47、クエン酸、クエン酸Na、塩化Na、EDTAー2Na、BG、エタノール、安息硝酸Na,フェノキシエタノール、香料

黄色にマーキングしているのが、このシャンプーの洗浄成分。

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタイン

シャンプーの解析記事を何度かみたことある方はこの時点で「あっ!・・・」と察しがつくかもしれません。

たった2つでシンプルな設計ですが、この中に私の嫌悪する成分があります…では1つずつ成分の特徴も見ていきましょう。

洗浄成分1,オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

初っ端で申し訳ないんですが、このamenimo(アメニモ)シャンプー最大の致命的な弱点とも言える成分がコレ!

もしかしたらあなたも一度くらい「ラウレス硫酸と書いてあるシャンプーは止めておけ!」なんて話を聞いた事があるかもしれない。
ラウレス硫酸ナトリウムのシャンプーがゴミ過ぎる3つの根拠とは?

そう!この『オレフィン(C14-16)スルホン酸Na』はこのラウレス硫酸ナトリウムと同等レベルの超強力な洗浄力を誇る成分なんですよ。

安価で泡立ちが良いので、どの業者もなるべく入れたがる成分ですが、我々消費者にとってはメリットなんてこれっぽっちもありません。

最近はサルフェートフリー(ラウレス硫酸など)と記載するために、代わりにこの成分を配合しているシャンプーが多いんですが、結局同等レベルの強力な成分を配合しているんで同じことです。

頭皮の油分量が多い人が使えば、一時は油分が脱脂できるでしょうが、必要以上に脱脂することで逆に分泌量がガンガン増える可能性もありますし、乾燥しているならより乾燥させるので私は全くオススメしません。

洗浄成分2,コカミドプロピルベタイン

こちらの成分は上記とは打って変わって、刺激性も洗浄力もかなりマイルドなベタイン系の成分。ベビーシャンプーに入っているくらいマイルドで安全。

と言っても、大抵どんなシャンプーでも入ってますけどね・・・

総合的に見るとメッチャクチャ強力な成分をメインにベタイン系である程度、洗浄力を下げるといった「The王道のダメシャンプー」の設計です。洗浄力を下げると言っても、メチャ強すぎなのでまだまだまだまだ強すぎですが。

最近は市販の商品でもこのパターンが避けられることが多いんですが、頑なにこの設計で販売する商品があるのはそれだけ「スルホン酸」の原価が安く泡立ちがいいから表面的な使い心地が良いからでしょう。

ただ、私はこの成分がメインのシャンプーは絶対に使いませんし、口が裂けてもオススメできません。

もし、あなたがカラーやパーマを掛けるなら持ちが悪くなるのは間違いないし、クセ毛を抑えるどころか広がる可能性もあります。

うーんいくらクセ毛を抑える成分が配合しているからって、この成分はダメでしょ・・・

その他の補修成分は神レベル!2つの優良成分とは?

洗浄成分がアレな時点で、もう全くオススメできないんですが、アメニモシャンプーはその他の補修成分は流石に「クセ毛を抑える!」と宣伝しているだけあってかなり良い。

特に浸透型アミノさん誘導体と謳われている成分『ジラウロイルグルタミン酸リシンNa』これは私が愛してる神的成分です(笑)

別名「ペリセア」と呼ばれる髪の毛を補修するためだけに生まれてきた成分で、たったの1分で高速浸透&補修しつづける!という変態的な補修成分です。

3,000円クラスのシャンプーにも配合されているくらい優良成分だし、美容室のトリートメントなんかにも配合されるくらいGODな成分。

私が愛用しているシャンプーにもこの成分が配合されています。
【実証実験】弱点が発覚!haruシャンプーを全力で成分解析した結果・・・

この成分を配合しつつ洗浄成分ももっとマイルドなものだったら、最ッ高!!なんですが価格を抑えるためか、洗浄成分はショボくて補修成分に全力でスイングしている感じです。

ただ、やはりいくらなんでも洗浄成分が強すぎますね。あぁ勿体無い・・・

【結論】私はこのシャンプーをオススメしない。ただし・・・

補修成分に関しては間違いなく3000円~クラスの成分が配合されていて文句の付け所が無いんですが、やはり洗浄成分はダメ過ぎです。

冒頭でも伝えたように、いくら補修成分を強力な成分をぶち込んでも、メインの洗浄成分が強すぎれば無意味です。シャンプーはあくまでも洗浄するものなので「如何に優しく洗うか?」が最重要なんですね。

この成分を配合しつつ、アミノ酸系のマイルドな洗浄成分だったら文句なしで、あなたにもゴリ押ししたいところなんですが、amenimo(アメニモ)シャンプーはオススメできない!とうのが私の結論です。

ただし!!私がオススメしないのはあくまでも、洗浄力が強すぎる「シャンプー」の話。このamenimo(アメニモ)シリーズは同様の成分を配合しているトリートメントも販売されているんです。

トリートメントよりシャンプーの方が100倍重要ですが、もしあなたがクセ毛やダメージに悩んでいるならこのamenimo(アメニモ)トリートメントは使って見る価値はあると思います。(こちらの方もレビューの需要があれば、使ってみてレビューして行きたいと思います。)

あなたがシャンプーに掛ける予算があるなら私のオススメするアミノ酸系シャンプーを使いつつこのシリーズのトリートメントを使う。
元美容師Mの全知識、経験を注ぎ込んだ本気のアミノ酸シャンプーランキング一覧(暫定)

もしくはシャンプーにあまり予算が割けないのであれば、コチラのランキングを参考にした上で尚且、このトリートメントを使ってみると言うのが、最強だと思います。
元美容師が全力で2017年最強の市販シャンプーランキング5選を発表します。

ぜひ参考にしていただき、あなたの予算に応じた最高のシャンプーライフを楽しんで頂ければ幸いです!

「どのシャンプーも満足出来ない」シャンプージプシーのあなたへ。

私の全知識、経験を注ぎ込んだ、元美容師だからこそ伝えられる人気シャンプーの成分を解析した記事を全力を尽くしてランキング化しました。
もし、あなたが「どのシャンプーでも満足出来かった」と言うことであれば、絶対に一生に1度は読んで欲しいです。
【頂上決戦】最強のシャンプーはどれだ?究極の「アミノ酸系シャンプー」ランキングBEST4

⇛【2019年版】元美容師が「炭酸シャンプー」ランキングBEST3を発表!

【2019年版】市販シャンプーランキング8選と選んだ理由を発表します。

もし、あなたが当記事を読んで「面白かった!」っと感じたら、是非Follow!頂ければ幸いですm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者 元美容師M

元美容師Mです。 美容業界は正直腐りきっていて売り上げ至上主義になってるのが現状です。 そんな業界に嫌気がさしまくりんぐなので、ホントにガチの正しい知識を完全匿名性を活かして伝えていきます。 闇の勢力に刺されるかもしれませんが、あなたの髪の為なら本望です。